取締役会

最終更新日:2016年10月31日

取締役の略歴等

各取締役の略歴などは役員紹介ページをご参照ください。

取締役会の構成

取締役会は、事業内容に応じた規模とし、経験、専門分野等のバランス及び多様性を考慮した構成としており、業務執行を適切に監督する機能を強化するために選任している独立社外取締役2名を含む取締役12名で構成されています。
なお、各取締役の過去の経験、専門分野等については、役員紹介ページをご参照ください。

取締役会の活動

原則として毎月1回程度、定例取締役会を開催するとともに、必要のある都度臨時取締役会を開催し、法令で定められた事項、及び会社経営・グループ経営に関する重要事項等、「取締役会規則」に定めた事項を決定するとともに、取締役から定期的に職務執行状況の報告を受けること等により、取締役の職務執行を監督しています。
2016年3月期においては、取締役会を12回開催しており、中期経営戦略「新たなステージをめざして 2.0」や地域通信事業における中長期的な課題である「固定電話の今後について」をはじめとした会社経営・グループ経営に関する重要事項等について、各取締役による活発な議論を経て決定しました。

取締役会の実効性評価

取締役会の実効性の向上、さらにはコーポレート・ガバナンス強化を目的として、様々なテーマについて、独立社外取締役と監査役の意見交換会や、独立社外取締役と代表取締役の意見交換会などを開催しています。
当意見交換会において、独立社外取締役及び監査役から、NTTの取締役会に関し、十分な情報提供と活発な議論が行われており、実効性が確保できているとのご意見をいただいているところであります。その結果、取締役会の実効性は確保されていると評価しており、今後においても更なる実効性向上に努めていきます。

取締役の選任方針・選任手続

NTTグループは、信頼され選ばれ続ける「バリューパートナー」として、お客さまに対してワールドワイドに新たな価値を創造することを通じて、社会的課題の解決と安心・安全で豊かな社会の実現に寄与していきます。その価値観を共有できる人材をNTTグループ全体のトップマネジメント層にグループ内外から幅広く選任していくこととしています。
取締役候補は、NTTグループ全体の企業価値の向上のために、グループトータルの発展に寄与する幅広い視野と経験を有し、マネジメント能力とリーダーシップに優れ、経営センスと意欲のある人材を選任しています。
なお、業務執行の監督機能を強化する観点から、一般株主と利益相反を生じるおそれのない人材を独立社外取締役とし、原則、複数名選任しています。
取締役候補の選任手続については、人事・報酬委員会の審議を経て取締役会で決議し、株主総会に付議することとしています。
各取締役候補の選任・指名については、「第31回定時株主総会招集ご通知 (pdf: 3.41MB)」P.6〜13に記載していますので、ご参照ください。

取締役の活動の支援体制等

会社の費用において弁護士など外部の専門家と契約を締結し、必要に応じて助言を得ることができるよう体制を整えています。
独立社外取締役に対しては、取締役会事務局を連絡先とし、常日頃より、業務執行に関する問い合わせ、説明等のサポートを実施しています。

取締役に対するトレーニング

役員の就任に際しては、市場動向やコンプライアンスなどに関する研修を行っています。就任後も国内外の経済・社会問題など多岐にわたる研修を行っており、グループトータルの発展に寄与する幅広い視野やマネジメント能力をさらに高めています。加えて社外役員に対しては、グループ会社の事業動向説明会の実施や研究所等の視察の機会を設けるなど、NTT及びNTTグループ事業への理解をさらに深める取り組みも行っています。

取締役の報酬

以下の通り「NTTグループ人事方針」において、取締役の報酬の額またはその算定方法の決定に関する方針を定めています。この方針に従い、取締役の報酬等に関する事項については、客観性・透明性の向上を目的に、取締役会の事前審議機関として独立社外取締役2名を含む4名の取締役で構成される人事・報酬委員会を設置し、同委員会の審議を経て取締役会にて決定しています。

「NTTグループ人事方針」(抜粋)

取締役の報酬
取締役(社外取締役を除く)の報酬は、月額報酬と賞与から構成することとし、月額報酬は役位ごとの役割の大きさや責任範囲に基づき、賞与は当事業年度の会社業績等を勘案し、それぞれ支給します。
また、中長期の業績を反映させる観点から、月額報酬の一定額以上を拠出し役員持株会を通じて自社株式を購入することとし、購入した株式は在任期間中、その全てを保有することとします。
社外取締役については、高い独立性の確保の観点から、業績との連動は行わず、月額報酬のみを支給します。

報酬等の総額(2016年3月期)

区分 支給人数 総額
取締役 12名 521百万円
  • *1.取締役の報酬額については、2006年6月28日開催の第21回定時株主総会において、年額7億5,000万円以内と決議いただいています。
  • *2.取締役の報酬等の額には、当事業年度に係る役員賞与93百万円が含まれています。
  • *3.上記のほか、使用人兼務取締役の使用人分賞与13百万円があります。