開発・本番環境の差分を意識することなく、テストからデプロイまでを自動化する技術

技術領域
プラットホーム技術
組織名
ソフトウェアイノベーションセンタ

印刷用PDF (751.2 KB)


背景・従来課題

従来のアプリケーション開発では、本番環境と開発環境のOS、ミドルウェア、ライブラリ等のバージョンが必ずしも一致しないため、開発環境で正常に動作したソフトウェアが本番環境で動作しないことがありました。

概要

従来のアプリケーション開発では、動作環境のバリエーションが多岐にわたる場合、それぞれの環境で正常動作を確認する必要がありました。本取り組みでは、Linuxコンテナを始めとするオープンソースソフトウェアを用いて、1つの開発環境でビルドしたアプリケーションコンテナを、様々な本番環境で動作させるための手法をご紹介します。

特徴

  • アプリケーションの動作に必要なライブラリなどをコンテナ化することで、OSやミドルウェアのバージョンが開発環境と異なる環境でも、アプリケーションの正常動作を担保可能
  • コンテナとCIツールを組み合わせることで、テストからデプロイまでを自動化可能
  • 本番環境に既に存在する構成と、コンテナを並存させることが可能 (コンテナを段階的、部分的に導入していくことが可能)

利用シーン

  • グローバルなデータセンタ監視系における日常的なツールアップデート(商用導入済み)
  • 市場の変化に合わせた迅速かつ柔軟なサービスリリース
  • オンプレミスとクラウドをまたがったシステム運用
  • ベンダが異なるIoTデバイス上での動作を想定したアプリケーション開発