2017 Vol.29 No.5

特集

量子情報処理技術における新時代の到来

NTT物性科学基礎研究所では、量子情報処理技術の黎明期より30年以上にわたり研究を続けている。これらの技術はここ数年で大きく進展し、いくつかのテーマでは応用に向けて動き出している。本特集では、最新の研究成果概要、および将来の展望について紹介する。


R&Dホットコーナー

障害対応業務のナレッジ化・迅速化をめざした自動障害箇所推定技術
 

さらに詳しく・全文記事PDF

グループ企業探訪 NTTインフラネット株式会社
多様な技術・ノウハウを駆使して社会インフラをマネジメントする通信土木の専門集団
全文記事PDF

NTTインフラネットは、NTTグループにおける基盤設備の構築から維持管理までを総合的にマネジメントする情報通信インフラのトータルソリューションカンパニーだ。設立から18年、今、通信土木を担う専門集団として培ってきた技術・ノウハウに対する一般市場での需要が高まっている。どのようなサービスを提供するのか、同社の佐久田浩司社長にお話を伺った。
 
from NTTファシリティーズ
再生可能エネルギーの雷保護と標準化動向
全文記事PDF

長期エネルギー需給見通しによると、全発電量に占める再生可能エネルギーの割合は、2030年度までに約20%(現在の約2倍)になると予想されています。そのため再生可能エネルギーは、これまで以上に安定的な供給を維持することが要求され、自然災害に対しても十分な対策が必要となります。ここでは、NTTファシリティーズが取り組んでいる雷害対策について、太陽光発電システムを中心に対策の考え方や標準化動向を紹介します。


   
グローバルスタンダード最前線
WTSA-16におけるITU-T SG3の動向報告
全文記事PDF

2016年10月25日〜11月3日、チュニジア ヤスミン・ハマメットで世界電気通信標準化総会(WTSA-16)が開催されました。ここでは、WTSA-16において取り上げられたITU-T SG3に関する議論の概要を紹介します。
 
Focus on the News
CiP協議会×アルベログランデ×NTTグループ コラボレーション成果
総務省2016年度事業「IoTおもてなし環境実現に向けた地域実証に係る調査請負」の竹芝地区での実施

全文記事PDF

熊本県×松竹×NTTグループ コラボレーション成果
熊本地震復興祈願「歌舞伎シアター バーチャル座」を上映

全文記事PDF

KTN結晶による波長可変技術を応用した厚み計測装置向け高安定光源を新開発
全文記事PDF

TOP

 著作権  プライバシーポリシー  サイトマップ      Copyright(C)2004 日本電信電話株式会社