ページの先頭です。

文字表示

コンテンツエリアはここからです。

研究開発体制

NTTフェロー紹介

上田修功

上田 修功

コミュニケーション科学基礎研究所
上田特別研究室長

[ 研究分野 ]
ビッグデータ解析のための革新的機械学習技術の研究

[ 任命日 ]
2016年 4月 1日


著書

  • 1.監修 坂内正夫, "ビッグデータを開拓せよ 解析が生む新しい価値," 角川インターネット講座 第7巻 第1部 第5章(データに語らせる科学)執筆, KADOKAWA, 2015.
  • 2.石井健一郎, 上田修功 共著, "続・わかりやすい パターン認識 ―教師なし学習入門―," オーム社, 2014
  • 3.上田修功 訳:サイエンスパレットシリーズ "統計学", 丸善出版, 2014
  • (原著:"Statistics: VSI," David J. Hand著、"Statistics," Oxford Univ. Press)
  • 4.上田修功 "科学事典(第2版),"変分ベイズ執筆, 編集代表 広中平祐 丸善株式会社, 2007.
  • 5.樺島祥介, 上田修功 共著, "統計科学のフロンティア11, 計算統計I (第III部)," 岩波書店, 2003.
  • 6.石井健一郎, 上田修功, 前田英作, 村瀬洋 共著, "わかりやすいパターン認識," オーム社, 1998.
  • 7.電子情報通信学会 編, "電子情報通信ハンドブック," 第3.2編(パターン認識理論)一部執筆, 1998.
  • 8.甘利,外山 編, "脳科学ハンドブック," 第9章(学習ベクトル量子化)執筆, 朝倉書店, 1995.
  • 9.B. K. P. Horn 著, "ROBOT VISION (The MIT Press)," 共訳, 朝倉書店, 1993.

表彰

  • ■外部表彰
  • ・電子情報通信学会UBI研究会 優秀論文賞 2015年3月7日
  • ・Dicomo2014シンポジウム 優秀論文賞 2014年 9月4日
  • ・SIGKDD Best Research Paper Award Honorable Mention 2010年7月26日
  • ・Best Paper Award ( ICONIP2009) 2009年12月4日
  • ・電子情報通信学会 フェロー 2009年11月26日
  • ・情報処理学会論文賞 2009年3月24日
  • ・FIT 船井ベストペーパー賞 2007年9月6日
  • ・電気通信普及財団賞(テレコムシステム技術賞)2006年 3月20日
  • ・情報処理学会 山下記念研究賞 2005年7月27日
  • ・FIT船井論文賞 2005年9月8日
  • ・人工知能学会 研究会優秀賞 2005年6月16日
  • ・電子情報通信学会 活動功労賞 2004年9月9日
  • ・FIT船井ベストペーパー賞 2004年9月8日
  • ・電子情報通信学会論文賞 2004年5月29日
  • ・日本神経回路学会研究賞 2003年9月9日
  • ・電子情報通信学会論文賞 2000年5月20日
  • ・電気通信普及財団賞(テレコムシステム技術賞)1997年3月26日
  • ・日本神経回路学会研究奨励賞 1993年7月22日
  • ■社内表彰
  • ・コミュニケーション科学基礎研究所 研究開発賞 「NTT音声認識技術の高度化及び差異化への貢献」 2005年4月28日
  • ・先端総合研究所 所長表彰 研究開発賞 「多重分類を可能とするパラメトリック混合モデルの考案」 2003年12月17日
  • ・コミュニケーション科学基礎研究所 研究開発賞 「多重分類を可能とするパラメトリック混合モデルの考案」 2003年5月7日
  • ・コミュニケーション科学研究所 研究賞 「混合モデルのための大域最良パラメータ推定法の研究」 1998年12月28日
  • ・コミュニケーション科学研究所 研究賞 「確定的アニーリングEMアルゴリズムの考案」 1995年12月19日
  • ・コミュニケーション科学研究所 業績賞 「最適ベクトル量子化の研究」 1994年12月28日

