ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

Topics

「corevo®(コレボ)」に関するNTTグループの最新情報をご紹介します。

2019. 06 .12
4銀行をつなぐビジネスマッチングAI活用実証実験を開始
〜マッチング品質の標準化等を図り、ビジネス交流活性化を支援〜

 株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、株式会社阿波銀行、株式会社百十四銀行、株式会社伊予銀行、株式会社四国銀行の地方4銀行による包括提携「四国アライアンス」と共同で、ビジネスマッチング事業におけるAI活用実証実験を2019年6月12日より開始します。

 本実証実験では、4銀行が担当する各顧客の企業情報および経営課題に沿った要望(ニーズ)をデータベースに集約し、AIを活用し効率的に結び付けるための基盤を構築しました。顧客の要望に基づく最適なマッチング候補となる企業の選定、商談の状況・結果の管理を行います。これにより、マッチング候補の企業選定に係る稼働軽減やマッチング品質の向上を図り、地方創生につながる各銀行の領域を超えたビジネス交流の活性化を目指します。

 今後NTTデータは、実証実験での結果をもとにサービスのさらなる改善を行い、2019年度下期中を目標にビジネスマッチングAI支援サービスの実運用を目指します。

2019. 05 .27
AIを用いたFAQシステム「CONTIMIXE® AI(FAQ)」を提供開始
〜中央労働金庫が導入、本部の問い合わせ対応の負担軽減を実現〜

 株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:本間 洋、以下:NTTデータ)は、AIを用いたFAQシステム「CONTIMIXE® AI(FAQ)(読み:コンティミクス エーアイ)」を、2019年5月27日より提供開始しました。ファーストユーザーとして中央労働金庫(本店:東京都千代田区、理事長:松迫 卓男)に導入しています。

 CONTIMIXE AI(FAQ)は、AIで日本語の意味を理解して検索を実施します。AIを用いていない一般的なキーワード検索に比べ6割以上検索ヒット率が高くなります。本サービスを問い合わせ元である営業店等で利用し回答まで完結することで、本部への問い合わせ件数の削減を実現します。

 NTTデータは今後、本サービスを通じて金融業務効率化に貢献するとともに、AIやクラウドを用いて金融機関のデジタルトランスフォーメーションを支援していきます。

2019. 05 .27
NTTコミュニケーション科学基礎研究所「オープンハウス2019」を開催
〜「系列変換モデルに基づく音響信号からの説明文生成」など最新の研究成果を公開〜

 NTTでは、最新のR&D成果を一般公開するイベント「オープンハウス2019」(入場無料・事前登録不要)を、2019年5月30日(木)・5月31日(金)、NTT京阪奈ビル(所在地:京都府相楽郡)において開催いたします。本イベントは、NTT コミュニケーション科学基礎研究所が主催するものです。
(ホームページ:http://www.kecl.ntt.co.jp/openhouse/2019/

 今回、NTTでは、様々な音に対してどんな音かを説明する文章やオノマトペを生成する技術や、ユーザの話したイベントを構造化して理解することにより適切な話題展開や共感を実現する技術、目の機能を気軽に測定できる視覚テストを用いたセルフチェック技術などを開発しました。これらの他にも、AI技術corevo>を支える研究成果など最新の研究開発技術(合計30点)を、デモ等を交えながら、NTTの研究員が直接ご説明いたします。

2019. 05 .20
クラウド型ロボットプラットフォーム「ロボコネクト」に対応するオリジナルキャラクターデザインを活用したロボットソリューションの提供
〜第一弾としてマルコメ株式会社「マルコメ君」のオリジナルロボットを製作〜

 マルコメ株式会社(本社:長野県長野市、代表取締役社長:青木時男、以下、マルコメ)と、東日本電信電話株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:井上福造、以下、NTT東日本)は、NTT東日本が提供するクラウド型ロボットプラットフォーム「ロボコネクト」に対応したマルコメ株式会社の自社キャラクター「マルコメ君」のオリジナルロボットを製作しました。
 また、様々な業界のお客さまからのオリジナルデザインロボット製作要望に応え、NTT東日本はロボコネクトに対応した「オリジナルキャラクターデザインを活用したロボットソリューション」の提供を開始いたします。

2019. 05 .20
コミュニケーションロボットを活用したプログラミング教育ソリューションの提供に向けた実証実験について
〜品川区教育委員会と連携し、小学校でのトライアルを開始〜

 品川区教育委員会(教育長:中島豊、以下、東京都品川区)と、東日本電信電話株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:井上福造、以下、NTT東日本)は、2020年度からの小学校プログラミング教育の実施に向けて、プログラミング教育におけるコミュニケーションロボットの有効性を検証するトライアルを区内の2校で開始いたします。

