ページの先頭です。

文字表示

コンテンツエリアはここからです。

研究開発体制

NTTフェロー紹介

岡本龍明

岡本龍明

セキュアプラットフォーム研究所
岡本特別研究室長

[ 研究分野 ]
暗号理論の研究

[ 任命日 ]
2007年 4月 1日


著書

  • ・『暗号・ゼロ知識証明・数論』(共立出版, 1995)
  • ・『現代暗号』(産業図書, 1997)
  • ・『暗号と情報セキュリティ』(日経BP社, 1998)
  • ・『情報セキュリティ技術』(電気通信協会, 2000)
  • ・『現代暗号・確率的証明・擬似乱数』(翻訳)(シュプリンガー・フェアラーク東京, 2001)
  • ・『公開鍵暗号の数理』(共立出版)2011

表彰

  • 1993年 電子情報通信学会業績賞、小林記念特別賞「公開鍵認証方式に関する研究」
  • 1997年 電気通信普及財団賞(テレコムシステム技術賞)「理想的電子現金方式の一方法」
  • 1998年 科学技術庁長官賞(研究功績者賞)「効率的な電子署名方式に関する研究」
  • 1999年 NTT R&Dフェロー
  • 2000年 日経BP技術賞「安全性を数学的に証明しただ円曲線暗号PSEC」
  • 2003年 電子情報通信学会フェロー
  • 2008年 経済産業省商務情報政策局長表彰
  • 2008年 IACR Distinguished Lectures
  • 2011年 電子情報通信学会功績賞
  • 2012年 紫綬褒章
  • 2015年 国際暗号学会(IACR)フェロー

学会役員等

  • ・国際暗号学会(IACR)理事(1998〜2000)
  • ・日本応用数理学会 理事(1999〜)
  • ・日本応用数理学会 会長(2007.4〜2008.3)
  • ・電子情報通信学会・情報セキュリティ研究専門委員長(1999.5〜2000.4)
  • ・電子情報通信学会・和文論文誌「代数曲線とその応用」特集号編集委員長(1999.8)
  • ・日本応用数理学会「数論アルゴリズムとその応用」研究部会幹事(2000〜)
  • ・電子情報通信学会・英文論文誌「暗号と情報セキュリチィ」特集号編集委員長(2000.1)
  • ・電子情報通信学会 理事(2001.5〜2003.4)
  • ・日本数学協会 理事(2002〜2005)
  • ・電子情報通信学会・「基礎・境界ソサイエティ フェロー推薦委員会」委員(2003〜2005)
  • ・電子情報通信学会・「論文賞委員会」(2005)
  • ・日本応用数理学会「JJAM(日本応用数理学会 英文論文誌)」編集委員 (2005〜2009)
  • ・電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ副会長(2010)
  • ・韓国数学会英文論文誌編集委員
  • ・Journal of AAECC 編集委員
  • ・Journal of Cryptology 編集委員
  • ・Journal of Applied Cryptology 編集委員

客員教授等

  • ・カナダ Waterloo大学 客員助教授(1989.9〜1990.8)
  • ・東京都立大学数学科・非常勤講師(1998)
  • ・大阪府立大学工学部・非常勤講師(1998)
  • ・東京工業大学大学院・非常勤講師(1999)
  • ・東京大学大学院数理科学研究科・客員教授(非常勤1999.4〜2004.3)
  • ・北陸先端科学大学院大学・非常勤講師(2000)
  • ・鳥取大学工学部・非常勤講師(2001)
  • ・新潟大学工学部・非常勤講師(2001)
  • ・筑波大学大学院・客員教授(非常勤2001.4〜2011.3)
  • ・京都大学大学院情報学研究科・客員教授(非常勤2001.4〜)
  • ・御茶ノ水女子大学理学部・非常勤講師(2001)
  • ・中央大学理工学部・非常勤講師(2002〜)
  • ・千葉大学大学院・非常勤講師(2004)
  • ・愛媛大学大学院・非常勤講師(2008〜)
  • ・電気通信大学・非常勤講師 (2011)

業績の詳細はこちら

フッタエリアはここからです。