ページの先頭です。

NTTグループのロゴ トップページにリンクします

文字表示

コンテンツエリアはここからです。

ここから本文です。

CSRマネジメント体制

CSR重点活動項目に基づいてグループ全体でPDCAを実践しています。

NTTは、CSRを継続的かつ適切にマネジメントしていくために、2005年6月に副社長を委員長とし、副社長以下の全取締役で構成される「CSR委員会」を設置しました。また、内部委員会として「地球環境保護推進委員会」「社会貢献推進委員会」を設置し、体系的・継続的にCSRを推進しています。

こうした体制のもと、「NTTグループCSR 重点活動項目」の設定とあわせて2008年度に策定した「NTTグループCSR活動要領」に基づき、重点活動項目の実施状況のPDCAを相互に確認し合いながら、グループとして一体感のあるCSRを推進しています。

さらに、PDCAの実効性を高めていくために、2010年度からCSRと事業計画マネジメントとの関連づけを推進。今後もCSRと経営課題の統合に向けて、グループ一体的な取り組みを推進していきます。

NTTグループのCSR推進体制
NTTグループのCSR推進体制を表した図です。副社長を委員長とする「CSR委員会」が中心となって、体系的・継続的にCSR活動を推進しています。

グループCSR連絡会やワーキンググループを通じて、グループ一体的な活動を推進

一体的なCSR推進のために定期的に開催している「グループCSR連絡会」の様子を写した写真を掲載しています。

グループCSR連絡会の様子

グループ一体的なCSRの推進に向けて、「グループCSR連絡会」を定期的に開催し、グループ共通課題に対する議論や各社優良事例の共有などを行っています。また、「グループCSR重点活動項目検討会」、社員参加型環境貢献施策の検討を行う「Green with Team NTT推進ワーキンググループ」など、課題・テーマ別に各種ワーキンググループを設置し、グループ横断的なプロジェクトを通じて、よりグループ一体的な活動の推進をめざしています。

社会全体でのCSR意識向上をめざして「環境・社会報告書シンポジウム」を開催

2013年12月に開催された「環境・社会報告書シンポジウム」の様子を写真で掲載しています。

環境・社会報告書シンポジウムの様子

NTTグループは、環境省と経済産業省の後援のもと「環境・社会報告書シンポジウム」を主催しています。社会から求められる報告書の姿を調査・分析し、公開することで、各企業の担当者に、CSRの取り組みおよび報告書作成に関する“気づきの場”としていただくことを目的としています。

14回目となる2013年度は12月に開催し、約300人の方々にご来場いただきました。『2020〜30年に備えた人材ポートフォリオ〜「組織は未来に備えているか」』をテーマとしたパネルディスカッションと、国内と海外のアンケート結果の比較を踏まえた意識調査の報告が行われました。

また、2014年2月には、今までNTTグループ各社がそれぞれ実施していたCSRの取り組みをいっそう浸透させることを目的として、2014年2月に「NTTグループCSRカンファレンス」を開催しました。

「環境・社会報告書シンポジウム」における講演者の様子を写真で掲載しています。
「環境・社会報告書シンポジウム」の会場内の様子を写真で掲載しています。
2014年2月に開催された「NTTグループCSRカンファレンス」の会場内の様子を写真で掲載しています。

「NTTグループCSRカンファレンス」の開催

2014年2月に開催された「NTTグループCSRカンファレンス」の会場内の様子を写真で掲載しています。 2014年2月に開催された「NTTグループCSRカンファレンス」の会場内の様子を写真で掲載しています。

NTTグループCSRカンファレンスは、「NTTグループCSR重点活動項目」に沿ったCSR優良施策をグループ各社から募集し、集まった60以上の施策の中から、優良施策9点を選定。選ばれた施策の担当者をはじめ、各社のCSRおよび環境担当者、さらにはCSRに興味を持つ社員など140人が集まって開催されました。

CSR優良施策発表会では、各施策の担当者から、施策の目的やきっかけ、工夫したことや成果、今後の展望などが語られ、発表後には参加者から意見や感想、質問が寄せられました。カンファレンスの最後には、各社のCSR担当責任者により構成された審査員の選考により、「社会的課題の大きさと解決の度合い」「新規性・目新しさ」「ビジネス展開の可能性などに向けた将来性」などの観点から、第1回NTTグループCSR大賞として1施策が選ばれました。

参加者からは「他社の取り組みが深いところまでわかった」「自社が社会に役立っていることがわかって誇らしい」といった声が聞かれるなど、グループ社員へのCSR意識の浸透を促す結果となりました。次年度以降も継続的に開催し、より多くの施策や参加者を募り、CSR意識のさらなる浸透を図っていきます。

「NTTグループCSRカンファレンス」発表施策

第1回NTTグループCSR大賞

  • 緊急医療における「たらい回し」を抑制するクラウド型システムNTT DATA

優良施策

  • 災害に強く、シームレスな地域医療連携の実現NTT東日本
  • 環境負荷低減に向けたエネルギー利用の最適化の実現NTTファシリティーズ
  • センサネットワークによる絶滅危惧種の生育環境センシングNTT先端技術総合研究所
  • 東山動植物園花いっぱいプロジェクトへの参加NTTビジネスアソシエ西日本
  • 石巻市における「災害に強い情報連携システム」の構築NTTコミュニケーションズ
  • 橋梁モニタリングシステム「BRIMOS®NTT DATA
  • 障がい理解促進施策を通じたCSR活動と働きやすい職場環境に向けての取り組みNTTクラルティ
  • 東北復興支援ボランティアNTTドコモ

本文はここまでです。CSRのサブコンテンツです。

フッタエリアはここからです。