NTTグループ

NTT

ナビゲーションをスキップしてコンテンツへ

NTTホームページへ

NTTグループについて
ニュースリリース
各社へのご案内
商品・サービス
社会環境活動・災害対策
NTT(持株会社)について
社長会見より
会社案内
株主・投資家情報
研究開発
採用のご案内

NTT HOME  >  NTTグループのCSR  >  CSR年次報告サイト2010  >  特集 生物多様性の保全 - 取り組みの考え方

  • English
  • Chinese

特集 生物多様性の保全のカテゴリメニューです。このメニューを読み飛ばし、本文へ

ここは本文です。

私たち人類の暮らす地球には、海洋や河川、森林、湿原などさまざまな環境があり、非常に多様な生物種が生息しています。これらから形成される生態系は、水や食料などの資源の供給、気候調整など、人類に対してなくてはならない恩恵をもたらしてくれます。

しかし、生態系は、環境や生物種の多様性が損なわれると劣化するものであり、絶滅危惧種の増加などに代表される生物多様性の急激な劣化が世界的な問題になっています。この問題に対処すべく国際的な取り組みが進められており、2010年10月には生物多様性条約第10回締結国会議(COP10)が名古屋市で開催されます。

こうした状況を踏まえて、「NTTグループ地球環境憲章」に新たに「生物多様性の保全」に関する基本方針を追加することを2010年11月に公表。併せて「取り組みの考え方」(下記)を定め、これにそって、NTTグループ各社の事業が生物多様性に与える影響を調査・分析し、その結果をもとに各社がこれまで進めてきた取り組みを見直し、発展させていきます。さらには、生物多様性に関する定量目標を設定し、その達成に向けてPDCAサイクルで取り組みを継続的にレベルアップしていくことを目指します。

NTTグループ
地球環境憲章
基本方針(一部抜粋)

生物多様性の保全
生物多様性と事業との関わりを把握し、生物多様性を将来世代に引き継ぐために取り組みを推進する。

NTTグループ 生物多様性 「取り組みの考え方」

(1)事業活動を軸とした展開
あらゆる活動が地球上でつながり生物多様性と関わりが深いことを認識し、事業特性に応じて関係する国内外の活動範囲とその影響を把握し、保全効果が認められる取り組みを継続的に推進します。
(2)社会への貢献を軸とした展開
事業との関連性にとらわれず広く、生物多様性の保全に向けた取り組みをステークホルダーとともに推進し、その成果を情報公開していきます。

現在、このページの2分の1程度です。

ページのトップへ戻る

有識者からのメッセージ

日々の業務が、生物多様性にどのような影響を与えているか、精査するところからはじめて欲しい

株式会社レスポンスアビリティ 代表取締役 企業と生物多様性イニシアティブ(JBIB)事務局長 足立 直樹氏

株式会社レスポンスアビリティ 代表取締役 企業と生物多様性イニシアティブ(JBIB)事務局長 足立 直樹氏の写真を掲載しています。

グループで20万人の社員を擁し、情報通信分野において多岐にわたる事業を推進するNTTグループが生物多様性に関するグループ統一の「基本方針」を定めたことは高く評価できます。また、今後、方針に基づく各社の具体的な行動計画が出てくるということで、実効性のある取り組みを期待します。

ただ、そうした積極的な企業グループであるからこそあえて申し上げておきたいのは、生物多様性を社会貢献活動のひとつとしてではなく、本業との関連性を考えて、グループ全員で取り組んで欲しいということです。一般的に、社員の方々は仕事の成果を出すことには熱心であっても、日々の業務が生物多様性にどのような影響を与えているかまではなかなか考えたり把握したりする機会はないのではないかと思います。

そこでこうした基本方針の策定を契機に、各社が具体的に生態系にどんな負荷を与えているのか、事業ごと、できれば業務ごとに詳細に地球環境への影響を精査するところからアクションを開始してはどうでしょうか。

また、そうして調べた事実をもとに、事業リスクや事業機会の観点から行動計画を立案し、優先順位をつけていくとよいでしょう。

行動計画には、その企業の本気度が表れます。日本最大の企業グループであるNTTグループであればこそ、ぜひ高い目標を掲げて産業界をリードしていって欲しいと思います。

ページのトップへ戻る

本文はここまでです。CSRのメインメニューへ戻る

ページトップ