ページの先頭です。

NTTグループのロゴ トップページにリンクします

文字表示

コンテンツエリアはここからです。

ここから本文です。

健康に、安心して働ける職場づくり

労働安全衛生の徹底

NTTグループ
安全・健康を確保するため管理体制の確立と日常的な管理意識を醸成

NTTグループにおける労働安全衛生については、関係法令などの遵守はもとより、安全管理および健康管理を目的に「安全管理規程」、「健康管理規程」などを定め、さらなる安全および健康の確保を行うとともに、業務の円滑な運営に向けた取り組みを推進しています。

具体的には、安全管理担当者などを配置するなどの安全管理体制の確立をはじめ、定期健康診断、産業医などによる職場巡回を実施するなど、安全で働きやすい職場づくりや、社員などの健康の保持・増進に向けた取り組みを行っています。

2012年12月からは、NTT健康保険組合、NTT東日本関東病院とともに、最新ICT技術を活用して生活習慣病の予防を図る「健康増進トライアル」を実施しました。また、2014年4月からNTT健康保険組合では、被保険者および被扶養配偶者を対象に健康ポイント制度を導入しています。こうした取り組みを、社員の健康状態の維持・向上とNTTグループ自らの医療費低減に役立て、そこで得られたデータやノウハウを、自治体や法人顧客向けのサービスに展開することで、社会への貢献をめざしていきます。

現在、このページの2分の1程度です。

このページの先頭へ

NTTグループ
人身事故ゼロ化に向けた取り組み

NTTグループでは、「人身事故等撲滅委員会」を設置し、重大人身事故に関する原因究明・再演防止策のチェック、必要な助言・指導を行うとともに、グループ統一施策を展開しています。

NTTグループ各社においては、パートナー企業とも一体となって安全管理体制の強化に取り組んでいます。

2013年度は、NTTグループ発注の電気通信工事および故障修理において、重大人身事故が24件発生しました。事故内容として、高所作業中の転落事故、バケット車の操作誤りによる事故などの類似事故が継続して発生したことから、高所作業車の高機能化(小型化や安全機能の実装など)や台数拡充などの再発防止策を実施しました。また、一般車両による飛び込まれ事故で死亡事故が発生したことから、保安設備の機能検証を実施し、配置ルールに反映させています。

同時に、2013年度の事故は大半が基本動作の不徹底に起因して発生していることから、NTTグループ各社の安全担当者が定期的に会議を行ってヒヤリハット事例や事故情報を共有・活用するなど、個々人の安全意識をさらに向上させる取り組みをグループ一体となって推進しています。

このほか、前年度に引き続き、6月1日〜7月7日をNTTグループ安全推進強化期間に設定し、NTTグループ統一の安全ポスターを掲示するなどして、人身事故ゼロ化に向けた安全施策への理解促進を図っています。

NTT東日本

  • 高所安全作業の推進に向け、定期的な昇柱訓練を継続して実施。また、高所作業を安全に実施するための資格認定制度を導入し運用中。
  • 社員一人ひとりへの安全意識の向上、職場風土の醸成を目的とし、安全に関する議論・討論を6〜8人単位で行う「小集団活動」を実施。また、より効果的に運営するため、各小集団を束ねるリーダー向けの動機づけ研修を行った。

【2013年度の人身事故件数】

  • 発生件数:10件

NTT西日本

  • 道路上で作業を行う際の車両による飛び込まれ事故の防止策を強化し、防壁車両の配置や、保安施設の適切な設置、車両停止装置の配備などを実施。
  • 安全指導力の強化のため、各ブロックの代表者が中央労働災害防止協会の主催するリーダー向け研修に参加。
  • 安全活動推進の心構えやKYT(危険予知訓練)に関する講習会を実施し、安全リーダーの育成に取り組んでいる。

【2013年度の人身事故件数】

  • 発生件数:11件

NTTドコモ

  • 安全パトロールを強化し、現場作業員の安全意識の向上を図るとともに、現場KY(危険予知)や各種安全対策の履行を徹底。
  • 過去の特殊車両や高所での事故事例を踏まえ、協力会社と合同で「特殊車両の特性習得研修」、「高所作業技能研修」を実施。
  • 発注者としての安全管理スキルの向上を目的として、全国のNTTドコモグループ社員を募り、KYT(危険予知訓練)演習や各種法令、高所作業演習、車両の特性などを習得する「ドコモ安全研修」を実施。
  • 安全総点検を実施。チェックリストに基づいて全現場、全作業班の安全施策、事故防止状況、作業手順および基本動作などを確認。
  • 安全意識調査を実施。現場作業員に過去の事故事例の認識などをヒアリングし、各現場での安全措置等の状況を再確認。

【2013年度の人身事故件数】

  • 発生件数:1件

NTTファシリティーズ

  • 全国の事業所において安全計画を策定・運用するPDCAサイクル管理を実施。
  • 四半期ごとに全社員を対象とした安全eラーニングを実施し、安全意識の高揚を図るとともに、実務に関わる社員を対象とした基本動作定着確認するe-SQATを実施。
  • 2013年度の安全eラーニングでは、「2Way作業」「5S」など安全の基本事項を再認識するとともに、グループで発生した人身事故も含めて直近の事故事例を振り返り、一人ひとりの安全意識の醸成を図った。
  • NTTグループと連携した安全会議などへ参画し、NTTグループで発生した事故情報の共有を実施。
  • 協力会社に対し「安全情報共有Web」を活用した事故情報の共有を実施。

【2013年度の人身事故件数】

  • 発生件数:1件

本文はここまでです。CSRのサブコンテンツです。

フッタエリアはここからです。