ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

研究開発成果

沿革

『人と街と未来のために。いつの時代も、ミッションは “明日” を形にすることです。』

それは、「人」と「人」をつなぐネットワーク創りから始まりました。そして常に明日を見つめる挑戦は、ネットワーク進化させ、「人」と「情報」をつなぐ仕組みを創りだし、マルチメディアを発展・普及させています。今、見つめている明日は、マルチメディアが成熟する21世紀前半。そこでは、サイバーショップやディジタル・キャッシュなど、ネットワーク上で「情報」が「流通」しています。
NTTは、この豊かな「情報流通社会」を実現するため、より便利でより多彩なサービスの開発と、それを支える安全かつ安価な高速ネットワークの研究に挑んでいます。

復興の時代 〜 通信技術の国産化を目指して。〜  (1948〜1965)

1948
  • 逓信省電気通信研究所発足
1948年 逓信省電気通信研究所発足
1950
  • 4号電話機量産へ
 
1953
  • 硬貨式公衆電話機全国各地で商用
 
1954
  • マイクロ波回線東名阪間に開通
1954年 マイクロ波回線東名阪間に開通
1959
  • クロスバ交換機商用
 
1961
  • 12M同軸方式商用
 
1962
  • 市内PEFケーブル商用
1962年 市内PEFケーブル商用
1963
  • 600形電話機商用細心同軸ケーブルを試作
 
1965
  • PCM24通話路方式、東京・大阪で商用
 

成長の時代 〜 新しい通信サービスで世界レベルへ。〜 (1966〜1985)

1966
  • 境界層磁気コンデンサ(BLコンデンサ)実用
 
1969
  • 電子交換機(DEX・2)開通
 
1972
  • DIPS・1情報処理システムの現場試験開始
1972年 DIPS・1情報処理システムの現場試験開始
1977
  • 記憶容量64キロビット超LSIメモリの試作に成功
  • 自動車電話方式を実用化
 
1978
  • 近距離光ファイバ伝送方式の総合実験に成功
  • ディジタルデータ交換方式総合実験開始
 
1979
  • PARCOR音声合成用1チップLSIを開発
  • 256キロビット超LSIメモリの試作に成功
 
1980
  • 超高純度発光ファイバの開発に成功
  • 3.2ギガバイト磁気ディスク装置(PATTY)を完成
 
1981
  • 磁気カード式公衆電話機の開発に成功
  • 32ビット超LSIプロセッサを試作
  • 新ファクシミリ通信方式サービス開始
 
1982
  • VAD法による単一モード光ファイバケーブルの開発に成功
  • 電子化電話機を開発
  • 海底光ファイバケーブル中継伝送方式の現場試験に成功
1982年 VAD法による単一モード光ファイバケーブルの開発に成功
1984
  • 1メガビットLSIメモリ試作に成功
  • INSモデルシステム三鷹・武蔵野地区で総合運用開始
1984年 INSモデルシステム三鷹・武蔵野地区で総合運用開始
1985
  • ディジタル交換機(D70・ディジタルインタフェース)実用化
  • DIPS・11/5Eシリーズ開発
  • F−1.6G超大容量光ファイバ伝送方式現場試験開始
  • 大容量パケット交換方式(D51形)サービス開始
1985年 大容量パケット交換方式(D51形)サービス開始

競争から協調の時代 〜 世界をリードし、共に21世紀へ。〜(1986〜)

1986
  • 電子番号案内方式サービス開始
  • 256QAMディジタルマイクロ波方式の現場試験に成功
 
1987
  • 4ギガビットで200kmの超大容量光波通信実験に成功
  • 弾道輸送トランジスタ(BCT)を試作
  • 酸化物超伝導単結晶薄膜作成に成功
 
1988
  • 高速データ暗号用LSI. FEAL・8を開発
  • 狭スペクトル線幅多電極DFBレーザを開発
1988年
1989
  • 量子細線を利用した新しいトランジスタを試作
  • ファイバ型光増幅器を用いた新しい光伝送方式の実験に成功
  • の超高速化合物半導体トランジスタを開発
 
