ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

Let'sマスターPHoto KIDS

目次へ

光の不思議な性質について(夕日はなぜ赤いか)

夕日といえば赤い色。でも、昼間は決して赤くは見えない太陽が、夕日となって沈むときに赤くなるのはなぜなのでしょう。

太陽の光は、波長の長いほうから、赤・オレンジ・黄・緑・青・紺・むらさきの七色の光が混ざった光です。
太陽の光は本来無色の白色光線です。それを、光を分解する部品で分光すると、このように虹の七色が現れます。白い光の中に、こうしたさまざまな色の光が含まれているのです。
太陽からの光は、波長の短い青い光のほうが、空気中の気体のつぶやチリ、小さなほこりにぶつかって四方八方に飛び散ります。この青い光が目に入り、晴れた日、空が青く見えるのです。
では、なぜ夕日は赤いのでしょうか?
それは光が届く経路の長さによります。昼間の光に比べ夕日は斜めに大気の中を通って届きます。この長い経路の中で波長の短い青い光は散乱し、私たちの目に入る頃にはほとんど失われてしまい、残った波長の長い赤い光が届くため、夕日は赤く見えるのです。
コンテンツ部分

H2 ×××××××××

タブレット・スマートフォンはアコーディオン表示
タブレット・スマートフォンはアコーディオン表示
コンテンツ部分
コンテンツ部分
フッタエリアはここからです。