ここから本文

ごあいさつ

NTTグループは、「グローバル・クラウドサービスの拡大」「ネットワークサービスの競争力強化」を戦略の柱とし、社会的課題の解決や社会・経済の発展にICTを通じて貢献すべく取り組んでおります。

その源泉として、NTTのR&Dは、世界をリードする技術を生み出し、社会や産業、学術の発展に寄与していくという理念のもと、新原理や新技術を生み出す先端基礎研究から、ネットワーク技術、アプリケーション技術、セキュリティ技術、など多岐にわたる技術領域で研究開発に取り組んでいます。

研究開発で創出される知的財産を適切に保護・活用していくことは、NTTグループの継続的な成長、ひいては、お客さまと社会への継続的な貢献のために重要であると考えています。

NTT知的財産センタは、NTTグループの事業戦略・研究開発戦略と三位一体となった知的財産戦略として、戦略的な権利化、知的財産リスクマネジメント、保有知的財産の活用を推進していきます。

1.戦略的な権利化

グループビジネスの優位性確保やリスク低減などの観点から、研究テーマの位置づけに応じた戦略的な権利化を行い、研究テーマごとの知的財産戦略を研究開発部門に提言していきます。特許分析をもとに、グループ企業と連携した権利化と他者権利対策を行っていきます。

2.知的財産リスクマネジメント

IPRリスク管理施策を通じて、ビジネスリスクの低減をはかります。技術ノウハウなど財産的情報の適切な管理を推進します。コーポレートシンボルについても適正利用の推進によるNTTブランドの価値向上や、研究開発成果に付随する技術ブランドの創出と活用に取り組んでいきます。

3. 保有知的財産の活用

事業の競争優位性確保のために、強い知的財産を活用することはもちろん、産業界の発展に貢献する技術については、広くライセンスを行い技術の普及に努めていきます。NTTでは技術の普及やビジネス展開を効率的に進めるため、積極的な標準化活動を行っています。標準規格に関する特許については、各種特許プールを介して多くの企業にライセンスすることで、標準規格の普及に貢献していきます。

日本電信電話株式会社
知的財産センタ
所長 糸田 純

ページトップへ