ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

低炭素社会の実現/ソリューション環境ラベル

<< ソリューション一覧に戻る

QpIDealシリーズ(QpIDeal Web システム)

概要

QpIDealシリーズは、QRコードを用いた物品管理システムです。

ソリューション概要ソリューション概要

QpIDealシリーズをお使いいただくと、物品の正確な保管場所を簡単にチェックし、多地点の資産を一元管理できるようになります。工場や倉庫の在庫管理、オフィス内の備品や固定資産管理、機材貸出管理、PCの持出管理等にお使いいただけます。

環境効果のアピールポイント

(1)人の稼働の削減

登録データと現況データの突き合わせ機能によって、資産管理において重要な実態の一致/不一致の調査に係る人の稼働を削減します。

評価モデル

(1)機能単位

社員数2,000人、固定資産・備品が合計30,000点、ロケーションが23個所に分散している会社で現況調査(年1回)を実施すること。

評価モデル図 評価モデル図

(2)評価条件

    (a)従来手段

  • 主管部署の担当者は、デスクトップPC、ネットワークを利用し、各部署の調査担当者にメールで物品リストを送付します。現況調査は2人体制で、物品と物品リストの情報の確認は目視で行います。また現況調査結果の入力作業、報告書の作成を行います。現況調査に要する時間は1物品あたり1分として、調査を行う人数を乗じて稼働時間を算出しました。
  • (b)QpIDeal

  • 主管部署の担当者は、デスクトップPC、ネットワークを利用し、サーバへ各部署の調査担当者毎の物品リストデータをアップロードします。各部署の調査担当者は、デスクトップPC、ネットワークを利用し、各々担当する物品リストデータをハンディターミナルとデスクトップPCへダウンロードします。現況調査は1人で行い、物品に添付してあるQRコードをハンディターミナルで読込み、ハンディターミナルへデータを蓄積します。また各部署の調査担当者は現況調査終了後、ハンディターミナルに蓄積されたデータをデスクトップPC、ネットワークを利用し、サーバへアップロードします。最後に、報告書の作成を行います。現況調査に要する時間は1物品あたり1分として、調査を行う人数を乗じて稼働時間を算出しました。なお、ハンディターミナルは各部署で共用として、ロケ間を輸送する負荷をモノの移動として計上しています。

ライフサイクルステージ

本評価は、ライフサイクル全体(製造、使用、廃棄)を対象としています。範囲は下記のとおりです。

対象ライフサイクルステージ

〔凡例 ○:評価対象、−:評価対象外〕
  導入前 QpIDeal
製造 使用 廃棄 製造 使用 廃棄
ICT機器利用
NWインフラ利用
ソフトウェア利用
人移動
物移動
材料・エネルギー消費
物保管
人執務

評価結果

本モデルでは、QpIDealの導入によって、従来手段と比較して1年間あたり40%のCO2排出量が削減される結果となりました。

QpIDeal導入前後のCO2排出量

QpIDeal導入前後のCO2排出量

※結果はCO2排出量を絶対値で算出した後、従来手段を100とした相対値として表しています。

*「QpIDeal」はNTTアドバンステクノロジ株式会社の商標または登録商標です。

<< ソリューション一覧に戻る

フッタエリアはここからです。