自己株式取得

最終更新日:2016年10月31日

自己株式取得の取り組み方針

自己株式取得については、EPS目標の達成や、資本効率の向上を目的とし、事業動向や市場動向などを踏まえ、機動的・弾力的に対応しています。今後も、利益成長と自己株式取得により、EPS目標400円以上の達成に向けて取り組んでいきます。

自己株式取得(累計)

2016年3月期には936億円、2017年3月期についても、2016年8月までに2,674億円の自己株式取得を実施しており、累計の取得額は約3.1兆円となっています。

(参考)1株当たり配当額

配当については、株主還元の軸足として、中期的に充実させていくことを基本方針としています。2017年3月期については、1株当たり年間配当額を10円増配し、120円とする予定であり、13年間で4.8倍の水準まで増配を行ってきました。今後も安定性・継続性に配意しつつ、業績動向、財務状況及び配当性向などを総合的に勘案し、配当の充実に努めていきます。

  • 2009年1月4日を効力発生日として、普通株式を1株につき100株の割合で分割しました。さらに、2015年7月1日を効力発生日として、普通株式を1株につき2株の割合で分割しました。
    上記のグラフに記載している2004年3月期から2017年3月期(予想)までの年間配当額は上記2回の株式分割を考慮して記載しています。