ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

社会が低炭素化している未来へソリューション環境ラベル

<< ソリューション一覧に戻る

LTEサービス

概要

LTEサービスは、NTTドコモが提供するモバイル通信サービスです。スマートフォン・携帯電話をはじめ、タブレット・PCなどのデータ通信にご利用いただくことができ、いつでも、どこでも、気軽に高音質で安定した通話(VoLTE)、メール、動画の閲覧やショッピングなど、さまざまなネットワークサービスを快適にご利用いただけます。

環境効果のアピールポイント

LTEサービスによって、時間と場所を選ばずに、さまざまなサービスが利用できますので、これまで人と会うためや、買い物のために必要であった移動が不要になり、移動に伴うCO2排出量の軽減が期待できます。また、スマートフォンなどの端末で直接、映像やドキュメントの閲覧ができるため、紙やCDなどのメディアが不要になることから、これらの製造や輸送に伴うCO2排出量の軽減も期待できます。

端末やネットワーク設備の利用に伴うCO2排出量に比べ、上記の軽減量がおおきいため、LTEサービスをご利用いただくことで、社会全体としてCO2排出量の削減が期待されます。

評価モデル

LTEサービス利用の大多数を占めるコンシューマユーザによるスマートフォンでの利用を対象とし、ユーザ1人あたり(スマートフォン1台、1回線)1年間の平均的な利用条件としました。

(1)ソリューション

LTEサービスの利用シーンとして26の利用シーンを設定しました(図/表参照)。利用シーンの選定はユーザアンケートから行い、利用率が高いものを抽出しています。各利用シーンの利用頻度、利用1回あたりの時間はアンケートから求めました。

(2)従来手段

従来手段として、LTEサービスの利用シーンごとに、LTEサービスの代替手段を設定しました(図/表参照)。代替手段は、ユーザアンケートの結果から設定しています。ユーザによって代替方法が異なるため、LTEサービスの利用シーンに対して(「何もしない」も含めて)複数の代替手段が設定されています。
利用頻度は、LTEサービスの各利用シーンと同じとし、利用1回あたりの時間や移動距離は、統計資料を元に設定しています。

LTEサービスの評価モデル図

従来手段の評価モデル図

LTEサービスの評価モデル図

LTEサービスの利用シーンと従来手段
  ICTサービス
(LTEサービスの利用シーン)
従来手段
(LTEサービスの代替手段)
1通話家の電話、公衆電話、直接会いに行く、何もしない
2メール家の電話、公衆電話、手紙、FAX、直接会いに行く、何もしない
3音楽CDなどを購入する、CDなどをレンタルする、テレビやラジオを視聴する、何もしない
4画像(待受用・壁紙用)何もしない
5ゲームソフトを購入する、ソフトをレンタルする、ゲームセンターに行く、何もしない
6芸能・スポーツニューステレビやラジオを視聴する、本や雑誌を見る、新聞を見る、電車の中吊りで情報を得る、何もしない
7検索・リンク集図書館で調べる、家の書籍で調べる、本や雑誌を購入する、人に電話して聞く、人に会って聞く、何もしない
8掲示版地域掲示板を利用する、新聞や雑誌の交流コーナーを利用する、人に電話して聞く、人に会って聞く、何もしない
9個人のホームページ電話、手紙、人に会って話す、地域掲示板を利用する、何もしない
10SNS電話、手紙、人に会って話す、地域掲示板を利用する、何もしない
11動画配信サイト(有料)テレビを見る、DVDなどを購入して見る、DVDなどをレンタルして見る、何もしない
12動画配信・投稿・共有サイト(無料)テレビを見る、何もしない
13グルメ・タウン情報タウンページを見る、本や雑誌で情報を見る、テレビやラジオを視聴する、新聞を見る、何もしない
14電子書籍、新聞、コミック(ケータイ小説を含む)本や雑誌を購入する、図書館で借りる、まんが喫茶に行く、何もしない
15携帯電話会社・メーカのサイト何もしない
16地図人に聞く、紙の地図を購入する、何もしない
17交通情報・時刻表紙の時刻表、駅員に電話して聞く、何もしない
18一般のニューステレビやラジオを視聴する、新聞を見る、雑誌を見る、人に聞く、何もしない
19天気予報テレビやラジオを視聴する、新聞を見る、局番+117で聞く、何もしない
20オンラインバンキング銀行などの窓口に行く、ATMに行く、電話バンキング、何もしない
21オンラインショッピングお店に買いに行く、電話で注文する、はがきで注文するなど(購入物による)
22オークションフリーマーケットやバザー、リサイクルショップ、知人との売買(直接会う)、何もしない
23懸賞・アンケートはがき、電話、何もしない
24割引のクーポンチラシ、DM(ダイレクトメール)、情報誌やフリーペーパー、何もしない
25株式・市況情報テレビやラジオを視聴する、新聞を見る、街頭の電光掲示板を見に行く、証券会社の窓口に行く、証券会社に電話して聞く、何もしない
26雑学・教養通信教育(郵送でやりとりするもの)、学校などに通う、本や雑誌を購入する、図書館で借りる、何もしない

評価対象と活動の関係

対象ライフサイクルステージ

〔凡例 ○:評価対象、−:評価対象外〕
  従来手段 ソリューション
ICT機器利用
NWインフラ利用
ソフトウェア利用
人移動
物移動
材料・エネルギー消費
物保管
人執務

※本サービスにおいて、ソフトウェアは汎用的かまたは多くのユーザで共用される。そのため1回線あたりのソフトウェア利用による環境負荷量は、十分小さくなることから評価対象外とした。

評価結果

LTEサービスと従来手段とのCO2排出量を比較評価した結果は、人の移動が軽減されることが主な要因となり、1回線あたり98.9%のCO2排出削減効果となりました。

LTEサービスの1年間あたりのCO2排出量

※従来手段のCO2排出量を100%として、それぞれの割合を表しています。

LTEサービスの1年間あたりのCO2排出量

<< ソリューション一覧に戻る

フッタエリアはここからです。