特集

光ネットワークを支えるPLCデバイス技術
全文記事PDF

光通信ネットワークでは、光分岐・光合分波・光スイッチ等の光部品が不可欠である。NTTフォトニクス研究所では、小型・量産性・信頼性に優れた石英系プレーナ光波回路(PLC)技術の研究開発を進めている。本特集では、PLCの最新技術を紹介する。


石英系プレーナ光波回路技術の研究開発動向
全文記事PDF

◆執筆者 鈴木 扇太+1・杉田 彰夫+2
◆所属 +1 NTTフォトニクス研究所(現・NTT先端技術総合研究所)
+2 NTTフォトニクス研究所

ユビキタス社会を支える光通信ネットワークでは、光分岐・光合分波・光スイッチ等の光部品が必要です。石英系プレーナ光波回路(PLC)は小型・量産性・信頼性の点で優れており、アクセス用光スプリッタや波長分割多重用AWGフィルタ等が開発実用化されています。本稿では、PLC部品の基盤技術の進展と最近の技術動向について紹介します。


光ネットワークの高機能化を実現するPLC光スイッチ
全文記事PDF

◆執筆者 高橋 浩+1・渡辺 俊夫+1・郷 隆司+1・相馬 俊一+1・高橋 哲夫+2
◆所属 +1 NTTフォトニクス研究所
+2 NTT未来ねっと研究所

光スイッチを光通信網に取り入れると、光信号を電気信号に変換することなく特定の信号だけ分岐したり行き先を変えることができ、ノードの装置コスト低減やフレキシブルなシステム運用が可能となります。本稿では、NTTフォトニクス研究所で開発されたプレーナ光波回路(PLC)技術を用いて作製した光スイッチの特性を紹介します。


FTTHを支える光アクセス用PLC技術
全文記事PDF

◆執筆者 井上 靖之+1・石井 元速+1・肥田 安弘+1・柳澤 雅弘+1・榎本 圭高+2
◆所属 +1 NTTフォトニクス研究所
+2 NTTアクセスサービスシステム研究所

NTTは世界に先駆けてFTTH(Fiber To The Home)による次世代ネットワーク構築を推進しています。石英系プレーナ光波回路(PLC)部品は小型・量産性・信頼性に優れており、FTTHを支える重要な光部品として研究開発および実用化されています。本稿ではその光アクセス用PLC技術を紹介します。


次世代ネットワークを拓く複合機能集積PLC技術
全文記事PDF

◆執筆者 金子 明正・土居 芳行・山田 貴・小川 育生・田村 保暁
◆所属 NTTフォトニクス研究所

次世代光通信ネットワークでは、さまざまな機能を持つ光部品が従来よりも小型かつ低コストであることが求められています。NTTフォトニクス研究所で研究開発を進めてきた石英系プレーナ光波回路(PLC)技術は、小型、量産性に優れており、市場要求を満足する有力な技術として期待されています。本稿では異なる機能を持つ石英PLCをマルチチップPLC集積技術により集積化した複合機能集積光モジュールの最新動向について紹介します。


高度光ネットワークを拓くPLC型光信号処理回路
全文記事PDF

◆執筆者 瀧口 浩一+1・岡本 勝就+2・才田 隆志+1・柴田 知尋+1
◆所属 +1 NTTフォトニクス研究所
+2 NTTフォトニクス研究所(現・NTT R&Dフェロー)

次世代の高度光ネットワークの構築のためには、光信号を光レイヤで直接処理可能な光デバイスの実現が重要になります。NTTフォトニクス研究所では、PLC(Planar Lightwave Circuit)技術の導波路として優れた特性を駆使し、光信号を多様な目的に合わせて柔軟かつ高速に処理可能な高機能光デバイスの研究開発を行っています。


次世代PLCを支える導波路作製技術
全文記事PDF

◆執筆者 神徳 正樹・小湊 俊海・那須 悠介・柴田 知尋
◆所属 NTTフォトニクス研究所

高性能な次世代PLC(Planar Lightwave Circuit:プレーナ光波回路)の実現には、新たな製造技術の開発が不可欠です。PLC作製技術を説明するとともに最新の導波路作製技術のトピックとして、大規模回路の作製に不可欠な超低損失導波路作製技術、超小型デバイス作製を可能にする導波路作製技術、自由に導波路を作製でき、高密度集積の可能性を拓くレーザ描画導波路作製技術を紹介します。


主役登場
現代のガラス細工PLCで光通信ネットワークを支える
全文記事PDF

◆執筆者 神徳 正樹
◆所属 NTTフォトニクス研究所主任研究員

TOP

 著作権  プライバシーポリシー  サイトマップ     Copyright(C)2004 日本電信電話株式会社