特集

デジタル社会の実現を支えるセキュリティ技術の最前線

PDFダウンロードPDFダウンロード

サイバー空間を取り巻く環境変化により具現化してきた脅威やセキュリティの問題を解消すべく、研究開発が急がれている。本特集では、NTTセキュアプラットフォーム研究所のセキュリティ技術への取り組み、研究所の成果が世界中の有力企業を対策へと動かした実例や近年注目を集める耐量子暗号技術の研究動向を紹介する。

セキュリティR&Dへの取り組み

セキュリティR&Dへの取り組み

安心・安全なデジタル社会に向けたセキュリティR&D
デジタル社会に向けた激化するサイバー攻撃への対抗を中心とした「守りのセキュリティ」と多様な情報を活用した新たなビジネス創出に貢献する「攻めのセキュリティ」について紹介する。
新たなプライバシ脅威「Silhouette」の発見と対策への取り組み
新たなプライバシ脅威「Silhouette」の仕組みと対策手法、および世界的なサービスやブラウザのセキュリティ機能を強化させるに至った取り組みについて紹介する。
秘密計算システム 算師®の試用提供
データを暗号化したまま、実用的な速度で安全に集計・統計処理できる秘密計算システム 算師®とその普及に向けた取り組みについて紹介する。
耐量子暗号技術の研究動向
耐量子暗号(ポスト量子暗号:Post-Quantum Cryptography)の研究開発の中心的役割を担っている米国国立標準技術研究所(NIST)の耐量子暗号標準化プロジェクトを紹介する。
主役登場 渡邉 卓弥(NTTセキュアプラットフォーム研究所)
サイバー攻撃の先を行くために

ページトップへ