ページの先頭です。

文字表示

コンテンツエリアはここからです。

社長記者会見

2017年5月15日(月曜)

2017年3月期決算、2018年3月期業績予想について

鵜浦代表取締役社長
(同席)廣井取締役財務部門長、坂本取締役経営企画部門長

 2017年3月期の連結決算の状況について、ご説明いたします。

 減収増益の決算でございます。
 営業収益につきましては、対前年1.3%減、1,500億円減収し、11兆3,910億円となりましたが、これは、海外事業の売上が円高により約2,200億円の為替影響を受けたことが大きく影響しており、為替影響を除いた場合は、実質的には約700億円の増収となります。
 営業利益は、対前年14.2%、1,916億円増益し、1兆5,398億円となりました。この1,916億円の増益には、昨年度より減価償却方法を定率法から定額法に変更したことに関連する利益影響などがプラスで約680億円含まれています。
 当期純利益は、営業利益の増により、対前年8.5%、624億円増益し、前年度の過去最高益を更新する、8,001億円となりました。
 その結果、EPSは約391円となり、中期財務目標「400円以上」に向けて順調に進捗いたしました。

バックナンバー

ローカルナビはここからです。
フッタエリアはここからです。