NTTグループ

NTT

ナビゲーションをスキップしてコンテンツへ

NTTホームページへ

NTTグループについて
ニュースリリース
各社へのご案内
商品・サービス
社会環境活動・災害対策
NTT(持株会社)について
社長会見より
会社案内
株主・投資家情報
研究開発
採用のご案内

NTT HOME  >  NTTグループのCSR  >  CSR年次報告サイト2010  >  特集 NTTグループ環境ビジョン - 環境ビジョンとその背景

  • English
  • Chinese

ここは本文です。

特集 2020年度に向けた新たなNTTグループ環境ビジョン

NTTグループは、環境保護に関して「温暖化防止」「廃棄物削減」「紙資源削減」という3つの重点活動項目を定めて取り組んできました。これら重点活動項目に「生物多様性の保全」を加えて、2010年11月、2020年度に向けた新たなNTTグループ環境ビジョン「THE GREEN VISION 2020」を制定。
今後、グループの全員が一丸となって、この新たなビジョンを実現していきます。

関連リンク:NTTグループのCSR重点活動項目
http://www.ntt.co.jp/csr/portal/csrmanagement01.html

「THE GREEN VISION 2020」のロゴを掲載しています。

NTTグループは、人類と地球が調和し社会の持続可能な発展を実現するため、
2020年に向けてICTとグループ社員力で歩み続けます。
地球環境における「低炭素社会の実現」、「循環型社会の形成」、「生物多様性の保全」を
未来にわたって取り組むべき3つの環境テーマとしてとらえ、
「Green of ICT」、「Green by ICT」、「Green with Team NTT」の
3つのアクションで推進していきます。

現在、このページの2分の1程度です。

ページのトップへ戻る

NTTグループの環境への取り組み経緯

NTTグループは1991年に「NTT地球環境憲章」を定め、地球環境保護に取り組んできました。その後に制定した「NTTグループ主要行動計画目標」や「NTTグループ環境貢献ビジョン」のもとで、2010年度を達成期限とする目標を設定。その全てを2010年度に達成したことを受けて、「NTTグループ地球環境憲章」の基本方針に「生物多様性の保全」を追加したうえで、2020年度までの新たなビジョンを策定しました。

1987年
電力消費量を削減する取り組み(Save POWER運動)を開始
1991年
「NTT地球環境憲章」を制定
グループ全体で地球環境保護に取り組むための体制を整える
1997年
「TPR(トータルパワー改革)運動」の開始
電力消費量の抑制にNTTグループ一丸となって取り組む
1999年
「NTTグループ地球環境憲章」を制定

NTTグループ地球環境憲章

基本理念
人類が自然と調和し、未来にわたり持続可能な発展を実現するため、NTTグループは全ての企業活動において地球環境の保全に向けて最大限の努力を行う。
基本方針
  1. 法規制の遵守と社会的責任の遂行
  2. 環境負荷の低減
  3. 環境マネジメントシステムの確立と維持
  4. 環境技術の開発
  5. 社会支援等による貢献
  6. 環境情報の公開
  7. 生物多様性の保全(2010年に追加)
関連リンク:基本方針とマネジメント体制
http://www.ntt.co.jp/csr/2010report/ecology/management.html
「NTTグループ主要行動計画目標」を制定(2010年度の目標を制定)
  • 通信設備の電力使用にともなう「温室効果ガス」
  • 通信設備の建設・撤去、オフィスから発生する「廃棄物」
  • 電話帳などの「紙資源」
関連リンク:2009年度の目標・実績・評価
http://www.ntt.co.jp/csr/2010report/ecology/result.html
2006年
「NTTグループ環境貢献ビジョン」を制定
ICTサービスの開発・普及によってお客さまや社会の環境負荷低減への取り組みを実施
関連リンク:基本方針とマネジメント体制
http://www.ntt.co.jp/csr/2010report/ecology/management.html
2010年
「THE GREEN VISION 2020」を制定

ページのトップへ戻る

本文はここまでです。CSRのメインメニューへ戻る

ページトップ