ページの先頭です。

NTTグループのロゴ トップページにリンクします

文字表示

コンテンツエリアはここからです。

社会が低炭素化している未来へソリューション環境ラベル

<< ソリューション一覧に戻る

住宅用エコめがね

概要

分電盤に簡易に取り付けることができるセンサーと、お手持ちのパソコン・スマートフォン・携帯電話などで、ご家庭の電力(発電・消費量)の「見える化」や、太陽光発電の見守り(異常や故障の早期発見)、CO2排出権の価値化・還元などを受けることができるサービスです。

クラウド型で提供することで、いつでも・どこでもご家庭の電力(発電量や消費量)をチェックすることができるうえ、電力料金(円単位)表示(10電力会社対応)や、天候・日照量を加味した発電診断、他のユーザーとの電気使用量の比較や、みんなで発電(総量計測)・みんなで環境保全活動に参加できるといった特徴があります。

また、センサーは分電盤への後付け型ですので、太陽光発電のメーカーを問わずにご利用いただくことが可能です。

住宅用エコメガネの特徴住宅用エコメガネの特徴

環境効果のアピールポイント

クラウドを用いて、オーナー様と太陽光発電販売会社が日々の発電状況などをいつでも・どこでも確認できるため、異常時対応の効率化や点検時の移動に伴うCO2排出量を削減することができます。

評価モデル

出力4kWの太陽光発電システムの1年間のデータ集計、見守りを行うにあたり、「住宅用エコめがね」を利用して実施した場合と、従来手段で実施した場合のCO2排出量を評価しました。

  1. (1)機能単位

    出力4kWの太陽光発電システムの1年間のデータ集計、見守り

住宅用エコめがねの評価モデル図

※ 評価モデルの太陽光発電システムは、太陽電池モジュール(多結晶Si)、パワーコンディショナ(PCS)、接続箱、アレイ架台および配線材料である。

住宅用エコめがねの評価モデル

評価対象と活動の関係

対象ライフサイクルステージ

〔凡例 ○:評価対象、−:評価対象外〕
  従来手段 住宅用エコめがね
ICT機器利用
NWインフラ利用
ソフトウェア利用
人移動
物移動
材料・エネルギー消費
物保管
人執務

評価結果

「住宅用エコめがね」を利用した場合と、従来手段を比較した場合に、1年間あたり51%のCO2排出量が削減される結果となりました。

住宅用エコめがねの1年間あたりのCO2排出量※ 従来手段のCO2排出量を100%として、それぞれの割合を表しています。住宅用エコめがねの1年間あたりのCO2排出量

<< ソリューション一覧に戻る

フッタエリアはここからです。