株主通信 NTTis 2017.12

NTTグループの動き

2017年4月〜2017年9月のNTTグループの主なニュース

4月

  • 19日

    世界最大級の「テキサス ダラス 1 (TX1) データセンター」を提供開始

  • 20日

    国内初「hitoe®」を活用したレーシングドライバーの生体情報を計測する共同実証実験を開始
    〜ドライバーの生体情報とレーシングカーの情報を活用し、より高いパフォーマンスを実現〜

    「hitoe®」を活用したレーシングドライバーの生体情報を計測する共同実証実験を開始

    PICK UP!
    2017年全日本スーパーフォーミュラ選手権において、生体情報の連続計測が可能な機能素材「hitoe®」の技術を用いたアンダーシャツをレーシングドライバーが着用し、レース環境下で心拍数などの生体情報を計測。さらにレーシングカーの走行情報や走行状態の映像とあわせて分析し、ドライバーのパフォーマンス向上へと役立てます。

5月

  • 23日

    畜産農家の経済的損失防止に向けた畜産IoTに関する共同実証実験の開始
    〜Wi-Fiと画像データの解析技術を活用し、肉用牛の起立不可による事故死を防止〜

    赤外線モーションセンサー ネットワークカメラ 屋外Wi-Fi AP→画像分析サーバ 家畜の行動を監視、分析し、異常行動(転倒)時に自動でアラームメール→ネットワークカメラで遠隔確認し、必要に応じて駆けつけ

    PICK UP!
    牛舎に設置した赤外線モーションセンサーで取得した画像データをWi-Fi経由で収集し、クラウドに蓄積された画像データから肉用牛の起立不可状態を解析、転倒検知時に自動で畜産農家に通知します。この取り組みにより毎年1〜2%発生する肉用牛の起立不可による事故死を防止します。

  • 24日

    月々のご利用料金からずっと1,500円割引く料金プラン「docomo with」を提供
    〜端末を長くご利用いただくほど、おトクに〜

6月

  • 21日

    NTTコミュニケーションズのAIエンジン「COTOHA®」が「MM総研大賞2017」におけるAI分野で最優秀賞を受賞

  • 30日

    Jリーグ、NTTドコモ「トップパートナー契約」、NTTグループ「オフィシャルテクノロジーパートナー契約」の締結
    〜Jリーグ・クラブチームと連携し、デジタルマーケティングの深化やホームタウン活性化へ貢献〜

    PICK UP!
    「スマートスタジアム事業」など、これまでのJリーグとの協業関係を、さらに深化させ、新たなファン層の開拓やホームタウンの活性化など、スポーツ産業の発展に引き続き貢献していきます。

    Jリーグ公式アプリ「Club J.LEAGUE」 オウンドメディア / SNS SNSからの参加型キャンペーン等を通じた送客 →スマホ NTTドコモアセット NTTドコモメディアを活用した送客→スマホ コミュニティサイネージ スマホ 全国のグループ各社の支店、ドコモショップ等 1. 新規見込み顧客の開拓 2. 既存ファンの満足度向上 3. ホームタウンの活性化 Jリーグ会員データ Wi-Fi認証(JリーグID) 地域コミュニティ 大型ビジョン スタジアム スタジアムサイネージ NTTグループアセット

7月

  • 19日

    建設生産プロセス全体をつなぐ新プラットフォーム「LANDLOG」の共同企画・運用を決定
    〜安全で生産性の高い未来の建設現場の実現〜

    建設現場に関わる様々なお客さま アプリケーション 建設生産プロセス可視化プラットフォーム"ランドログ" 建設機械の情報 土砂の情報 地形の情報 作業員の情報 ダンプの情報 気象関連の情報

    PICK UP!
    コマツ、NTTドコモ、SAPジャパン、オプティムは、建設生産プロセス全体のデータ収集と一元管理するプラットフォームを建設事業者向けに提供開始することをめざし、4社共同で企画・運用することに合意しました。建設現場を支える多くのユーザーに利用いただくことで、安全で生産性の高い未来の現場実現を加速していきます。

  • 21日

    「シーサイドももち花火ファンタジアFUKUOKA」のパブリックビューイングを熊本県益城町で実施
    〜NTT開発の「超ワイド映像合成技術」で、イベント会場にいるかのような高臨場感ライブ中継を実現〜

8月

  • 8日

    羽田空港の情報ユニバーサルデザインの公開実証実験を開始
    〜日本の玄関を起点とした世界最高のおもてなしが実証フェーズへ〜

    PICK UP!
    空港をご利用いただくお客さまに実際にご利用いただく公開実証実験を行い、「かざして案内TM」などにおける各種技術の有用性を見極め、空港内外での有益なツールとしてのサービス化をめざしていきます。

    空港内の看板を写す→自動認識された看板のメニューが手元に→メニューから様々な情報(交通案内、施設内ナビ情報など)に簡単アクセス
  • 10日

    自動車ビッグデータ向けネットワーク基盤とコンピューティング基盤のためのコンソーシアムを創設

9月

  • 19日

    船舶IoTの次世代プラットフォームに関する日本郵船グループとの共同実験の開始と更なる連携の強化

  • 25日

    NTTとトヨタ、生活支援ロボット普及に向けた共同研究を開始
    〜人とロボットの共生社会をめざして〜

    CEATEC JAPAN 2017でのデモンストレーションイメージ NTTグループ AI技術 corevo 「来場者の希望に応じて、ノベルティを配布」トヨタ自動車 生活支援ロボットHSR / 「音声による展示内容の説明と、希望のノベルティ確認」 ヴイストン社製 コミュニケーションロボットSota

    PICK UP!
    NTTの保有するAI技術「corevo®」を組み込んだコミュニケーションロボットや、トヨタが開発を進める生活支援ロボットHSRなどを中心に、両社の技術・ノウハウを組み合わせ、人の行動を先回りしてサポートすることができる技術開発を推進し、人の役に立ち、人と共生するパートナーロボットの実用化促進と普及をめざします。