ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

Topics

「corevo®(コレボ)」に関するNTTグループの最新情報をご紹介します。

2016. 09 . 26
人工知能(AI)を活用した危険運転の自動検出に成功
〜ディープラーニング活用で高精度検出を自動化。運転手への教育強化や事故軽減を実現へ〜

 NTTコミュニケーションズ株式会社(以下:NTT Com)および日本カーソリューションズ株式会社(以下:NCS)は、2016年9月に、車両から取得した各種データ(ドライブレコーダーや速度など)を人工知能(AI)により解析する共同実験により、交通事故の原因となり得る危険な運転を高精度で自動検知することに成功しました。今後両社は、路面や交通状況など、AIにより自動認識できる対象を拡大するとともに、映像やセンサー情報のビッグデータ解析を進め、危険運転の検知・解析の高度化を目指してまいります。
 本実験では、NTTサービスエボリューション研究所(以下:NTT研究所)の移動状況推定技術を用いたAIにより、ドライブレコーダーなどで記録される時系列のマルチモーダルデータを分析することで、飛び出してくる自転車などとの接触事故となりかねない危険な運転を約85%の精度で自動検出することに成功しました。このような「出会い頭」の事故は、交通事故の発生状況のうち「追突」に次いで2番目に多く、約24%を占めています。
 なお本AIは、「corevo®(コレボ)」を構成する技術の一つです。

2016. 09 . 15
人工知能(AI)を用いて、化学プラントの製造過程で製品の品質予測に成功
〜ディープラーニングによるモデル化で、20分先の未来の製品品質を高精度で予測〜

 NTTコミュニケーションズ株式会社(代表取締役社長:庄司哲也、略称:NTT Com)と三井化学株式会社(代表取締役社長:淡輪敏)は、ガス製品製造過程において、原料や炉の状態などのプロセスデータと、ガス製品の品質を示すXガス濃度との関係を、AI技術の一種であるディープラーニング(深層学習)を用いてモデル化することにより、プロセスデータ収集時から20分後のガス製品の品質(Xガス濃度)を高精度で予測することに成功しました。
 今後NTT Comは、AI技術の活用による製造機器の故障予防や品質異常の原因究明など、化学プラントの運転効率向上につなげる検討を進めます。またこれらのAIモデルをNTT Comの提供するIoTソリューションに展開していくことを目指します。
 三井化学は、プラント設備の信頼性向上や運転効率化を目指し、IoTやビッグデータ、AIなどを用いた次世代生産技術の活用検討を進めており、引き続き活用可能性を検討してまいります。

2016. 08 . 30
多様なロボットや利用用途に対応可能なクラウドサービスでロボット市場を活性化
〜クラウド型ロボットプラットフォームサービス「ロボコネクト」を9月1日より提供開始〜

·NTT東日本はクラウド型ロボットプラットフォームサービス「ロボコネクト」(以下、本サービス)を2016年9月1日より全国で提供開始いたします。
·本サービスは、ロボットメーカー各社が提供するコミュニケーションロボットを活用して、会話機能やカメラ撮影機能等のアプリケーションサービスを、クラウド上で提供するサービスです。
また、ユーザー管理機能および付加アプリ利用許諾機能を用いることにより、事業者が独自に開発した付加アプリケーションサービスの利用が可能となるため、ロボットの用途を広げることができます。
·第一弾の対応ロボットとして、ヴイストン株式会社(以下、ヴイストン社)が提供するコミュニケーションロボット「Sota®(ソータ)」(以下、Sota®)が本サービスに対応します。
·なお、Sota®に本サービスを導入の上、キューアンドエー株式会社(以下、キューアンドエー社)が提供する本サービスの付加アプリケーションサービス「Sota レク」とあわせてご利用いただくことで、Sota®による介護レクリエーションの進行補助及び自動進行が可能になります。これにより介護事業者は、質の高い介護サービスを提供することが可能となります。
·NTT東日本は今後もロボットメーカー各社と連携し、介護をはじめとした各分野におけるロボット活用を支援してまいります。

2016. 07 . 25
NTTグループのAI技術「corevo®」を実装した共通基盤にて
デバイス連携サービスの合同実証実験を開始

 日本電信電話株式会社(以下:NTT)、株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)、東日本電信電話株式会社(以下:NTT東日本)、西日本電信電話株式会社(以下:NTT西日本)、NTTコミュニケーションズ株式会社(以下:NTT Com)、株式会社NTTドコモ(以下:NTTドコモ)の6社は、NTTグループのAI関連技術「corevo®(コレボ)」用いて、様々な分野・業界にて実証実験を開始致します。
 今回の合同実証実験は、NTTが長きにわたり研究開発を行ってきた音声音響処理技術や機械学習技術、コミュニケーションロボット等各種デバイスとのインタラクション技術等(注)を中心とするNTTグループのAI関連技術「corevo」をクラウド上の共通基盤に実装・共用してNTTグループ各社が合同で実証実験を行うものです。
 この実証実験により、コミュニケーションロボットを中心としたデバイス連携サービスを普及させ、「社会的課題の克服」や「産業競争力の強化」に取り組み、「安心・安全で豊かな社会の実現」を加速して参ります。

