ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

Topics

「corevo®(コレボ)」に関するNTTグループの最新情報をご紹介します。

2017. 10 .18
先読み、ご提案が可能な「AIエージェントサービス」を2018年春に提供
-AIエージェントサービスの魅力を一部ご体験いただく先行的な取り組みを2017年10月下旬より展開-

 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、お客さまがお求めになる情報をAIエージェントが理解し、適切なタイミングでドコモやパートナー企業より最適なご提案をする「AIエージェントサービス(以下、本サービス)」を2018年春に提供いたします。

2017. 10 .12
日経BP社主催「ITpro EXPO 2017」においてNTTコミュニケーションズの「AIを用いたIoTデータ分析最前線」が「ZDNet Japan賞」を受賞

 NTTコミュニケーションズ(以下 NTT Com)は、日経BP社が2017年10月12日に発表した「ITpro EXPO AWARD 2017」において、「AIを用いたIoTデータ分析最前線」の展示により「ZDNet Japan (ジーディーネットジャパン)賞」を受賞しました。

2017. 10 .10
NTTグループのICTやAI技術corevo®により農業・水環境分野の省力化を実現

 株式会社クボタ(本社:大阪市浪速区、代表取締役社長:木股昌俊、以下クボタ)と日本電信電話株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鵜浦博夫、以下NTT)は、ICT等を活用して農作業の省力化と精密化の実現を目指すスマート農業や水環境設備等の高度なオペレーションによる省人化および安心安全で持続的なインフラ提供につながるサービス提供や実証実験を開始します。

2017. 10 .05
NTT Com・横河電機・横河ソリューションサービスの3社がIoT/AI技術により
製造業における生産技術の高度化を目指す実証実験を開始

 NTTコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:庄司 哲也、以下:NTT Com)は、横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市、代表取締役社長:西島 剛志、以下:横河電機)、および横河ソリューションサービス株式会社(本社:東京都武蔵野市、代表取締役社長:奈良 寿、以下:横河ソリューションサービス)と、IoT/AI(人工知能)技術を連携させることで、製造業における生産技術の向上を目的にした高度EMS(エネルギー・マネジメント・システム)の構築に関する実証実験を2017年10月より開始します。

2017. 10 .03
AIを活用し、運転の安全性を自動検知することに成功
-映像内の道路標識と車両速度を突合することで、車両が一時停止すべき場所で、一時停止しなかった事象を自動検知。運転手の安全意識向上・事故軽減対策に貢献-

 NTTコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:庄司哲也、以下NTT Com)と日本カーソリューションズ株式会社(本社:東京都千代田区、:代表取締役社長 野上誠、以下 NCS)は、AI(人工知能)技術「ディープラーニングによる物体検出アルゴリズム」を用いて、ドライブレコーダーの映像から道路標識などを抽出し、センサーデータ(速度)と組み合わせることで、「車両が道路標識などにより一時停止すべきことが指定されている場所で、一時停止しなかった事象(以下 本事象)」を検知するアルゴリズムを確立しました。本アルゴリズムを用いて、約2,000件の映像から本事象と判断された映像を抽出したところ、96%という実用可能な精度で検知することに成功しました。

2017. 09 .29
AI(人工知能)を用いた蓄電池システムの状態監視に関する実証実験を開始

 株式会社 GSユアサ(本社:京都府京都市、代表取締役社長:村尾 修、以下:GSユアサ)とNTTコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:庄司 哲也、以下:NTT Com)は、NTT ComがAI技術の一種であるディープラーニングを用いたデータ処理サービスを提供し、GSユアサがAI技術によるリチウムイオン電池の状態監視の実証実験を開始します。

2017. 09 .28
JSR、NTT、アクセンチュアの3社、
次世代コンビナートのスマート化に向けた実証プロジェクトを開始
人間の感覚に関するデータを収集・分析、熟練工の技術を再現できるソリューションを開発

 JSR株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小柴 満信、以下 JSR)と日本電信電話株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鵜浦 博夫、以下 NTT)、アクセンチュア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:江川 昌史、以下 アクセンチュア)の3社は、政府も提唱しているConnected Industriesを実現すべく、コンビナートに拠点を構える企業が相互連携して生産性・安全性向上を図る次世代型の「スマートコンビナート」の実証プロジェクトをJSRの千葉工場(千葉県市原市)で開始したことを発表します。

2017. 09 .27
intra-mart AI基盤を実用化
-短期間・低コストで業務プロセスのインテリジェント化を実現-

 株式会社NTTデータ イントラマート(本社:東京都港区、代表取締役社長:中山 義人 以下、イントラマート社)は、簡単かつノンコーディングでAIを組み込んだ業務アプリケーションの開発を可能にする、intra-mart AI基盤を実用化したことを発表いたします。業務プロセス(BPM)やIoTなど、イントラマート社が提供する製品・サービスとAI技術を連携させることで、より精度の高い、ビジネスに効果的なインテリジェントシステムの構築が実現可能になります。

2017. 09 .25
「AI推進室」および「ビジネスイノベーション推進室」の新設について

 NTTコミュニケーションズ(以下:NTT Com)は、お客さまのデジタルトランスフォーメーションへのさらなる貢献と、デザイン思考に基づくお客さまとのイノベーションやビジネス共創を推進していくことを目指し、「AI推進室」および「ビジネスイノベーション推進室」を2017年10月1日に新設します。

2017. 09 .25
NTTとトヨタ、生活支援ロボット普及に向けた共同研究を開始
-人とロボットの共生社会を目指して-

 日本電信電話株式会社(代表取締役社長:鵜浦博夫、本社:東京都千代田区、以下NTT)と、トヨタ自動車株式会社(代表取締役社長:豊田章男、本社:愛知県豊田市、以下トヨタ)は、人の役に立ち、人と共生するパートナーロボット普及に向けて、NTTグループ各社が保有するAI技術「corevo®(コレボ)」と、トヨタが開発を進めているパートナーロボットの一つである生活支援ロボット(Human Support Robot:以下、HSR)を活用して、日常生活の様々なシーンにおける行動支援を実現する共同研究を開始しました。

ローカルナビはここからです。