ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

低炭素社会の実現/ソリューション環境ラベル

<< ソリューション一覧に戻る

ホームGW/オフィスGWフレームワーク NFW

概要

「NFW(NTT Framework)」はOSGi Alliance※1で策定されたOSGi※2の仕様に準拠したソフトウェアです。OSGiバンドルと呼ばれるJavaアプリケーションを動作させるフレームワークおよびログサービスなど、OSGiの標準のバンドルで構成されています。

ホームネットワーク上の機器制御や、ビル・工場で各種センサーからの情報収集など、お客さまの実現したいサービスアプリケーションをOSGiバンドルとしてHGW※3へ実装すれば、「NFW」が持つOSGiのフレームワークの機能によって、それらのバンドルを動的に追加、更新、削除することが可能となります。

※1.OSGiの標準化を行っている非営利団体

※2.JAVAモジュールの遠隔追加や更新などを実現するための基盤システム

※3.ホームゲートウェイ。光ファイバーなどの固定回線による通信サービスにおいて、公衆回線網と家庭内ネットワークの橋渡しを行なうネットワーク機器

NFWの概要図NFWの概要

環境効果のアピールポイント

「NFW」の機能によって、機器制御に必要なバンドルをHGWへ自動的に追加、更新、削除することが可能となるため、たとえば、ある家庭で種類の異なる複数の家電(照明機器・エアコン・テレビなど)をホームネットワーク上で制御する際に、従来必要であった対象家電の個別制御機器※4が不要となります。

※4.家電をネットワークに接続して制御するために必要な機器

評価モデル

  1. (1)機能単位

    1世帯あたり家電3種類の制御インターフェースを構築運用すること。

    • (a)従来手段
      それぞれに対応したバンドルを搭載した個別制御機器3台を利用して、3種類の家電(A・B・C)の制御インターフェースを構築し運用します。
    • (b)NFW
      それぞれに対応したバンドルを「NFW」の機能によりOSAP※5サーバーから自動追加したHGWを利用して、3種類の家電(A・B・C)の制御インターフェースを構築し運用します。

    ※5.OSGi Service Aggregation Platform

    NFWのモデル図NFWのモデル図

評価対象と活動の関係

対象ライフサイクルステージ

〔凡例 ○:評価対象、−:評価対象外〕
  従来手段 NFW
ICT機器利用
NWインフラ利用
ソフトウェア利用
人移動
物移動
材料・エネルギー消費
物保管
人執務

評価結果

「NFW」を利用して、家電3種類の制御インターフェースを構築し運用する場合と、従来手段を比較すると、1年間あたり37%のCO2排出量が削減される結果となりました。

NFWの1年間あたりのCO2排出量※従来手段のCO2排出量を100%として、それぞれの割合を表しています。NFWの1年間あたりのCO2排出量

<< ソリューション一覧に戻る

フッタエリアはここからです。