ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

低炭素社会の実現/ソリューション環境ラベル

<< ソリューション一覧に戻る

ICT-24クラウドサービス

概要

「ICT-24クラウドサービス」は、スケールアップ/アウトやサイジングが不要など、クラウドならではのメリットを生かしながら、研究開発やトライアル利用の標準テンプレートをあらかじめ用意し、プロビジョニング稼働の低減や人的リソースの効率化によって、プロジェクト全体のスピードアップとコスト削減を実現します。365日24時間の万全のサポート体制によって、高い信頼性と品質を備えたクラウドサービスです。

ICT-24オペレーションセンタのイメージ写真ICT-24オペレーションセンタ

環境効果のアピールポイント

「ICT-24クラウドサービス」を利用することによって、自社でサーバーなどの設備を構築する必要がなくなり、それらの保守稼働も不要となることから、ICT機器利用や人の稼働に伴って発生するCO2排出量を削減することができます。

評価モデル

  1. (1)機能単位

    研究開発プロジェクトの開発環境(物理サーバー83台相当)を構築し、1年間運用する。

    • (a)従来手段
      研究所施設内のサーバールームでオンプレミス※1型の研究開発環境(物理サーバー83台利用)を構築し、保守運用を行います。
    • (b)ICT-24クラウドサービス
      データーセンターにクラウド型の研究開発環境(83VM※2利用)を構築し、保守運用を行います。
    • ※1.オンプレミス(on-premises)
      情報システムを使用者(企業など)自身が管理する設備内に導入、設置して運用すること
    • ※2. VM(バーチャルマシン)
      1台のコンピュータを、あたかも複数のコンピュータが実在するかのようにみなして、複数の端末から活用できる技術方式を利用して、ソフトウェアによって仮想的に構築されたコンピュータ

    ICT-24クラウドサービスの評価モデル図ICT-24クラウドサービスの評価モデル図>> 拡大画像はこちら

評価対象と活動の関係

対象ライフサイクルステージ

〔凡例 ○:評価対象、−:評価対象外〕
  従来手段 ICT-24クラウドサービス
ICT機器利用
NWインフラ利用
ソフトウェア利用
人移動
物移動
材料・エネルギー消費
物保管
人執務

評価結果

「ICT-24クラウドサービス」を構築して運用する場合と、従来手段(オンプレミスで開発環境を構築して運用する場合)とを比較すると、1年間あたり72%のCO2排出量が削減される結果となりました。

ICT-24クラウドサービスの1年間あたりのCO2排出量※従来手段のCO2排出量を100%として、それぞれの割合を表しています。ICT-24クラウドサービスの1年間あたりのCO2排出量

<< ソリューション一覧に戻る

フッタエリアはここからです。