社長メッセージ

最終更新日:2018年6月26日

自己変革を加速し、『Your Value Partner』へ 代表取締役社長 澤田純

このたび、前社長 鵜浦 博夫の後任として社長に就任いたしました。

NTTグループが『Your Value Partner』への自己変革を加速し、お客さま、株主さま、パートナーさま、地域社会、といった皆さま方に最高のサービスと信頼を提供することで、豊かな社会の実現に貢献すべく、全力を尽くしてまいる所存でございます。

2017年度は、営業収益、営業利益、当期純利益ともに過去最高となりました。海外売上を中心としたデータ通信事業や、モバイル通信の拡大による移動通信事業の増収などが寄与しました。

2018年度(今年度)は、厳しい競争環境が続く中、海外売上の拡大などにより、営業収益は対前年518億円増の11兆8,300億円、営業利益は対前年482億円増の1兆6,900億円と増収増益の計画を見込んでおります。

今後も持続的成長をめざし、お客さまの変革を支えるとともに、自らの変革も進めてまいります。経営環境を見渡すと、地政学的な変化が激しく、IoT、ビッグデータ、人工知能(AI)の進展にも目を見張るものがあります。特にAIについては、その効用と雇用に与える影響の大きさから世界規模で多様な議論が始まっています。さらにコンピュータの進化を表すムーアの法則の終焉もささやかれており、情報通信の世界は今後も大きく変化していくと考えます。日本においても、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催、2024年のPSTNマイグレーションなど大きなイベントがあります。このように経営環境が大きく流動化する中で、NTTグループは変わらぬ基本的な共通価値(Shared Value)を、つなぐ(Connect)、信頼(Trust)、誠実さ(Integrity)の3つに据えながら、『Your Value Partner』となれるよう、次のことを進めてまいります。

1. お客さまの変革(デジタルトランスフォーメーション)を支援

法人のお客さまには、従来から取り組んできたB2B2Xモデルの推進をさらに加速し、新たな価値創造を支援してまいります。パートナーの皆さまとともにNTTグループ総力で新事業を展開し、お客さまの課題や社会的課題を解決するソリューションを生み出します。また、2020年に導入を予定している第5世代移動通信システム(5G)を活用したサービスをパートナーの皆さまと実現し、展開してまいります。

個人のお客さまには、パーソナルサービスを提供し、個人に応じたライフスタイルの変革を支援してまいります。例えば、dポイントといった新たなサービスにより通信事業の枠を超えてお客さまの会員基盤を拡大し、コンテンツや決済など、個人のお客さまへ新たな価値を提供してまいります。

2. 自らのデジタル化を推進

私たち自身もさらなる成長をめざし、自らの変革(デジタルトランスフォーメーション)を図ってまいります。グローバルを含めた業務やサービスのプロセスをより自動化・高度化することで、スピードがあり、変化に即応できる企業体質にしてまいります。

3. 人・技術・資産の活用

NTTグループが保有している人や技術、資産を活用してまいります。

例えば、研究開発の強化・グローバル化を図り、NTTグループの技術が世界で活用されるよう努力してまいります。また、不動産を活用してスマートシティへ展開していくことや、直流電力方式を利用した新事業を創出してまいります。

以上の3つの取り組みに加え、中長期での企業価値向上をめざし、ESG(環境・社会・ガバナンス)を重視した経営を推進するとともに、株主還元の充実に引き続き取り組んでまいります。

具体的な取り組みや目標については短期(3年)・中期(5年)・長期(7年)で策定し、新たな中長期経営計画として、2018年度第2四半期決算にあわせ公表したいと考えております。財務目標はEPS(1株当たり当期純利益)を引き続き主要な指標として利益成長に努めるとともに、事業構造の変革や投資効率の向上に向けた新たな目標についても検討してまいります。

より一層のご理解とご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

2018年6月

関連情報