2019. 05 .16
AIが膨大な文書を“すみずみ”まで検索し、ピンポイントに回答!
〜コンタクトセンターソリューション「MatchContactSolution®」最新版をリリース〜

 NTTアドバンステクノロジ株式会社(以下:NTT-AT、本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:木村丈治)は、NTTグループのAI技術「corevo®」を活用したコンタクトセンターソリューション「MatchContactSolution®」の最新版の販売を開始しました。
 「MatchContactSolution®」の最新版では、AIエンジンの搭載により、膨大な文書からピンポイントで回答を導くことができるマニュアル検索機能や既存の応対履歴データを分析し、FAQ作成を支援する機能を実装することで、コンタクトセンター関連業務の効率化を実現します。
 なお、本サービスを活用したサービス事例については、5月29日(水)・30日(木)に開催される「コールセンター/CRMデモ&コンファレンス2019 in 大阪」に出展いたします。

2019. 05 .16
自然言語解析AI「COTOHA®」シリーズと「Amazon Connect」、「Salesforce Service Cloud」を活用した「クラウド型AIコンタクトセンターソリューション」を提供開始

 NTTコミュニケーションズ(以下 NTT Com)は、AIを活用したコンタクトセンターを迅速に構築できる「クラウド型AIコンタクトセンターソリューション」(以下 本ソリューション)の提供を、2019年5月16日より開始します。
 本ソリューションは、NTT Comの自然言語解析AI「COTOHA®」シリーズと、アマゾン ウェブ サービス(以下 AWS)が提供するコンタクトセンターサービス「Amazon Connect」、およびセールスフォース・ドットコムの提供するCRMサービスプラットフォーム「Salesforce Service Cloud」を活用したもので、AIによる音声認識などを利用した高機能のコンタクトセンターを短期間で構築することができます。

2019. 04 .18
準天頂衛星みちびきに対応したドローン及びNTTグループのAI技術を活用したスマート営農ソリューションの実証実験を開始

 NTTグループ、ふくしま未来農業協同組合、株式会社エンルート、日本農薬株式会社は、準天頂衛星みちびきに対応したドローン(以下、みちびき対応ドローン)やNTTグループの先進的なAI技術を活用したデータドリブンなスマート営農ソリューションの実証実験を行います。
 本実証実験は、福島県南相馬市原町区鶴谷地区にて、福島第一原発事故に伴う避難指示の解除後、初めての稲作を2018年に再開した株式会社アグリ鶴谷(つるがい)の農場で、福島県の水稲オリジナル品種「天のつぶ」を対象に実施します。なお、本実証実験の一部は、農林水産省「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」における実証課題として2019年3月に採択されました。

2019. 04 .17
「ニコニコ超会議2019」に「日本電信電話ミカカランド・NTT超未来研究所6」を出展

 日本電信電話株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:澤田純、以下NTT)は、2019年4月27日(土)、28日(日)に幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議2019」に、NTTブース「日本電信電話ミカカランド・NTT超未来研究所6」を出展します。
 初出展の2014年から通算6回目となる今回は「日本電信電話ミカカランド・NTT超未来研究所6」と称して展開します。NTTの最新技術から、今年もAI(corevo®)、VR、視覚や触覚といった人間の五感、光ファイバ、レーザ光に関連した出展、現実とバーチャルの織りなすステージを通じて、「もし今の最先端技術をテクノロジー黎明期の80年代に使ったら」というコンセプトでブースを構築いたします。
 コラボレーションパートナーとの共同展示に加え、NTTドコモからも5Gを利用して、より魅力的な世界を創りあげる最新技術やコンテンツを出展します。最先端の技術とそれにつながる昭和から平成の展示を通じて、今年も規模を拡大し、過去最大のスケールでNTTの技術をわかりやすくご紹介します。

2019. 04 .17
音声ビッグデータを活用した、高品質な電話応対ガイドAIを開発
〜高品質な電話応対の暗黙知や、お客さまの「好感度」を高めるノウハウをAIが習得〜

 損害保険ジャパン日本興亜株式会社(代表取締役社長:西澤 敬二、以下「損保ジャパン日本興亜」)と、NTTコミュニケーションズ株式会社(代表取締役社長:庄司 哲也、以下「NTT Com」)は、2019年5月から損保ジャパン日本興亜の保険金サービス拠点における電話応対を、NTTグループのAI関連技術「corevo®(コレボ)」を活用して分析し、すべての社員による高品質な電話応対を可能にする電話応対ガイドAIの開発を開始します。

ローカルナビはここからです。
フッタエリアはここからです。