ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

低炭素社会の実現/ソリューション環境ラベル

<< ソリューション一覧に戻る

仮想化NI/SIソリューション

概要

仮想化NI/SIソリューションは、仮想化を利用して、サーバなどの機器を統合することで台数を減らし、コンパクトなICTシステムを提供します。

仮想化NI/SIソリューションを利用することで、サーバの調達・保守コスト、スペースや利用電力など、TCO(Total Cost of Ownership)の削減が可能です。また、ハードウェアによらない柔軟なサーバシステムの構築、古い業務システムの延命ができるため、サーバ同士のリソースを柔軟に融通しあうことが可能になります。さらには、DR(Disaster Recovery)、BCP(Business Continuity Planning)など災害対策についても比較的容易、かつ安価でシンプルな構築が可能です。

仮想化NI/SIソリューションのメリット
メリット 概要
ランニングコストの削減
  • 電力、冷却、および占有場所にかかるコストの削減
  • 物理マシン数の減少やバックアップ/リストアのシンプル化による、運用稼働費削減やハードウェア保守費の削減
イニシャルコストの削減
  • 物理マシン数を大幅に減らすことでハードウェア購入費用を削減
即応性・拡張性・柔軟性の向上
  • 利用ユーザ増加時のユーザ環境追加やユーザ環境の変更に対する即応性・拡張性・柔軟性が向上
  • 冗長性確保の際の柔軟性が向上
  • 障害発生時の即応性が向上

環境効果のアピールポイント

  1. (1)ICT機器の削減

    仮想化を利用して、サーバ、ストレージなどのICT機器を統合することで台数を削減します。

評価モデル

  1. (1)機能単位

    A、B、C町の約200人が遠隔サービスを受けられるシステムを構築し、1年間運用すること

    1. (a)従来システム

      従来システムは、A、B、C町の約200人が遠隔サービスを受けられるシステムを町ごとに構築し、運用します。利用するICT機器は、サーバ、ストレージ、管理用端末、ユーザ用端末、医師用端末、ファイアウォール、スイッチ、ルータとしました。また、ネットワークを利用し、町ごとのシステムの構築、保守、運用に係る時間を人執務として計上しました。

    2. (b)ソリューション「仮想化NI/SIソリューション」

      仮想化NI/SIソリューションでは、A、B、C町の約200人が遠隔サービスを受けられる3町統合システムを構築し、運用します。利用するICT機器は、サーバ、仮想化管理用サーバ、ストレージ、管理用端末、ユーザ用端末、医師用端末、ファイアウォール、スイッチ、ルータとしました。また、ネットワークを利用することとし、3町統合システムの構築、保守、運用に係る時間を人執務として計上しました。

評価モデル図評価モデル図>> 拡大画像はこちら

対象ライフサイクルステージ

〔凡例 ○:評価対象、−:評価対象外〕
  従来システム 仮想化NI/SIソリューション
製造 使用 廃棄 製造 使用 廃棄
ICT機器利用
NWインフラ利用
ソフトウェア利用
人移動
物移動
材料・エネルギー消費
物保管
人執務

※本評価での人移動は、人執務に伴う通勤に係るCO2排出量です。

評価結果

仮想化NI/SIソリューションの導入によって、従来システムと比較して1年間あたり35%のCO2排出量が削減される結果となりました。

仮想化NI/SIソリューション導入前後のCO2排出量

仮想化NI/SIソリューション導入前後のCO2排出量

※結果はCO2排出量を絶対値で算出した後、従来システムを100として相対値として表しています。

<< ソリューション一覧に戻る

フッタエリアはここからです。