ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

イベント

2014年8月22日

情報ネットワーク総合研究所

NW総研

夏休み 体験型子ども科学教室2014

情報ネットワーク総合研究所では夏休みに普段は敬遠しがちな科学に親しんでもらえるよう、工作体験ができる子ども科学教室を開催しています。
今年のテーマは「テレビやパソコンの画面のしくみを学ぶ工作体験 〜光で文字や絵をかいてみよう〜」です!
NTTの研究者によるテレビやパソコンの画面に文字や絵が映るしくみについての解説を聞きながら、一人ひとり工作パーツを組み立てます。また、その工作パーツを使って、光で文字や絵をかく実験をします。
さらに、日本の電気通信技術の歴史を伝える、NTT技術史料館の展示に関するクイズを楽しく解きながら、通信の歴史にふれていただきます。てのひらに画像を映し出す「てのりぽっぷ」の体験や4号/デルビル磁石式壁掛電話機、パラボラアンテナなどの通話体験もできます。

開催日

8月22日(金) [第1回] 午前 9:30〜12:00、[第2回] 午後1:30〜4:00
8月23日(土) [第3回] 午前 9:30〜12:00、[第4回] 午後1:30〜4:00
 ※各回すべて同じ内容です。お申し込み時に、ご希望の回をお選びください。

対象

小学3年生〜中学3年生
 ※お申し込み時にご連絡いただければ、保護者の方もご一緒に工作体験できます。

参加費

無料

プログラム

【第一部】光のしくみを学ぶ工作体験
NTTの研究者による「テレビやパソコンの画面のしくみ」についての解説を聞きながら、参加者一人ひとりに用意された工作パーツを組み立てて、光で文字や絵をかく実験をします。

【第二部】通信の歴史が学べる史料館見学
通信の歴史にまつわるクイズを解きながら史料館を見学します。あわせて古い電話機(4号/デルビル磁石式)の通話体験や、てのひらにいろいろな画像が浮かび上がる「てのりぽっぷ」、パラボラアンテナを体験します。

体験型子供科学教室のスナップ

主催・後援

主催:情報ネットワーク総合研究所
後援:武蔵野市教育委員会、三鷹市教育委員会、西東京市教育委員会

会場

NTT武蔵野研究開発センタ内 NTT技術史料館

フッタエリアはここからです。