ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

報告項目重点活動項目
バリューチェーン・マネジメントの強化

マネジメントアプローチ

重要活動項目とした背景

近年、企業には、自社グループのみならず、原料・資材の調達から廃棄・リサイクルに至るバリューチェーン全体までを含めて、人権への配慮、環境負荷の低減などのESGリスクや持続可能性への影響を把握することが求められています。

NTTの中期経営戦略「新たなステージをめざして2.0」でも、B2B2Xやグローバル・クラウドの拡大をめざしており、今後さらにバリューチェーンがグローバルに拡大していくと予想されることから、今後バリューチェーン・マネジメントを一層強化していく必要があると考えています。

マネジメントの方法・体制

NTTグループのバリューチェーン・マネジメントは、当社が制定した「調達基本方針」に基づく各種ガイドラインをサプライヤの皆さまに遵守していただくことを基本としています。またそのためには、サプライヤの皆さまと信頼のおけるパートナーシップを構築することが重要と考えています。2013年12月には、CSR調達をさらに進めるため「サプライチェーンCSR推進ガイドライン」を制定し、このガイドラインに基づいたサプライヤのリスク評価を実施しています。また、環境に関する具体的な要請事項としては「グリーン調達ガイドライン」や「省エネ性能ガイドライン」を制定し、サプライヤの皆さまに要請事項の遵守を求めています。

確認された高リスクサプライヤ件数

年度 件数
2015 0件
2016 0件

おすすめコンテンツ

ご意見・お問い合わせ

フッタエリアはここからです。