ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

Topics

「corevo®(コレボ)」に関するNTTグループの最新情報をご紹介します。

2017. 12 . 21
「ロボコネクト」のAPI、OEMおよび「対話回数追加オプション」の提供開始について
-小売、金融、観光業界等におけるコミュニケーションロボットの新たな活用を促進-

 NTT東日本は「ロボコネクト」(以下、本サービス)で動作するロボットと連携する付加アプリケーションの開発、ならびに自社ブランドでのサービス提供を希望するパートナー企業さま向けに「ロボコネクトSota連携API」(以下、本API)、OEM提供を2017年12月22日(金)より開始いたします。

2017. 12 . 20
訪日外国人のクチコミから、穴場観光スポットを発掘!
-AI翻訳を活用した外国語SNSデータ分析による、訪日外国人向けマーケティングの実施-

 東日本電信電話株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:山村 雅之、以下「NTT東日本」)と、株式会社 電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:山本 敏博、以下「電通」)は、企業や地方自治体の訪日外国人誘致を支援することを目的に、外国語SNSデータのAI翻訳と内容分析、およびこれらを活用した外国人向けプロモーションを、2018年1月よりトライアル実施し、事業性の検証を行います。

2017. 12 .18
NTT Com・太平洋工業・岐阜大学がAIを用いた製造機械の故障予知実験を開始
-動作音や振動変化の検知により故障を予知し、さらなる稼働率向上に貢献-

 NTTコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:庄司哲也、以下 NTT Com)、太平洋工業株式会社(本社:岐阜県大垣市、代表取締役社長:小川信也、以下 太平洋工業)、および国立大学法人 岐阜大学(所在:岐阜県岐阜市、学長:森脇久隆、以下 岐阜大学)は、太平洋工業の工場内で収集した製造機械の動作音や振動データをAI(人工知能)を用いて解析し、検知した動作音や振動の変化から製造機械の故障を予知する実証実験を2017年12月18日より開始します。これにより、製造機械のさらなる稼働率向上が見込まれ、製品の安定的な生産に貢献することが可能になります。

2017. 12 .15
AIを活用した英会話レベル分析等に関する実証実験を開始
-ITを使った新たな英会話学習方法の検討に着手-

 マンツーマン英会話スクールを運営する株式会社GABA(読み:ガバ、本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:寺田 大輔、以下:GABA)と株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:岩本 敏男、以下:NTTデータ)は、2017年12月15日〜2018年3月31日の約4カ月間、英会話レベル分析を用いた新たな英会話学習方法に関する実証実験を実施します。

2017. 12 . 05
corevo®を活用した音声合成ソフトウェア「FutureVoice Crayon」に国内で初めて深層学習を適用し商用販売を開始
人の声と遜色ない自然な音声でナレーションや書籍の読み上げを実現

 NTTテクノクロス株式会社(以下、NTTテクノクロス 本社:東京都港区港南、代表取締役社長:串間和彦)は、音声合成ソフトウェア「FutureVoice Crayon」をバージョンアップし、2017年12月5日から販売します。NTTメディアインテリジェンス研究所が開発した深層学習(DNN)を活用した最新の音声合成技術と40年以上蓄積した音声のデータベースにより、少量の音声データから人の声と遜色ない肉声感・明瞭感のある自然な音声を作成できるようになりました。

2017. 11 .30
(お知らせ)NEXCO東日本とNTTドコモ、東京湾アクアラインにおいて「AI渋滞予知」による渋滞予測実証実験を開始
-日本の高速道路会社では初のAIを活用した渋滞予測の配信-

 東日本高速道路株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:廣P博、以下、NEXCO東日本)と株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉澤和弘、以下、ドコモ)は、携帯電話ネットワークの仕組みを利用して作成される人口統計(以下、人口統計)とNEXCO東日本が保有する過去の渋滞実績および規制情報等をかけ合わせ、人工知能(AI)を用いてドコモが開発した「AI渋滞予知」による渋滞予測実証実験を、日本の高速道路会社では初めて、CA東京湾アクアライン(以下、アクアライン)において2017年12月2日(土曜)から開始いたします。

2017. 11 .29
観光客向け交通情報サービスの実証実験を開始
-IoTやAI技術を利用した最適な交通情報を提供-

 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)、モバイルクリエイト株式会社(以下、モバイルクリエイト)、株式会社琉球バス交通(以下、琉球バス交通)、那覇バス株式会社(以下、那覇バス)、NTTテクノクロス株式会社(以下、テクノクロス)、株式会社ドコモ・バイクシェア(以下、ドコモ・バイクシェア)、株式会社テムザック(以下、テムザック)は、内閣府沖縄総合事務局開発建設部道路管理課が公募した「平成29年度 観光客移動・防災支援情報提供サービス実験に関する取組み」に参画し、2017年11月30日(木)から12月10日(日)までの11日間、沖縄県豊見城市の道の駅「豊崎」においてIoTやNTTグループのAI技術「corevo®(コレボ)」を活用した最適な交通情報を提供するサービスの実証実験(以下、本実証実験)を共同で行います。

2017. 11 .21
(お知らせ)カレンダーアプリ『ジョルテ』で生駒市オープンデータを活用した地域情報配信サービスを開始
-利用者の好みに合った情報を配信-

 生駒市と株式会社ジョルテ(以下、ジョルテ)は、ジョルテが提供するカレンダーアプリ「ジョルテ」を利用した地域情報配信サービスを2017年11月21日(火曜)より提供開始します。また、2018年2月より、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)の「AIエージェントAPI」の一つである「先読みエンジン」をカレンダーアプリ「ジョルテ」に活用し、利用者に合わせた最適な情報配信を実現します。

2017. 11 .13
AIを活用した道路路面診断サービスのトライアルについて
-ICTによる道路メンテナンスサイクルの効率化をめざして-

 西日本電信電話株式会社(代表取締役社長:村尾 和俊、以下、NTT西日本)は、効率的な道路メンテナンスサイクルの確立に向けてAIを活用した道路路面診断サービスのトライアルを実施します。
 本トライアルでは、NTT西日本とICT連携協定を締結している堺市の道路においてサービスの有用性を検証し、早期の商用化をめざします。

2017. 11 .13
"脳を鍛えて"ソフトボールで勝つ
-スポーツ脳科学プロジェクト 日本ソフトボール協会と共同実験-

 日本電信電話株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鵜浦博夫 以下 NTT)は、NTTグループのAI関連技術corevo®の研究開発の一環として、スポーツにおける「心」と「技」を鍛える新しいトレーニング法の確立をめざし、2017年1月にスポーツ脳科学(Sports Brain Science:SBS)プロジェクトを発足しています。
 今回、NTTは日本ソフトボール協会と共同実験協定を締結し、ソフトボールのトップ選手や若手選手の実験的・実戦的な計測を実施し、日本代表選手をはじめとした多様な能力を持つアスリートのパフォーマンスと脳情報処理の研究を進めます。

ローカルナビはここからです。