1990
  • ISDN向けカラー動画像コーデックを開発
  • 150cc携帯電話機を開発
  • マルチベンダ化に向けたコンピュータ統一仕様の完成(MIA 1版)
 
1991
  • VI&P総合実験開始
  • 電子印鑑システムESIGNを開発
  • 超LSI開発用SORリソグラフィシステムの完成
  • 現場環境下での10ギガビット/秒光伝送試験に成功
1991年
1991年 超LSI開発用SORリソグラフィシステムの完成
1992
  • VI&P総合実験開始
  • ATM(ノード・リンク・LAN)システムの試験開始
  • 自然放出制御ダイオードの実現性を確認
  • 光加入者伝送システムの試験開始
 
1993
  • 最良優先法を応用した探索アルゴリズムを開発
  • VI&P総合実験第2フェーズ開始
  • 移動通信用ハーフレート音声符号化アルゴリズムを開発
  • 0.2ミクロン級LSI基本技術を確立
 
1994
  • 災害対策用ポータブル衛星通信地球局を開発
  • コンピュータネットワークを利用した協調作業支援システム(COGENT)を開発
  • 超高精細110インチ大画面表示装置を開発
  • シリコン極微構造を用いた単電子トランジスタを試作
 
1995
  • PHS用低消費電力ベースパンド総合LSIを開発
  • パーソナルマルチメディア通信サービス(VI&P第3フェーズ)実験を開始
  • 現用回線による20ギガビット/秒・1000kmの光ソリトン伝送に成功
  • 単一のスーパー光源を用いた波長多重400ギガビット/秒の超高速大容量光伝送実験に成功
  • 半導体を流れる超伝導電流の新しい量子力学効果を実証
1995年
1996
  • 新ノードを学術情報ネットワークやPHSシステムに導入し、サービスを開始
  • 新光アクセスシステム(通称:πシステム)を開発
  • 光ATMスイッチのプロトタイプを開発し、40ギガビット/秒の容量を達成
  • 新原理に基づき温度変化に強い光波長フィルタを開発
  • 安全性、信頼性、効率性が優れる新方式の電子マネー実験システムを試作
  • 音声ダイヤル機能を実現し、腕時計タイプのPHS端末を試作
  • 高臨場感マルチメディア通信会議システムの構成技術を開発
1996年
1996年
1997
  • 新ネットワークノードシステムの事業導入を開始
  • 商用化FTTH網の開発と横浜市戸塚でのCATV映像伝送サービスの試験提供
  • インターネットを利用するサイバー・ソサイエティ、個人映像発信実験局、サイバー・ショップ等のシステムを開発
  • 著作権保護を考慮した画像コンテンツ販売システムを開発
  • 1ボルト動作のアナログ・ディジタル変換LSIを開発
 
1998
  • xDSLフィールド実験の開始
  • ネットワークオーディオ方式「SolidAudio」を開発
  • オンデマンド遠隔講義システムの構築及び共同実験の開始
  • 広告出版印刷業界間ネットワークサービスの実用化実験開始
  • 新光アクセスシステム(πシステム)のサービス開始
1998年 ネットワークオーディオ方式「SolidAudio」を開発
1999
  • 日米欧4社による高速光アクセスシステムの共通技術仕様が完成
  • 次世代暗号として期待される楕円暗号分野で新技術を開発
  • ICカード情報流通プラットフォームの共同開発に合意
  • 光ファイバセンサ船体損傷検出システムを共同構築
  • コンクリート構造物の健全性を診断する『ひずみセンシング用光ファイバ』を開発
  • NTT武蔵野研究開発センタ本館オープン
1999年 NTT武蔵野研究開発センタ本館オープン
2000
  • パリ発コンテンツ(iFrench)流通サービスの映像配信実験を開始
  • 金沢市内で地域情報流通ビジネスのFTTH共同トライアルを開始
  • NTTと三菱電機が共同で次世代暗号アルゴリズム「Camellia」を開発
  • 光ファイバセンサ船体損傷検出システムを共同構築
  • 周回性アレイ導波路回折格子フィルタを用いた大容量フルメッシュネットワークシテムを開発
  • 世界的な新発見に基づく眼鏡なし3Dディスプレイを開発
 
