ページの先頭です。

NTTグループのロゴ トップページにリンクします

文字表示

コンテンツエリアはここからです。

ここから本文です。

NTTグループの研究開発

社会的課題の解決に貢献するイノベーション。

R&Dの取り組み

NTTのR&Dは、世界をリードする技術を生み出し、社会や産業、学術の発展に寄与していくという理念のもと、約2,500名の研究者が基礎研究から事業会社のビジネス展開を支える研究開発まで幅広くかつ多様な研究を行っています。NTTグループの成長力の源泉となる研究開発として、競争力のある技術を創造するとともに、さまざまな企業や大学、研究機関とのオープンイノベーション・コラボレーションを通じて、新たな価値の創出につなげています。

NTTグループの研究開発に関する体系図を掲載しています。

現在、このページの4分の1程度です。

このページの先頭へ

中期経営戦略達成に向けた取り組み

グローバル・クラウドサービスの拡大

クラウドサービスの付加価値向上に向け、クラウド移行支援技術や、多様なニーズに迅速に対応するためのクラウド基盤の研究開発を行っています。また、クラウドの利用における不正アクセスなどのセキュリティ脅威やデータ消失等に対する不安を払拭するために、世界トップレベルのマルウェア対策技術やセキュリティマネジメント技術、暗号技術など、十分な防御を行う技術を開発し、クラウドビジネスの差異化を図っています。

ネットワークの競争力強化

仮想化技術を活用した次世代のキャリアネットワークの研究開発に取り組んでいます。NFV(Network Functions Virtualization)やSDN(Software Defined Networking)といった仮想化技術を用いて、安価な汎用サーバ上で信頼度の高いネットワークサービスを実現するとともに、必要なサービスを柔軟・迅速に提供する技術を開発しました。これらの技術により、ネットワークの効率的な運用が可能となり、CAPEX/OPEXの削減が期待できるとともに、お客さまやパートナー企業の皆さまに対して柔軟にネットワーク機能を提供できるようになります。

仮想化技術を活用した次世代のキャリアネットワークの研究開発について説明すた図を掲載しています。

現在、このページの4分の2程度です。

このページの先頭へ

さまざまな分野・業界の価値を高めるNTTのR&D

NTTの研究開発の「過去」「現在」「これから」におけるそれぞれの役割や創出すべき価値について図示しています。

通信事業者の役割は、人と人をつなぐ「電気通信」から、人と情報をつなぐ「情報通信」へと変化してきました。NTTグループが今後、さまざまな分野・業界の価値を高めるパートナーとなり、日本における総人口の減少や少子高齢化といった社会的課題の解決に貢献していくとともに、未来に向けた社会全体の快適さ、豊かさを実現していくために、多様なニーズに応えた技術の提供を通じ新たな価値の創出を加速してまいります。

オープンイノベーション・コラボレーションの取り組み

NTTグループでは、今後、光コラボレーションモデルにより、さまざまな分野・業界とICTのコラボレーションによる新たな価値の創出を一層加速していきます。R&Dの面でも、お客さまの多様なニーズに応えるため、さまざまなパートナー企業の皆さまとのコラボレーションを通じてイノベーションを起こしていきます。

東レ(株)との共同開発〜機能素材「hitoe」〜
機能素材hitoe(ヒトエ)の写真と、ロゴデータを掲載しています。

機能素材「hitoe」

hitoe(ヒトエ)を使用した生体情報計測用ウェアの写真を掲載しています。ウェアの左胸についたhitoe(ヒトエ)が生体情報を計測します。

「hitoe」を使用した生体情報計測用ウェア

心拍数・心電波形を計測し、携帯端末に映し出すイメージ写真を掲載しています。

心拍数・心電波形計測イメージ

着るだけで心拍数や心電波形などの生体情報を確認できる機能素材「hitoe」を東レ(株)と共同で開発、実用化しました。この素材を使用した生体情報計測用ウェアを着用することで、職場、スポーツ、運転中など日常生活のさまざまなシーンで生体情報を快適かつ簡単に計測できるようになります。

NTT×(株)ドワンゴのコラボレーション 〜全天球映像向けインタラクティブ視聴技術〜

NTTとniconico(ニコニコ動画、ニコニコ生放送)などを手がける(株)ドワンゴは、ライブ会場に設置した360度撮影できる全天球カメラの映像を、ヘッドマウントディスプレイを通して、全方向を自由に視聴できる新しいサービスのプロトタイプをコラボレーション開発しました。視聴者がどの方向を向いても高品質な映像が視界を覆うため、あたかもその場にいるかのような臨場感あふれる新しい映像体験を実現しました。

全天球映像向けインタラクティブ視聴技術について図示しています。

現在、このページの4分の3程度です。

このページの先頭へ

Top 100グローバル・イノベーターを3年連続で受賞

トムソンロイター社が世界の革新的企業100社を選出する「トップ 100 グローバル・イノベーター」の選定ロゴマークを掲載しています。

NTTは、トムソン・ロイター(本社:米国・ニューヨーク)が世界の革新的企業100社を選出する「Top 100グローバル・イノベーター」を2011年、2012年、2013年と3年連続で受賞しました。これは、研究開発の先進性と、それによって生み出された発明・成果の価値がグローバルに認められたものと考えています。

本文はここまでです。CSRのサブコンテンツです。

フッタエリアはここからです。