English

NTTの研究所が取り組んでいるR&Dアクティビティをご覧いただけます。


新しい価値創造を加速するcorevo

ヒトを支援するAI

オススメ展示マークはオススメ展示です

  • B-5
  • 膨大な“つながり”からの知識獲得をスケーラブルに行います
  • pdf
  • 大規模グラフマイニングに向けた並列グラフ処理効率化技術
  • 互いにつながりを持った膨大なグラフデータの分析を、データ量にあわせて柔軟に行える基盤技術の創出に取り組んでいます。絶えず増え続けるデータも瞬時に分析し、交通制御や意思決定を常にオンデマンドに行うことをめざします。
  • オススメ展示マークB-6
  • あなたに役立つどこかの機器を選んでつなぎます
  • pdf
  • Tacit computing:分散リソース最適活用技術
  • Tacit computingは、ネットワークに繋がる多様な機器をみんなで共有して活用できる世界をめざしています。ネットワーク上のAIが、多数の人と組織が所有する世界中のあらゆる機器の価値を理解し、あなたにとって今どの機器が必要かを判断して、利用できるように検討しています。
  • B-7
  • 予測型自動制御でQoEの劣化を未然に回避します
  • pdf
  • ネットワーク運用をプロアクティブ化する予測・制御技術連携
  • ネットワークリソース・トラヒック・通信品質・イベント情報などのネットワーク内外で取得される多種多様なデータに対してcorevo要素技術を適用し、QoEの劣化につながる潜在的なリスク(故障や輻輳等、ネットワーク状態が変化する予兆)を予見的・早期に検知・分析するとともに事前の自律的制御や早期の自動復旧を行うことによって、QoEが劣化しないネットワークサービスの提供をめざします。
  • B-8
  • NW-AIを活用してネットワークの異常を早期検知します
  • pdf
  • ディープラーニングによるネットワークの異常検知技術
  • これまで検知困難だった故障(サイレント故障)などのネットワークの異常把握のため、現在NTT研究所はNW-AI研究の一環として、ディープラーニングを活用する技術開発に取り組んでいます。今回は従来の故障検知ツールでの把握が難しかった故障例についても、NW-AIを用いることでユーザ申告前に早期検知が可能な実機デモを紹介します。
  • B-9
  • 適切な監視ルール変更で故障に繋がる箇所を絞り込みます
  • pdf
  • プロアクティブ保守のための故障対応フリーNW技術
  • センサからの環境情報を含むNW情報の効率的な収集と、NW装置の監視・制御を動的に変更・実施する技術です。本技術にAI技術を用いた分析エンジンを連携させ、NWや環境の変化に合わせた監視レベルの変更や試験の実施をします。故障や将来故障に繋がる箇所を自律的に特定することで、保守稼働を緩和することをめざしています。
  • B-10
  • 3D点群解析技術で実世界をデータベース化します
  • pdf
  • 設備保守作業支援を推進する空間状態推定技術
  • 熟練者が目視で判断している点検作業や設備保守作業を機械によって支援できるよう、インフラ設備の自動検出や劣化状況の推定を可能とする「空間状態推定技術」の実現をめざしています。本展示では、3D点群解析および画像解析を用いて、特定物体の検出を精度よく行い、点群データを画像情報に重畳することで物体の状態推定を支援する技術を紹介します。