2001
  • 世界最高速の実時間VLBI実験に成功−データ速度1Gbit/sを達成−
  • 1枚のICカードで旅行、イベント等様々な生活シーンに利用できる電子チケット「FlexTicket」システムを開発
  • 土を出さずに管路を敷設する世界初の"無排土高速モグラロボット"を開発
  • IPv6上の高度な商用サービスを実現する ネットワークセキュリティ技術を開発
  • 将来の超大容量インターネットのバックボーンを支えるフォトニックMPLSルータを開発
 
2002
  • 全国どこからでもマルチキャスト集配信を実現する衛星通信システムを開発
  • 光ファイバーを活用した映像配信共同実験を開始
  • NTT・日立・松下、光ネットで次世代eコマース実現に向け共同研究を開始
  • 世界最高速の光通信用集積回路を開発
  • 26GHz帯ワイヤレスIPアクセスシステム(WIPAS)の開発
2002年 世界最高速の光通信用集積回路を開発
2003
  • 世界初、リバティ・アライアンス仕様に情報共有制御技術を適用
  • 新構造光ファイバ「ホーリーファイバ」の実用化に見通し
  • 次世代ブロードバンドサービスを実現するマルチキャストMPLS技術を世界に先駆けて開発
  • 世界初!楕円曲線暗号(ECDSA署名)実装技術で企業3社が実装技術を共同で開発
  • 攻撃元にまで攻め上がりながらネットワーク全体を防御するDDoS攻撃対策システム「Moving Firewall」を開発
 
2004
  • 迷惑メール対策を実現する「privango(プリバンゴ)メールシステム」を開発
  • 自宅のネット家電の遠隔操作を可能にするホームゲートウェイ・セキュリティ技術を開発
  • 高速ネットワーク上で高機能処理を可能とする世界最高速の10Gb/sパケット識別・転送処理ボードを開発
  • 安定性に優れたインターネット環境の構築に向けOCNで広域IP網経路監視診断システム「ENCORE」を運用開始
  • 世界最高の電気光学効果を持つKTN結晶材料
2004年 世界最高の電気光学効果を持つKTN結晶材料
2005
  • テラビット級ネットワーク制御技術の相互接続実験に成功
  • 光アクセス大量開通を簡易に短時間で実現するFTTH対応先行光配線キットを開発
  • 日本初!128ビットブロック暗号アルゴリズム「Camellia」がインターネットにおける次世代標準暗号規格に採用
  • 携帯電話に直接搭載可能な小型・高出力の次世代燃料電池を試作
  • ワンチップ指紋認証LSI
2005年 ワンチップ指紋認証LSI
2006
  • 研究教育ネットワーク連携による日米間遠隔胎児医療の実験を開始
  • 国産唯一の次世代国際標準暗号「Camellia」をオープンソースコミュニティOpenSSL Projectが採用
  • 光IP連携トラヒック制御技術を開発
  • 14Tbit/s(111Gbit/s×140Ch)世界最大容量WDM伝送に成功
  • 楕円曲線暗号PSEC-KEM がISO/IEC国際標準暗号規格に採用
 
2007
  • 暗号方式の安全性検証に有効とされる「素因数分解」において世界記録を更新
  • 「日本コンピュータセキュリティインシデント対応チーム協議会」が発足
  • 既存の複数ネットワークを活用した市民向け「防災情報伝達の強化に向けた共同トライアル」の実施について
  • 次世代暗号「Camellia」の主要オープンソースソフトウェアへの採用が大きく進展
  • NTTグループが開発した多心一括接続形MTコネクタが、米国Verizon社のFTTH配線システムに採用
 
