ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

低炭素社会の実現/ソリューション環境ラベル

<< ソリューション一覧に戻る

Nexcenter

概要

世界140拠点以上に展開するNTTコミュニケーションズのデータセンターサービス「Nexcenter」は、グローバル統一設備運用によって、世界中いつでもどこでも先進の品質を提供します。

万全な災害対策だけでなく、NTTコミュニケーションズの抜群の事業安定性で、お客さまシステムを24時間365日無停止で運用できます。設備や運用は、お客さまの要望に合わせて柔軟にカスタマイズが可能、専用のポータルサイトからシステム情報を一元管理できます。また、世界中の主要データセンター間やクラウド間は低コストで大容量のネットワーク接続ができるので、グローバルに分散するICTリソースを柔軟に配置・管理することができます。さらに先進の省エネ設備の導入によって、お客さまのシステム運用費を大幅に削減できます。

Nexcenterの概要図Nexcenterの概要

環境効果のアピールポイント

ロータリーUPS、水冷式空調、外気冷房の導入によって、データセンターにおけるICT機器利用に伴うCO2排出量を削減することができます。

評価モデル

データセンターの保守、運用を行うにあたり、従来データセンター(以降、従来DC)でサービスを利用した場合とNexcenterを利用した場合のCO2排出量を評価しました。

Nexcenterモデル図

※.上記は、本評価を実施したモデルケースです。データセンターによって設置されている設備機器は異なります。

Nexcenterモデル図

  1. (1)機能単位

    総契約電力17,000kVAのデータセンターにおける1年間の保守および運用

環境影響要因別の評価対象
環境影響要因 従来DCサービス Nexcenter
ICT機器利用 UPS、ガスタービンエンジン、一般空調機、NW接続機器、保守用PC ロータリーUPS、外気冷房、水冷式空調、NW接続機器、保守用PC
NWインフラ利用 保守、運用のためのネットワーク
ソフトウェア利用
人移動
物移動
材料・エネルギー消費 19インチラック、LED照明、蛍光灯照明、ラックキャッピング 高密度機器実装対応型19インチラック、LED照明、ラックキャッピング
物保管 ラック設置スペース
人執務 保守、運用稼動

※.本評価におけるラックキャッピングは、空気の流れを仕切り、空調効率を高めるためのシートやパネルを指します。

評価対象と活動の関係

対象ライフサイクルステージ

〔凡例 ○:評価対象、−:評価対象外〕
  従来DCサービス Nexcenter
ICT機器利用
NWインフラ利用
ソフトウェア利用
人移動
物移動
材料・エネルギー消費
物保管
人執務

評価結果

Nexcenterの導入によって、従来手段と比較して1年間あたり43%のCO2排出量が削減される結果となりました。

Nexcenterの1年間あたりのCO2排出量※.グラフは従来手段のCO2排出量を100%として、それぞれの割合を表しています。Nexcenterの1年間あたりのCO2排出量

<< ソリューション一覧に戻る

フッタエリアはここからです。