ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

Moving Forward Together As Your Value Partner

ニコニコ超会議2018 - NTTは、ニコニコ文化を応援しています。

NTTは、2018年4月28日(土)、29日(日)に幕張メッセで開催される
「ニコニコ超会議2018」に超特別協賛します。

ニコニコ超会議への超特別協賛を通じ、ネットとリアルの融合、歌や踊りなどの
多種多様な文化の発展に貢献するニコニコ文化をNTTは応援します。

超歌舞伎 × NTT

超歌舞伎も、昨年に続いて超技術提供!

「ニコニコ超会議2016」「ニコニコ超会議2017」で大きな反響があったニコニコ文化
と歌舞伎の融合、「超歌舞伎」についても、昨年に続いて技術提供をおこないます。

初音ミク×中村獅童の超歌舞伎!

演目

積思花顔競(つもるおもいはなのかおみせ) - 祝春超歌舞伎賑(またくるはるちょうかぶきのにぎわい)

概要

『積思花顔競』つもるおもいはなのかおみせ

歌舞伎ファンにはおなじみの顔見世舞踊の大作『積恋雪関扉』(つもるこいゆきのせきのと)に着想を得た超歌舞伎ならではの作品です。古典歌舞伎と最新のテクノロジーが融合した超歌舞伎。今年も数多くの見どころに溢れた作品になっています。今回の作品では、中村獅童さんが超歌舞伎で初めての悪人役である惟喬親王に挑むほか、これに敵対する良岑安貞の二役を演じます。また初音ミクさんも獅童さん同様に、安貞の許嫁である小野初音姫と、白鷺の精霊の二役を演じ分けます。

超所作事ちょうしょさごと『祝春超歌舞伎賑』またくるはるちょうかぶきのにぎわい

江戸の山王祭を題材とした舞踊『お祭り』の趣向を取り入れた作品です。中村獅童さんが超歌舞伎の舞台に戻ってくることと超歌舞伎三年目の春を祝い寿ぎます。

開催場所/日時

「ニコニコ超会議2018」会場内 幕張メッセ イベントホール

  • 4月28日(土) 一部 13:00〜 二部 16:00〜
  • 4月29日(日) 一部 13:00〜 二部 16:00〜

出演者

  • 中村獅童画像
    中村獅童
  • 初音ミク画像
    初音ミク
  • 中村蝶紫画像
    中村蝶紫
  • 澤村國矢画像
    澤村國矢
  • 鏡音リン画像
    鏡音リン

NTTの最新技術

その1

おなじみの「分身の術」が今年も登場!

「Kirari!」が更に進化。機械学習を新たに取り入れ、
被写体と背景の色が似ている環境でもクリアに抽出!

柔道の実際の映像を、従来の技術で人物を抽出した画像と、最新技術でクリアに抽出した画像との抽出精度の比較。従来の技術では白い柔道着の影の色と背景の淡い黄色が似ているときに、柔道着の影の部分が背景として認識されてしまっていたが、最新技術では明確に区別されて抽出できるようになっている。

本技術を用いて、さらにあっと驚く場面で「分身の術」を披露します。

その2

「両面透過型多層空中像表示装置」により、初音ミクさんが山車に乗って舞台を練り歩きます!

ミラーの再帰反射を利用することで、
山車の前後から初音ミクさんだけでなく背景も多層に表現します。

初音ミクさん、背景1、背景2がレイヤー状に重なって表現されている図と、山車のイメージイラスト

その3

「歌舞伎シャウト」であなたも大向こうの達人!

歌舞伎シャウトのロゴ

「インテリジェントマイク技術」で熱気溢れる
会場内でもあなたの声を正しく認識して文字が飛んでいきます。

インテリジェントマイクを通し、入場者の声が俳優絵に映し出されている写真

「波面合成音響技術」により、大向こうの声が文字と同期して俳優絵へ飛んでいきます。
※アリーナ後方にてどなたでも体験可能!

NTT × Innovation

昨年に続きNTTの研究所技術を活用した
NTT企業ブースも出展します。乞うご期待!

NTT超未来研究所 5th Generation「NTT超未来大都会」 … 青い空と街のイメージ背景に「NTT 超未来研究所、フィフスジェネレーション、NTT超未来大都市、NTTウルトラフューチャーペタシティ」と書かれた大きな文字があるイラスト。

NTT超未来大都会とは、
ウルトラ未来で超フューチャーである。

ここは、間違った未来のまま、世紀末を迎えようとしている、
パラレル・ジャパンの、とある大都会。

世紀末であり、新世紀へのカウントダウンであり、
終わりと始まりが交錯する、トレンディで、
カオティックな時間が流れる街。

仄かに残る90年代都市独特のカオスと、NTTの最新技術のカオスが、
ウルトラ未来で超フューチャーし、超絶孤高のフュージョンを起こす!

今年も最新技術を無駄遣い!

1990年代に全盛期だった、
あの通信機器も帰ってくるぞ!

昨年のNTT企業ブース
NTT ULTRA FUTURE MUSEUM 2017」の模様

  • 女性が初期の電話を使って話している写真
  • 黒電話のダイヤルを回している写真
  • ブースのイベントに参加している写真
  • NTTフューチャーミュージアム2017とNTTのロゴの写真
  • NTT超未来ミュージアム2017、4月30日、No0074と書かれた電柱番号札の写真
  • 浮遊球体ディスプレイドローンが地球を映し出している写真
  • 5台並んだ小さなロボット(ソータ)。後ろの画面に超ロボット大喜利と出ている写真。
  • 女性が自転車を漕いでいる写真
  • 来場者が興味心身にブース内を見ている写真
  • 黄色いロボットアームが米俵を持ち上げている写真

発表会の様子はこちら

第一弾発表会

動画:ニコニコ超会議2018 第一回発表会

第二弾発表会

動画:ニコニコ超会議2018 第二回発表会
フッタエリアはここからです。