2008
  • NGN商用システムの開発実用化
  • NGN対応IPTVシステムの研究開発
  • 大量の投稿コンテンツを処理できる「ロバストメディア探索技術」の開発、実証実験開始
  • 細径・低摩擦インドア光ファイバケーブルの開発
  • 世界初、テレポーテーション型量子計算の実証
  • 世界最大容量長距離伝送(13.4Tbit/s-3,600km伝送)に成功
 
2009
  • 業務用固体酸化物形燃料電池発電モジュールで世界最高の発電効率59%を達成
  • 公開鍵暗号の安全性の根拠である「素因数分解問題」で世界記録を更新
  • スポットライトを当てたようにそのエリアだけの音を収音する「エリア収音技術」を開発
  • 日本初のファイルシステムとして「NILFS」がLinuxに採用
  • NTTの光技術を駆使し大幅な低電力化を実現する光電子融合型光パケットルータを開発
  • 多機能な二量子ビット演算素子の開発に成功
  • 世界初の技術『Revtrina』を開発
  • 光ファイバ1本で世界最大容量69テラビット伝送に成功
 
2010
  • クラウド時代の高度なセキュリティー対策を実現する新世代暗号方式を開発
  • 光パスとIPの統合制御によりダイナミックに仮想ネットワークを構成する技術を開発
  • 世界初1Gbit/s超のマルチユーザMIMOリアルタイム伝送
  • アトジュール光スイッチ 〜チップの中に光ネットワーク技術を〜
  • 運動視差による対面感に優れた映像コミュニケーションシステムMoPaCoを開発
  • 5m先の狙った人の声だけを収音するズームアップマイク技術を開発
  • 見たいところが自由に選べるインタラクティブ・パノラマ映像配信技術を開発
 
2011
  • Nicira社と共同で遠隔ライブマイグレーションに成功
  • オンライン環境でのデータ保護の課題を根本的に解決する「クラウド鍵管理型暗号方式」を開発
  • 10Gbit/sのアクセス速度において100km級の広域光アクセス実証実験に世界で初めて成功
  • 任意のエリアでクチコミ情報に簡単にアクセスできる時空間マップ検索技術(Dig-A-Map)を世界で初めて開発
  • 音場を伝送するリアルタイム波面合成技術を開発
  • コミュニケーションのバリアフリー化を実現する「こえみる」を開発
  • 100Gbps級光伝送デジタル信号処理回路の開発とそのフィールド検証に成功
  • 量子メモリーの原理実験に成功
 
2012
  • 世界最高密度の多心ファイバーケーブルを開発
  • 機器電力推定技術を開発
  • 毎秒1ペタビット、50kmの世界最大容量光伝送に成功
  • 世界初のGaN系半導体剥離プロセスを開発
  • 着衣だけで心拍・心電図の常時モニタリングを可能にする素材を作製
  • セカンドスクリーン・スマートリモコンを実現するマルチデバイス連携技術を開発
  • 家庭用TVに接続して使用するHD映像コミュニケーションサービス端末を開発
  • 押し寄せる膨大な「今」を瞬時に賢く分析するリアルタイム型BigData分析技術「Jubatus」を開発
  • 潜在するセキュリティ脅威の発見や悪性サイトの抽出を可能とするログ分析技術を開発
 
2013
  • ADRの国際標準規格であるOpenADR2.0 Profile Aの認証を国内で初めて取得
  • サービスチェイニング技術を活用したユースケースの実現構成がETSIのコンセプト実証として国内で初認定
  • 世界初、SDNにより柔軟な広域ネットワークを実現する基本技術を確立
  • 従来の1/10の超低消費エネルギーでデータ伝送可能なレーザの開発に成功
 
  • 通信の即時回復を可能とする「ICTカー」の開発
  • HTML5対応情報分割・連携技術を開発し、スマートTV実証実験を実施
  • H.264の2倍以上の圧縮性能を誇る高画質HEVCエンコードエンジンを開発
  • OpenStack・仮想ネットワーク連携機能の開発及びOSSクラウド事業化支援
  • 安心安全にビッグデータを活用するための新たなパーソナルデータ匿名化システムを開発
2013年 通信の即時回復を可能とする「ICTカー」の開発
フッタエリアはここからです。