ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

環境マネジメント

NTTグループ地球環境憲章

NTTグループでは、環境を含むCSR活動の基本方針である「NTTグループCSR憲章」の下に、地球環境保護に関する基本理念と方針を明文化した「NTTグループ地球環境憲章」を制定し、NTTグループ一体となって環境活動に取り組んでいます。

「NTTグループ環境宣言」および「環境目標2030」は、これらの基本理念や基本方針を礎として策定しています。

NTTグループ地球環境憲章

基本理念

人類が自然と調和し、未来にわたり持続可能な発展を実現するため、NTTグループは全ての企業活動において地球環境の保全に向けて最大限の努力を行う。

基本方針

  • 1. 法規制の遵守と社会的責任の遂行

    環境保全に関する法規制を遵守し、国際的視野に立った企業責任を遂行する。

  • 2. 環境負荷の低減

    温室効果ガス排出の低減等の重点課題に対して行動計画目標を設定し、継続的改善に努める。

  • 3. 環境マネジメントシステムの確立と維持

    各事業所は環境マネジメントシステムの構築により自主的な環境保護に取り組み、環境汚染の未然防止と環境リスク低減を推進する。

  • 4. 環境技術の開発

    ICTサービス等の研究開発により環境負荷低減に貢献する。

  • 5. 社会支援等による貢献

    地域住民、行政等と連携した、日常的な環境保護活動への支援に努める。

  • 6. 環境情報の公開

    環境関連情報の公開により、社内外とのコミュニケーションを図る。

  • 7. 生物多様性の保全

    生物多様性と事業との関わりを把握し、生物多様性を将来世代に引き継ぐために取り組みを推進する。

フッタエリアはここからです。