2016. 07 . 20
磐田信用金庫においてコミュニケーションロボット「Sota®」の実証実験開始

 株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)と磐田信用金庫は、2016年7月20日より、磐田信用金庫の本店(所在地:静岡県磐田市)にてクラウドロボティクス基盤注1を活用したコミュニケーションロボット「Sota®」による顧客対応支援の実現に向けた共同実証実験を開始します。
 本実証実験は、金融機関実店舗での業務におけるクラウドロボティクス基盤を活用したコミュニケーションロボット活用の可能性を検証することを目的としたものです。「Sota」が磐田信用金庫に来店する顧客と対話し、年齢や性別といった顧客の特性等を把握するため、対話情報の収集を行います。なお、本実証実験は信金業界で初めての取り組みとなります。
 NTTデータは、本実証実験で得た対話情報および職員の助言をもとに、顧客対応業務の支援の幅を広げ、2016年度中に金融機関に向けたサービスの商用化を目指します。また、磐田信用金庫は、NTTデータと共同でコミュニケーションロボットの金融サービス提供の可能性を検討し、本実証実験を基に、顧客対応や商品紹介など顧客へのサービス充実の実現を目指します。

2016. 06 . 27
音声合成サービス「FutureVoice Crayon」に特定用途向け話者、および外国語話者を追加
〜感情表現機能も追加し、さらにバリエーション豊かな音声合成を提供〜

 NTTアイティ株式会社(本社 横浜市中区、代表取締役社長 長谷雅彦)は、「FutureVoice Crayon」(フューチャーボイス クレヨン)に、特定用途向け話者および外国語話者を追加し、2016年7月1日より提供を開始いたします。
 なお、サービス提供開始に先立ち、「FutureVoice Crayon」を6月29日(水)〜7月1日(金)に開催される 第2回 先端コンテンツ技術展(東京ビッグサイト)に出展いたします。

※NTTアイティ株式会社とNTTソフトウェア株式会社は合併し、NTTテクノクロス株式会社を発足いたしました。新会社サイトをご参照ください。  https://www.ntt-tx.co.jp/ 

2016. 06 . 15
「歌詞&音楽動画を活用したアプリ」に関する共同トライアルの実施について

 西日本電信電話株式会社(本社:大阪府大阪市 代表取締役社長:村尾和俊)、エヌ・ティ・ティ・ソルマーレ株式会社(本社:大阪府大阪市 代表取締役社長:苫名明)は、2016年6月より歌詞と音楽動画をリンクさせたアプリ「リリンク」の商用化に向けた検証を行うための共同トライアルを実施します。

2016. 06 . 07
農業・水・環境インフラ分野におけるICTイノベーション創出に向けた連携協定の締結について
〜ICT活用による農業の競争力強化、快適な生活環境の実現〜

 株式会社クボタ(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:木股昌俊、以下 クボタ)、日本電信電話株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鵜浦博夫、以下 NTT)およびNTTコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:庄司哲也、以下 NTT Com)は、クボタが展開する農業・水・環境インフラソリューションに、NTTの研究開発成果やNTT ComをはじめとするNTTグループ各社のICTサービスを組み合わせて、新たな価値を創出することを目的に連携協定を締結しました。
 今後、クボタ、NTT、NTT Comおよびグループ各社が連携し、農業・水・環境インフラ分野での共同開発や共同実験などの活動を進めていきます。

2016. 05 . 31
人工知能を活用したリアルタイム移動需要予測の実証実験を開始
-タクシー運行データ等のビッグデータに人工知能技術を適用し移動需要予測モデルを作成-

 株式会社NTTドコモ(以下ドコモ)は、東京無線協同組合(以下東京無線)、富士通株式会社(以下富士通)、富士通テン株式会社(以下富士通テン)と協力して、ドコモの携帯電話ネットワークの仕組みを利用して作成される人口統計(以下人口統計)に、東京無線のタクシー運行データ(以下運行データ)等をかけ合わせて分析することで、タクシーの利用需要をリアルタイムに予測する「移動需要予測技術」を新たに開発し、交通網の効率化をめざす世界初の実証実験(以下本実験)を2016年6月1日(水曜)より開始いたします。
 今回新たに開発する「移動需要予測技術」は、人口統計や運行データのほか、気象データや周辺施設(POI)データ等に機械学習等の人工知能技術を適用して、タクシーの需要予測モデルを作成し、現在から30分後の乗車数を予測するものです。本実験で、その予測情報を東京無線のタクシードライバーに音声、文字、タブレットの地図上に分布して表示するなどして提供することで、実運用を通じて有効性を判断します。
 このタクシー車両の運行データは富士通テンのタクシー配車システムと富士通が提供する位置情報サービス基盤「SPATIOWL(スペーシオウル)」により収集するものです。

2016. 05 . 30
NTTグループのAI技術「corevo®(コレボ)」によるコラボレーションを展開
〜さまざまなプレイヤーの皆様とのコラボレーションを通じて一緒に革新(レボリューション)を起こす〜

 NTTグループは、「社会的課題の克服」や「産業競争力の強化」といったテーマに取り組むにあたり、さまざまなプレイヤーの皆様とのコラボレーションを推進しています。  このようなコラボレーションをAI(人工知能)分野で、グループ一体となってさらに加速するため、R&Dで培ったAI関連技術群を活用した取り組みを新たなブランドネーム「corevo(コレボ)」に統一いたしました。
 「corevo」には、さまざまなプレイヤーの皆様とのコラボレーションを通じて、一緒に革新を起こす(co-revolution)との思いを込めています。
 「corevo」が提供する技術は、人の活動の一部を代替、支援し、あるいは人の能力を補完し、引き出すためのAI技術です。今後、NTTグループ各社は「corevo」を横断的に活用することで、コラボレーションパートナーや自治体の皆様と共に新たな価値の創造をめざします。

ローカルナビはここからです。