ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

ステークホルダー・エンゲージメント

基本的な考え方

NTTグループは、「NTTグループCSR憲章」を指針として「人と社会と地球がつながる安心・安全で豊かな社会の実現」をめざしています。NTTグループは、グローバルに広がり複雑化するバリューチェーンを持ち、世界各地の多様なステークホルダーに製品・サービスを提供しています。その中でステークホルダーは、私たちの事業に対してさまざまな要望や期待を持っています。それら要望や期待を理解し、事業活動に反映するうえで、ステークホルダー・エンゲージメントが役立ちます。特に社会・環境問題に関しては、ステークホルダーの声にできる限り応えていくことが、社会との信頼関係を築くと同時に、企業競争力を高め、説明責任を遂行することにつながります。

ステークホルダーの信頼にもとづいた事業活動と価値創造をしていくために、ステークホルダー・エンゲージメントにはグローバルかつ戦略的なアプローチが重要です。NTTグループのステークホルダー・エンゲージメントは、グローバルスタンダードであるAA1000SES、および AA1000APSの一部にもとづいており、NTTグループの事業活動の全てを対象としています。全てのグループ会社がこの同じ考え方に則ってステークホルダー・エンゲージメントを実行することで、ステークホルダーとともに、より有意義な価値創造をしていくことをめざしています。なお、全てのエンゲージメントは、関連する法規制に従って実施しています。

NTTグループはステークホルダー・エンゲージメントにより、以下のようなプラスの効果を得ることができます。

  • 新たな社会・環境課題のトレンドを特定し、それらを戦略策定に反映する
  • 潜在的なリスクを特定し、その対応策を見出す
  • 適切にブランドを管理する
  • 新たなビジネスの機会や、協働・イノベーションの機会を見出す
  • 地域社会との関係を向上させ、ステークホルダーの期待を意思決定に考慮することによって、円滑な事業運営を実施する
  • NTTグループに対するステークホルダーの意見についての理解を深める
  • ステークホルダーからの意見や期待にもとづき、より持続可能なビジネスの意思決定を行う

また、ステークホルダー・エンゲージメントによって、ステークホルダーに対し、以下のようなプラスの効果をもたらします。

  • NTTグループの戦略やプロジェクトについての理解
  • ステークホルダーの要望や期待に対するNTTグループからのフィードバックの提供

ステークホルダー・エンゲージメントの計画

ステークホルダー・エンゲージメントを実施する前には、その目的、範囲、責任、対象、レベルおよび手法を決定します。加えて、ステークホルダー・エンゲージメントによる潜在的リスクの評価も必要と考えています。

  • エンゲージメントの目的
    関連するステークホルダーとのエンゲージメントにおいて達成したい目標を設定します。
  • エンゲージメントの範囲
    エンゲージメントのテーマ、エンゲージメントに関与する会社・組織、スケジュールを決定します。エンゲージメントに必要な予算や適切な人材も決定します。

上記の目的と範囲の決定には、ステークホルダーの意見を必要とする場合があり、エンゲージメントの過程でより適切な内容に変更する場合があります。

  • エンゲージメントの責任
    エンゲージメントの計画と実行に関して、全体的な責任を負う組織や社員(個人・複数)を決定します。
  • エンゲージメントの対象
    エンゲージメントの対象となるステークホルダーを決定します。これらのステークホルダーは、以下の項目を考慮して特定します。
    • ステークホルダーの関心と責任
    • ステークホルダーの専門性とエンゲージメントの能力
    • ステークホルダーの影響力
    • NTTグループのエンゲージメントに対するステークホルダーの意欲
    • ステークホルダーのNTTグループへの依存度
    • 特定のステークホルダーとのエンゲージメントにおけるNTTグループにとっての価値
    • 特定のステークホルダーとのエンゲージメントにおけるNTTグループにとってのリスク
  • 事業環境が日々刻々と変化する中、ステークホルダー・エンゲージメントをNTTグループの価値創造へと確実につな げるために、各ステークホルダーの位置付けや関係性を定期的に確認しマッピングすることが重要です。ステークホル ダーマップの策定は、エンゲージメントを実施する際に関連するステークホルダーを特定するうえで役立つと考えてい ます。

