NTT Research and Development 2002 Review of Activities






本年報は、2001年度におけるNTTの主なR&Dアクティビティを報告しています。


R&Dこの一年 pdf:27kb


NTTの研究開発
  - 持株会社の組織図 pdf:45kb
  - NTTのR&Dビジョン pdf:123kb

主な研究開発成果
  コンテンツ・アプリケーション技術
  情報流通プラットフォーム技術
  通信ネットワーク技術
  端末・ソフトウェア技術
  先端技術

開かれた研究開発 pdf:122kb


なお、上記の内容をご覧になるにはAcrobat Reader5.0Jが必要となります。
お持ちでない方は、ここからダウンロードしてください。

AcrobatReader


「NTT研究開発この一年」(2002年報)に関するお問い合わせは
email


JavaおよびすべてのJava関連の商標およびロゴは、米国およびその他の国における米国SUN Microsystems社の商標または登録商標です。RealSystem、RealPlayerは、米国RealNetworks社の登録商標です。Parlayは、米国Information Builders社の登録商標です。ウィンドウズメディアは、米国Microsoft社の米国およびその他の国における登録商標です。Macromedia Flashは、米国Macromedia社の登録商標です。Bフレッツは、東日本電信電話(株)、西日本電信電話(株)の登録商標です。iモード、FOMAは、(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモの登録商標です。SuperENCは、エヌ・ティ・ティ・エレクトロニクス(株)の登録商標です。WebAngel、VoiceRex、FinalFluet、Duet、SceneCabinet、Trampegは、日本電信電話(株)の登録商標です。Lモード、メトロイーサは、東日本電信電話(株)、西日本電信電話(株)の商標(出願中)です。その他の社名、製品名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。


Copyright (C) 2002 日本電信電話株式会社