ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

報告項目重点活動項目
魅力ある職場の実現

マネジメントアプローチ

重要活動項目とした背景

優秀で多様な人材の長期的な定着は、組織の強力な経営基盤となります。そのために公正な評価、機会均等、成長機会の提供、福利厚生などの雇用環境の整備が必須です。また、近年は就職活動を行う学生も企業の福利厚生や働きやすさを考慮して就職活動を行っており、優秀な人材を確保する観点でも魅力的な職場を実現することが重要になっています。

マネジメントの方法・体制

NTTグループは、近年社会で関心の高い男女の雇用機会と評価や処遇の平等、ハラスメントの防止、ワーク・ライフ・マネジメントの推進など、各種の制度整備とともに、誰もが働きやすいと感じることのできる企業風土の醸成にも取り組んでいます。優れた人材のモチベーションを高く維持するためには、本人が納得できる公正な人事評価が大前提であると考え、2013年に人事・給与制度を再構築しました。NTT独自の社員資格制度に基づいて能力開発、評価、査定等をトータルに行う評価システムを採用しています。

また各種の取り組み成果を測定する指標として、NTTグループで働く社員の仕事や職場に対する満足度調査をグローバル規模で行っています。調査で得られた指標を継続的にモニタリングすることで、NTTグループにおける課題を把握し、魅力ある職場づくりに役立てていきます。

おすすめコンテンツ

ご意見・お問い合わせ

フッタエリアはここからです。