    エンゲージメントのレベルと手法

    エンゲージメントのレベル エンゲージメントの手法の例
    モニタリング メディアなど、一方向のコミュニケーションの確認
    情報提供 文書やウェブサイト、講演および報告書などを通した、会社からステークホルダーへの情報提供
    対話 調査やフォーカスグループ、ワークショップなど会社とステークホルダー間の双方向のコミュニケーションによって、両者の関心を理解する
    会社の意思決定への関与 アドバイザリーボードやステークホルダーダイアログなどによる会社とステークホルダー間の双方向コミュニケーションによって、ステークホルダーが会社の意思決定に関与する
    コラボレーション(協働) ジョイントベンチャーや特定のプロジェクトにおけるパートナーシップを提携し、協働でプロジェクトを実行する

ステークホルダー・エンゲージメントの実行

エンゲージメントの実行中は、エンゲージメントに関する両者の期待を議論し、決定します。その際には以下を考慮しています。

  • 参加者の役割および寄与のレベル
  • スケジュールやエンゲージメント方法を含むプロセスの詳細
  • エンゲージメントの方向性や必要となる資料のタイムリーな提供
  • 秘匿情報などを含む必要とされる情報開示のバウンダリー
  • エンゲージメントの結果についてのコミュニケーション

上記の点を考慮することで、当初作成したエンゲージメント計画の修正が発生する可能性があります。その場合、ステークホルダーの要請と、当初計画におけるNTTグループ側の意図を加味して計画を修正します。また、マルチステークホルダーが参画するイベントなどを開催する場合においては、互いのリスクを最小化し価値を最大化するために、全てのステークホルダーが、バランスのとれた参画ができるようにしています。

ステークホルダー・エンゲージメントのフォローアップとレビュー

エンゲージメントの終了後、エンゲージメントの結果について、参加したステークホルダーや社内に対して報告します。あわせて、必要に応じて社外へのWebサイトやレポートなどを通して情報開示をします。このようなコミュニケーションには、目的、範囲、方法およびエンゲージメントへの参加者に関する情報が含まれます。また、エンゲージメントにおいて生じた問題や懸念事項を含むエンゲージメントに関する概要や、エンゲージメントの成果に対するNTTグループとしての対応なども含まれます。

今後実施するエンゲージメントをよりよいものにするために、エンゲージメントの成果の評価や、エンゲージメントのプロセスそのもののレビューを実施することも重要と考えます。エンゲージメントおよびその成果によって得られた価値を評価するために、それを計測する指標(KPIs)の設定も重要だと考えています。このレビューは社内のみで実施されます。

またエンゲージメントプロセスのレビューに関しては、内部レビューに加え、参加したステークホルダーにフィードバックを要請し、その結果を今後の改善につなげていきます。

ステークホルダーの特定

ステークホルダーとは、NTTグループの事業活動や意思決定において、何らかの利害関係を持つ組織または個人のことをさします。NTTグループにとっての主なステークホルダーとして「お客さま(個人・法人)」「株主・投資家」「社員(社員・家族・退職者)」「地域社会」「ビジネスパートナー」「同業他社・業界団体」「国・行政機関」などが挙げられます。

主なステークホルダー

NTTグループは、NTTと子会社・関連会社(うち連結子会社944社:2017年3月31日現在)により構成され、地域通信、長距離・国際通信、データ通信および移動通信事業などを展開しています。NTTグループは、これらの事業に関わるさまざまなステークホルダーの皆さまに対して責任を果たし、かつ期待に応えていきます。

おすすめコンテンツ

ご意見・お問い合わせ

フッタエリアはここからです。