特集

NTTグループの危機管理・防災ソリューション
全文記事PDF

NTTグループは、中期経営戦略の中で、防災を「安心・安全」な社会の実現に向けた取り組みの1テーマと位置付けている。本特集ではグループ各社の最新の危機管理・防災ソリューションを紹介する。


NTTグループの危機管理・防災ソリューションとR&Dの取り組み
全文記事PDF

◆執筆者 大山 孝/酒井 孝次/高木 洋一郎/齊藤 景一/本庄 克彦
◆所属 NTT研究企画部門

危機管理や防災対策の強化に向けて、国、自治体や企業は、ICT(Information and Communications Technology:情報通信技術)を活用して防災情報の収集、共有や配信を迅速かつ確実に行い、被害の軽減や早期復旧の対策に取り組んでいます。今回は、このようなニーズにこたえるべく、NTTグループの危機管理・防災ソリューションとR&Dの取り組みについて紹介します。


災害対策へのICT活用(災害情報通信ネットワークシステム)
全文記事PDF

◆執筆者 千原 誠/斉藤 英一/川島 美由紀
◆所属 NTT東日本

NTT東日本は、自治体の防災活動をトータルに支援するため、自社プロダクトである災害対策支援システム「災害情報通信ネットワークシステム」の機能拡充および安全性・操作性・利便性の向上を図りました。


地域情報プラットフォーム標準仕様への準拠を見据えた防災情報共有システム
全文記事PDF

◆執筆者 榛葉 陽紀/穴見 剛
◆所属 NTT西日本

災害時の限られた時間とリソースにおいて、住民の生命、身体および財産を守るために、自治体間の円滑な連携を可能とする情報共有の1つのあり方として、財団法人 全国地域情報化推進協会が推奨する「地域情報プラットフォーム標準仕様」への準拠を見据えた「防災情報共有システム」を開発しました。


揺れる前に知る! 緊急地震速報配信サービス
全文記事PDF

◆執筆者 小林 年晴/阿部 剛
◆所属 NTTコミュニケーションズ

NTTコミュニケーションズでは、2007年10月の気象庁本格運用に先んじて同年7月より緊急地震速報配信サービスを提供しています。本稿では、サービス概要およびその利用事例について紹介します。


災害時に威力を発揮する双方向通信型の「減災コミュニケーションシステム」
全文記事PDF

◆執筆者 後藤 啓一
◆所属 NTTデータ

災害発生時に行政機関から住民に緊急情報等を伝達する手段として、防災行政無線や有線放送が使われています。いずれも情報は行政機関から住民への一方通行です。減災コミュニケーションシステムは、住民が情報を確認したのか、住民は助けを望んでいるかといった住民が発信する情報を行政機関に伝えることを可能としました。


緊急速報「エリアメール」の開発
全文記事PDF

◆執筆者 関 貴司/岡田 剛/池田 真由美/菅野 崇亮
◆所属 NTTドコモ

災害発生時には、迅速な情報伝達が求められます。NTTドコモでは、同報配信の実現方式として、Cell Broadcast Serviceを利用したサービス“緊急速報「エリアメール」”を開発しました。緊急地震速報や災害・避難情報を、被災のおそれのあるエリアへ迅速に配信することにより、安心・安全なインフラを提供します。


BCPの初動対応を支援する危機管理業務支援システム
全文記事PDF

◆執筆者 伊藤 良浩
◆所属 NTTアドバンステクノロジ

続発する自然災害や新型インフルエンザへの不安などを背景に企業や自治体のBCPに対する関心が高まっています。本稿ではBCPの初動対応時に多く発生する連絡などの定型業務を自動実行し、担当者の行う業務を支援する危機管理業務支援システムについて紹介します。


大規模災害でも「情報通信を途絶させない」BCPビジネスの展開
全文記事PDF

◆執筆者 NTTファシリティーズ

NTTファシリティーズは、総合エンジニアリング・サービス企業として、いかなる災害時においても「情報通信を絶対に止めない」ということを大前提に、通信施設の構築、保守・運用、改善を100年以上にわたって実践してきました。NTTファシリティーズでは、その実績とノウハウを活かして「100年BCP」をスローガンにお客さまの事業継続をトータルでサポートするBCPソリューションを展開しています。


NTTコムウェアの次世代防災ソリューション――タンジブルUIを用いた災害情報管理と図上演習
全文記事PDF

◆執筆者 小林 和恵/近江 貴晴/香月 亜希
◆所属 NTTコムウェア

NTTコムウェアでは、新しいユーザ・インタフェース技術を適用した次世代の防災ソリューションとして、防災計画立案や住民の防災意識向上を支援する「タンジブル災害総合シナリオシミュレータ」、および災害発生時における効率的な対応作業を支援する「タンジブル災害情報管理システム」の開発に取り組んできました。


GIS技術による防災系サービスプラットフォーム
全文記事PDF

◆執筆者 南橋 丈二+1/朝比奈 秀文+1/古谷 博昭+2
◆所属 +1 NTT-ME
+2 NTTネオメイト

NTT-ME、NTTネオメイトでは、電子地図コンテンツを中心としたGISソリューションを展開し、防災系への取り組みもオルソ航空写真をベースとした3次元GISに、位置情報含む掲示板、携帯電話のカメラ連動、気象センサ情報、ライブカメラ連携など総合的な情報統合システムの構築を行ってきました。これまでの開発・導入実績を活かし、共通システム基盤としての防災系サービスのプラットフォーム提供を目指しています。


主役登場
いつ来るか分からない大地震の脅威と対応策
全文記事PDF

◆執筆者 榎本 裕幸
◆所属 NTT環境エネルギー研究所 研究員

TOP

 著作権  プライバシーポリシー  サイトマップ     Copyright(C)2004 日本電信電話株式会社