2018 Vol.30 No.6


特集

新たなサービス創造に向けて進化するNTTのAI
ここ数年のAI(人工知能)技術は、コンタクトセンタの業務支援やスマートスピーカなどとして、着実に私たちの業務や社会生活をサポートし始めている。本特集では、お客さまが求めるサービスを実現していくためのNTTのAI技術の取り組みを紹介する。

R&Dホットコーナー

高精細・高臨場CDN技術

さらに詳しく・全文記事PDF

挑戦する研究者たち
光の基礎研究で世界を変えていく
期待されているのはチャレンジ精神や想定外の成果

全文記事PDF

デジタルコンピュータの進展に陰りが見え、世界的に新しいタイプのコンピュータの研究開発が活発になっている中、NTTは世界に先駆けて、レーザ発振器の示す相転移現象により高速な計算を可能とするコヒーレントイジングマシンを実現しました。原子物理学とその応用に関して優れた業績を挙げた研究者に贈られる、仁科記念賞を2017年に受賞したNTT物性科学基礎研究所 武居弘樹上席特別研究員に、現代社会が直面するさまざまな問題を解く糸口となる先駆的な研究成果と研究者としての姿勢について伺いました。
 
グループ企業探訪 株式会社NTTスマイルエナジー
再生可能エネルギーである「太陽光発電」を主力電源として推進を図る
全文記事PDF

NTTスマイルエナジーは、NTT西日本の通信技術とオムロンの制御技術を組み合わせて、再生可能エネルギーである「太陽光発電」の効率的活用を進めている企業だ。同社の小鶴慎吾社長に代表的な事業「エコめがね」などの事業展開状況や、VPPに関連する今後の展開を伺った。


   
from NTT東日本
CONAN(コンタクトセンタAI支援システム)の導入による業務改善
全文記事PDF

音声認識技術、感情識別などのAI(人工知能)技術を使ったNTTテクノクロスの製品「ForeSight Voice Mining」をNTT東日本のコンタクトセンタである116/IPセンタおよびBCC(ビジネスコンタクトセンタ)全34拠点へ導入し、システム名を「CONAN(コンタクトセンタAI支援システム)」としました。ここではその活用事例を中心に紹介します。
 
グローバルスタンダード最前線
ネットワーク仮想化とその設定の統一化方法に関するIETF標準化動向とオープンコミュニティ議論動向
全文記事PDF

数年前からSDN(Software Defined Networking)の登場とともにネットワーク仮想化に関する技術も進展してきました。仮想ネットワークを自律分散のIPネットワーク上で構成する技術の標準化は着実に進んでいます。また、オーバレイネットワークを構成するために必要な仮想ネットワークそのもの、およびネットワーク装置を統一的に設定するための標準プロトコル・データモデルについても標準化やコミュニティでの規定が進んでいます。ここではIETF(Internet Engineering Task Force)での標準化状況を中心にオープンコミュニティの議論動向も含めて紹介します。


   
Focus on the News
世界初、雑談を交えながら知識を伝える新感覚対話AIを開発
全文記事PDF

平らなシートに凹凸感を"書き込む"「磁性触覚印刷技術」を開発
全文記事PDF

5Gモバイルシステムと連携する低遅延光アクセス技術を開発・実証
――基地局の効率的な収容・運用をめざして

全文記事PDF

回収困難なセンサはどうすれば良いか?
――土壌・生物へ悪影響を与えない土に還る電池(ツチニカエルでんち®)を作製

全文記事PDF

 

TOP

 著作権  プライバシーポリシー  サイトマップ      Copyright(C)2004 日本電信電話株式会社