Web系業務APフレームワーク技術 「Macchinetta」

技術領域
プラットホーム技術
組織名
ソフトウェアイノベーションセンタ

印刷用PDF (1.4MB)


背景・従来課題

Web系業務アプリケーションの開発では、生産性の向上、品質の均一化、維持管理の効率化を目的に、アプリケーション(AP)フレームワークを活用した開発が一般化してきています。しかし、APフレームワークには様々な市販製品やオープンソースソフトウェア(OSS)が存在するため、開発時には、その中から選定・検証し、組み合わせも検討しなければなりません。

概要

NTTグループ全体のソフトウェア開発を効率化し、新サービスを迅速に開発し、お客様に提供することを可能とします。開発範囲を縮小し、開発プロセスを共通化することで、生産性向上を実現します。プログラムおよび設計書の定型化を進めることで、周辺技術との連携が進み、作業効率化や自動化を促進していきます。

特徴

  • 業務アプリケーションの開発において、生産性の向上、品質の均一化、維持管理の効率化を実現
  • OSS(オープンソースソフトウェア)を積極的に採用
  • プログラムだけでなく、開発プロセスを支援する資材を提供
    • 設計工程を支援する作業要領・規約
    • サンプルアプリケーション資材(ソースコード、各種設計書)
  • 動作環境(OS、Webサーバ、DBなど)でのフレームワークの正常動作を検証するための環境検証プログラムを提供
  • 開発したWebアプリケーションの性能検証を支援する手順書およびプログラムを提供

利用シーン

  • Webアプリケーションの開発

Co-Innovation

バリューパートナーと拓く未来
Macchinetta*を中心に製造工程から設計工程・試験工程へと作業の定型化範囲を広げ、様々なパートナーと協力しながら各種の開発支援ツールを充実させていくことで、ソフトウェア開発のさらなる効率化を実現していきます。

  • * Macchinetta(マキネッタ): NTTが整備したWeb系業務APフレームワーク技術