ミリ波非接触高速転送技術

技術領域
ネットワーク技術
組織名
未来ねっと研究所

印刷用PDF (1.6MB)


背景・従来課題

60GHz帯に割り当てられている周波数帯域幅は、最大で9GHzと従来の無線LAN(2.4GHz帯, 5GHz帯)と比較して20倍以上あり、高速な無線通信を実現することが可能です。

概要

欲しいと思う大容量コンテンツを、簡単に、セキュアに、スマートフォンやタブレット端末をかざすだけで瞬時に転送することができるシステムを実現する技術です。

特徴

  • ミリ波利用とPoint-to-Point接続
  •  (高速無線通信)広帯域な60GHz帯ミリ波無線をPoint-to-Point接続で1人のユーザが占有して利用するシステムを実現することで高速な無線通信を実現
  • 10cm以下の通信ゾーンによる非接触通信
  •  (高セキュリティ)短い通信距離に制限することで情報漏えいを防止

利用シーン

  • スポーツシーンの映像、音楽等の大容量コンテンツの配信
  • 日本独自のコンテンツ、観光情報、道案内等、海外からのお客様が旅行を楽しむための情報の配信
  • スタジアム来場者など、大勢のお客様にダイジェスト映像やリプレイ映像等の大容量コンテンツをTouch & Getで瞬時に配信。大勢のお客様が同時に接続した際に、ネットワークが遅いという不満を解消