専門的活動

  • ・技術振興機構, 戦略的創造研究推進事業(JST さきがけ)(研究領域「情報科学との協業による革新的な農作物栽培手法を実現するための技術基盤の創出」 , 領域アドバイザー, 2015年-2021年.
  • ・科学技術振興機構, 戦略的創造研究推進事業(JST CREST・さきがけ複合領域) (研究領域「ビッグデータ統合利活用のための次世代基盤技術の創出・体系化」),領域アドバイザー,2013年-2019年.
  • ・科学技術振興機構, 戦略的創造研究推進事業(JST CREST) (研究領域「科学的発見・社会的課題解決に向けた各分野のビッグデータ利活用推進のための次世代アプリケーション技術の創出・高度化) 「広域撮像探査観測のビッグデータ分析による統計計算宇宙物理」,研究担当者,2015年 10月-2021年3月.
  • ・機関代表,独立行政法人 情報通信機構研究受託, ソーシャル・ビッグデータ利活用・基盤技術の研究開発 (「オープン・スマートシティを実現するソーシャル・ビッグデータ利活用・還流基盤」) NTT機関代表, 2014年 7月5日-2016 年3月.
  • ・内閣府, 最先端研究開発支援プログラム(FIRST), 「超巨大サイバーフィジカルシステム基盤のための情報創発技術とその戦略的社会展開」 サブテーマリーダー, 2010年 3月-2014年 2月
  • ・文部省科研基盤C, 研究代表者, 2008年 4月-2011年 3月.
  • ・国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 NEDO技術委員, 2015年 6月〜2017年 7月.
  • ・平成26年度特許庁委託事業「特許出願技術動向調査(人工知能)」調査委員会委員 2015年 1月〜3月.
  • ・日本学術会議 数理統計分科会幹事, 2014年-2016年
  • ・日本学術会議 E−サイエンス・データ中心科学分科会委員 2014年-現在.
  • ・文部科学省, 科学技術・学術審議会専門委員, 2013年 2月-現在.
  • ・総務省,情報通信審議会 AI・脳WG構成員, 2016年2月-現在
  • ・統計数理研究所, 科学技術試験研究委託事業「数学・数理科学と諸科学・産業との協働によるイノベーション創出のための研究促進プログラム」運営委員会委員, 2012年 12月-現在.
  • ・理化学研究所, NIJC運営会議委員長, 2013年 7月-2017年 3月.
  • ・統計数理研究所,外部評価委員,2007年,2013年.
  • ・奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 外部評価委員、2010-2013年.
  • ・奈良女子大学理学部 外部評価委員2012年
  • ・京都大学学際融合教育研究推進センターデザイン学ユニット教育協議会協議員, 2013年 6月-現在.
  • ・IEEE関西支部,Vice-Chair, 2013年 1月-2015年 1月.
  • ・Program Committee, The 2nd EAI International Conference on IoT in Urban Space2016, 2016
  • ・Area Chair, Neural Information Processing Systems Conference (NIPS), 2015-present
  • ・Reviewer, Neural Information Processing Systems Conference (NIPS), 1999-2002, 2005-2014.
  • ・Program Committee, Neural Networks for Signal Processing (NNSP), 2001-2002.
  • ・Organizing Committee, International Workshop on Smart Cities: People, Technology and Data, The 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing (Ubicomp 2015), 2015.
  • ・Senior Program Committee, International Conference on Artificial Intelligence (IJCAI), Machine Learning Track, 2015.
  • ・Organizing Committee, The 47th ISCIE International Symposium on Stochastic Systems, Theory and Its Applications (ISSS2015), 2015.
  • ・ACM SIG KDD, Program Committee (Research), 2010-present.
  • ・Reviewer, International Conference on Machine Learning (ICML), 2016
  • ・Senior Program Committee, International Conference on Machine Learning (ICML), 2007.
  • ・Associate Editor, Neurocomputing Journal, 2007-2012.
  • ・Associate Editor, Neural Networks Journal, 2003-2010.
  • ・電子情報通信学会 フェロー, 2009.
  • ・映像情報メディア学会, 「メディア処理のための機械学習」特集:ゲストエディター, 2014.年
  • ・電子情報通信学会 情報論的学習理論と機械学習研究会 (IBISML),専門委員会, 副委員長, 2010年 4月-2012年 3月, 委員長, 2012年 4月-2014年 3月.
  • ・電子情報通信学会 情報論的学習理論と機械学習研究会 (IBISML) 専門委員会,
  • ・情報処理学会, 数理モデル化と問題解決研究会, 編集委員, 2006年-現在, 運営委員, 2006-2010年 3月
  • ・日本神経回路学会 JNNS2001, 実行委員長, 2001.年
  • ・英国,ケンブリッジ大学共同研究2014年-現在.
  • ・英国, ロンドン大学滞在研究(於: Hinton研), 1999年 4月, 2000 年8月.
  • ・カナダ, トロント大学滞在研究(於: Hinton研), 1997年 10月.
  • ・米国Purdue大学, 客員研究員, 1993-1994年.
  • ・電子情報通信学会 情報論的学習理論と機械学習研究会(IBISML), 専門委員会, 副委員長, 2010 4月-2012 3月.
  • ・電子情報通信学会 情報論的学習理論と機械学習研究会(IBISML), 専門委員会, 委員長, 2012 4月-現在.
  • ・日本神経回路学会 理事, 2000-2001. 
  • ・情報論的学習理論ワークショップ, 実行委員長, 2003.
  • ・情報論的学習理論ワークショップ, プログラム委員, 2000.
  • ・電子情報通信学会 情報論的学習理論時限研究専門委員会, 専門委員長, 2003-2004.
  • ・電子情報通信学会 情報論的学習理論特集, 編集委員長, 2001.
  • ・電子情報通信学会 論文誌編集委員, 1999-2002.
  • ・電子情報通信学会 論文誌特集号編集委員, 1998, 2002-2003.
  • ・電子情報通信学会 学会誌編集委員(基礎境界WGA), 1996-1998.
  • ・視聴覚情報研究会, 幹事, 1992-1993.

客員教授等

  • ・名古屋大学情報科学研究科 非常勤講師 2016.
  • ・京都大学大学院情報学研究科 連携教授 2010-現在.
  • ・国立情報学研究所 客員教授 2010-現在
  • ・山形大学大学院 非常勤講師2010.
  • ・東京大学大学院 非常勤講師 2007.
  • ・奈良先端科学技術大学院大学(NAIST) 客員教授, 2004-2012.
  • ・理化学研究所, 非常勤研究員, 2003-2012..
  • ・奈良先端科学技術大学院大学(NAIST) 客員助教授, 1998-2004.
  • ・大阪大学大学院 非常勤講師, 2003-2011
  • ・京都大学大学院 非常勤講師 2003-2006.
  • ・早稲田大学大学院 非常勤講師 2003.
  • ・岡山大学 非常勤講師 1999-2003.
  • ・名古屋工業大学大学院 非常勤講師 2002.
  • ・筑波大学大学院 非常勤講師1999-2002.

業績の詳細はこちら

フッタエリアはここからです。