ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

低炭素社会の実現/ソリューション環境ラベル

<< ソリューション一覧に戻る

MeetingPerfe

概要

MeetingPerfe(ミーティングパフェ)は、高品質な電子資料をパソコン上で共有できる会議支援システムです。アイコンが付いた大型のボタンを採用し、利用者のパソコンスキルの有無を選ばない「わかりやすい操作性」を実現しています。

MeetingPerfeでは、Word/Excel/PowerPoint、DocuWorks、PDF形式のファイルをご利用いただけます。またPowerPointについてはアニメーション機能も利用いただけます。

ソリューション概要ソリューション概要

MeetingPerfeについての詳細はこちら(別ウインドウが開きます)

環境効果のアピールポイント

  1. (1)紙の削減

    会議資料を電子データとして参加者全員で共有でき、紙の出力を削減できます。

評価モデル

(1)評価条件

    会議開催回数:48回/年(月4回)

  • 参加人数:40人
  • 資料数:200枚/人・回(=1回8,000枚)

評価モデル図 評価モデル図

    従来手段では、会議資料を紙に出力して会議を行うため、紙の使用と資料印刷前の紙の保管スペースが必要です。MeetingPerfeでは、PC、サーバ、ネットワークを使用して会議資料を共有します。

ライフサイクルステージ

本評価は、ライフサイクル全体(製造、使用、廃棄)を対象としています。範囲は下記のとおりです。

対象ライフサイクルステージ

〔凡例 ○:評価対象、−:評価対象外〕
  導入前 MeetingPerfe
製造 使用 廃棄 製造 使用 廃棄
ICT機器利用
NWインフラ利用
ソフトウェア利用
人移動
物移動
材料・エネルギー消費
物保管
人執務

※モノの電子化では紙の負荷を計上しているが、使用段階は負荷が発生しないものとして対象としていない。また廃棄段階は対象としているが、カーボンニュートラルの考えにより負荷は0計上としている。

評価結果

本モデルでは、MeetingPerfeの導入によって、従来の紙を使用した会議と比較して1年間あたり約80%のCO2排出量が削減される結果となりました。

MeetingPerfe導入前後のCO2排出量

MeetingPerfe導入前後のCO2排出量

※結果はCO2排出量を絶対値で算出した後、従来手段を100とした相対値として表しています。

*MeetingPerfeは、NTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。

<< ソリューション一覧に戻る

フッタエリアはここからです。