ページの先頭です。

文字表示

コンテンツエリアはここからです。

研究開発体制

上席特別研究員紹介

永田 昌明

永田 昌明

コミュニケーション科学基礎研究所 協創情報研究部 言語知能研究グループ

[ 任命日 ] 2012年 4月 1日


著書

  • 以下、いずれも共著(分担執筆)
  • 『質問応答システム」』(コロナ社, 2009)
  • 『統計科学のフロンティア 第10巻 心理と言語の統計 ---ことばと行動の確率モデルによる分析』(岩波書店, 2003)
  • 『自然言語処理 -- 基礎と応用』(電子情報通信学会, 1999)
  • 『岩波講座「言語の科学」 第3巻 単語と辞書』(岩波書店, 1997)
  • 『コーパスに基づく音声言語処理』(森北出版, 1996)
  • 『自動翻訳電話』(オーム社, 1994)

表彰

  • 2011年 言語処理学会第16回年次大会 最優秀発表賞, L1正則化特徴選択に基づく大規模データ・特徴集合に適した半教師あり学習
  • 2011年 言語処理学会第16回年次大会 優秀発表賞, RIBES: 順位相関に基づく翻訳の自動評価法
  • 2011年 言語処理学会第16回年次大会 優秀発表賞, 分野に依存しない単語極性を考慮した評判分析のための転移学習モデル
  • 2010年 言語処理学会第15回年次大会 最優秀発表賞, ウェブを用いた幼児言語発達研究:大規模縦断データ収集の試み
  • 1996年 科学技術庁 第55回注目発明, 対話音声認識装置
  • 1995年 人工知能学会研究奨励賞, 確率モデルによる自由発話の形態素解析
  • 1995年 情報処理学会論文賞, An Information-Theoretic Model of Discourse for Next Utterance Type Prediction
  • 1991年 情報処理学会奨励賞, 音声言語翻訳のための日本語解析

学会役員等

  • Action Editor for TACL(2012年〜)
  • 言語処理学会第17回年次大会 プログラム委員(2011年〜2012年)
  • 信学会英文誌 編集委員(2008年〜)
  • NICT外部評価委員(2006年〜2011年)
  • Poster Co-chair for ACL(〜2005年)
  • 自然言語処理 編集委員(2002年〜2006年)
  • 言語処理学会第6回年次大会 プログラム委員(2000年〜2001年)
  • 情報処理学会 自然言語処理研究会 幹事(1997年〜1999年)
  • Editorial Board Member for Computational Linguistics (1993年〜1996年)

客員教授等

  • 同志社大学 非常勤講師(2010年〜)
  • 慶應大学SFC 非常勤講師(1994年〜1998年)
フッタエリアはここからです。