NTTグループ

NTT

ナビゲーションをスキップしてコンテンツへ

NTTホームページへ

NTTグループについて
ニュースリリース
各社へのご案内
商品・サービス
社会環境活動・災害対策
NTT(持株会社)について
社長会見より
会社案内
株主・投資家情報
研究開発
採用のご案内

NTT HOME  >  NTTグループのCSR  >  CSR年次報告サイト2010  >  トップメッセージ

  • English
  • Chinese

ここは本文です。

トップメッセージ

サービス創造グループを目指し、社会の持続的発展に貢献していくために、NTTグループ一体となってCSRに取り組んでいきます。

サービス創造グループを目指して

NTTグループは、情報通信産業の責任ある担い手として、2008年5月に策定した中期経営戦略「サービス創造グループを目指して」に基づき、ブロードバンド・ユビキタスサービスの拡大に取り組んでいます。

情報通信技術(ICT)の世界は技術革新のスピードが非常に速く、ブロードバンド化・ユビキタス化と同時にグローバル化が大きく進展し、パラダイムの転換が起こっています。さまざまな情報サービスをいつでもどこでも利用できるクラウドコンピューティングはその一例であり、多彩なコンテンツやアプリケーションが国内外の事業者から提供されるようになりました。こうした変化の背景には、光通信網をはじめとする固定ブロードバンドアクセスや3G携帯電話、無線LANなどによるモバイルブロードバンドアクセスの拡大があります。

私たちNTTグループは、サービスの基盤となるこれらのネットワークの構築をいっそう進めるとともに、さまざまなパートナーとの協業やNTTグループの総合力を発揮することにより、サービスを創造し、イノベーションを通じて経済成長に貢献していきます。そして、CSRの重要課題である低炭素社会の実現をはじめ、さまざまな社会的課題の解決にも貢献していく考えです。ICTの利活用を通じた豊かな社会の実現と持続的発展に向け、NTTグループはCSRを推進していきます。

日本電信電話株式会社 代表取締役社長 三浦 惺(さとし)の写真を掲載しています。

社会的課題に対するICTの利活用

低炭素社会の実現に向けては、(1)「Green of ICT」、(2)「Green by ICT」に加え、(3)「Green with Team NTT」の3つのアプローチで取り組んでいきます。具体的には、(1)データセンタや通信設備の省電力化など、ICT自体における環境負荷の低減、(2)テレワーク、テレビ会議など、ICTの利用促進による社会全体の環境負荷の低減、そして、(3)グループ社員一人ひとりの活動で、職場、家庭および地域における環境負荷の低減に取り組んでいく方針です。2010年度は低炭素社会の実現をひとつの柱とした、「NTTグループ環境ビジョン(THE GREEN VISION 2020)」を新たに策定し、2020年度に向け環境負荷の低減に向けた取り組みを進めていきます。

このほかにも、ICTの利活用を進めることで、少子高齢化への対応や、医療や介護の充実、教育の質の向上など、さまざまな社会的課題の解決に貢献できると考えています。これらはいずれ他の諸国とも共通の課題になるといわれています。世界に先駆けてその解決のためのモデルを創り、「課題解決先進国」として他国に展開することができれば、国際的にもたいへん有意義な活動となります。

ステークホルダーの期待に応えていくために

2009年度は、「NTTグループCSR重点活動項目」に基づき、グループ一体となってCSRの取り組みを強化することができました。その一方で、お客さま情報の不適切な取り扱いなどの不祥事が判明したことについては、厳粛に受け止めており、業務の適正な運営の確保に向けて、情報管理やコンプライアンスのいっそうの強化・徹底に努めていく所存です。

2010年度は、生物多様性条約第10回締約国会議の日本開催や、社会的責任の国際標準規格ISO26000の発行などを控えています。従来から取り組んできた、生物多様性保全や人権啓発に関する取り組みの継続と強化はもちろんのこと、世界的にも企業活動に求められる責任がますます重要視されていることを再認識し、いっそうの取り組みを進めていきたいと考えています。

今後もさらに、ステークホルダーの皆さまとのコミュニケーションを大切にしていきたいと考えておりますので、引き続き、皆さまから忌憚のないご意見を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

ページのトップへ戻る

本文はここまでです。CSRのメインメニューへ戻る

ページトップ