ページの先頭です。

文字表示

コンテンツエリアはここからです。

研究開発体制

上席特別研究員紹介

武居 弘樹

武居 弘樹

物性科学基礎研究所

[ 任命日 ] 2017年4月1日


著書

  • H. Takesue, “Quantum communication experiments over optical fiber,” Principles and Methods of Quantum Information Technologies (eds. Y. Yamamoto and K. Semba), 53-70, Springer (2016).

表彰

  • ・ITU-T Kaleidoscope Academic Conference: Innovations in NGN - Future Network and Services, Best Paper Award, second place (2008).
  • ・平成22年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞 (2010)

学会役員等

  • ・応用物理学会プログラム委員(4.1 量子光学・原子光学) (2007-2009)
  • ・Program committee member, LEOS Annual Meeting (2009-2011)
  • ・Committee member, Special Symposium on Quantum Photonics, IEEE Photonics Conference 2012
  • ・Committee member, CLEO Quantum Science, Engineering and Technology Subcommittee (2013-2016)
  • ・Primary Guest Editor of the special issue on Quantum Communication and Cryptography in IEEE Journal of Selected Topics in Quantum Electronics (May/June 2015 issue)
  • ・Editorial Board Member, Scientific Reports (NPG) (2014-)
  • ・Program committee member, QCrypt 2015, 2017.

客員教授等

  • ・E. L. Ginzton Laboratory, Stanford University, Visiting Scholar (2004年8月〜2005年3月)
  • ・National Institute of Standards and Technology (NIST), Boulder, Visiting Researcher (2014年9月〜11月)
  • ・大阪大学大学院 基礎工学研究科 招へい教授(2017.4-)

業績の詳細はこちら

フッタエリアはここからです。