ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

低炭素社会の実現/ソリューション環境ラベル

<< ソリューション一覧に戻る

サービスステーション(ガソリンスタンド)向け統合サービスのペーパーレス化

概要

サービスステーション(ガソリンスタンド)の経営業務を支援するサービスとして、大規模POSネットワークの運用やカード決済業務などを始めとする多角的な、「サービスステーション向け統合サービス」を提供しています。

サービスステーション向け統合サービスのビジネスネットワーク図 サービスステーション向け統合サービスのビジネスネットワーク図

この提供サービスのうち、サービスステーションのPOSデータを集計・月次処理し結果を各店舗へ紙で送付していた業務を、各店舗のPC端末からネットワークを通じてデータを参照できる電子帳票(ペーパーレス)化へ置き換えました。

環境効果のアピールポイント

  1. (1) 紙の削減

    紙の帳票書類を電子帳票とし、お客さまがPCで閲覧できる環境を構築したことによって、紙出力が削減されます。

  2. (2) 宅配便利用の削減

    電子帳票とすることによって、宅配便の利用が削減されます。

評価モデル

本サービスの導入による環境負荷低減効果を、上記約400拠点のうちデータが取得できた一部の拠点の実績を基に、 全拠点に同様の効果があったと仮定して評価しました。

また、サーバなどのデータセンタ設置のICT機器は、ペーパーレス化の導入前後で変化しないとして、評価しました。

試算モデルは下記のとおりです。

「サービスステーション向け統合サービスのペーパーレス化」試算モデル(フロー)イメージ 「サービスステーション向け統合サービスのペーパーレス化」試算モデル(フロー)イメージ>> 拡大画像はこちら

  1. (1) ペーパーレス化の導入前(紙による印刷/送付)

    ペーパーレス化の導入前には、(a)POSデータの受信・集計処理、(b)専用プリンタで印刷、(c)配送準備(送付状準備など)、(d)帳票仕分け、(e)梱包、(f)配送、という作業が発生していました。

  2. (2) ペーパーレス化の導入後

    ペーパーレス化の導入後は、情報システムよりPOS分析データを電子帳票ファイルで取得し、作業完了となります。そのため、導入前の(b)〜(f)の作業の稼働が削減されました。
     また、印刷による紙の利用枚数、および発送による宅配便の利用も削減されています。一方、導入によって、ソフトウェア、ユーザ端末、NWインフラ利用が増加しました。

対象ライフサイクルステージ

サービスステーション向け統合サービスのペーパーレス化の導入前後での環境負荷は、ライフサイクル全体(製造、使用、廃棄)の結果です。範囲は下記のとおりです。

対象ライフサイクルステージ

  導入前 導入後
製造 使用 廃棄 製造 使用 廃棄
ICT機器利用
NWインフラ利用 - - -
ソフトウェア - - - - -
モノの移動
モノの電子化
人の稼働

評価結果

評価の結果、年間18.3%のCO2削減効果となりました。

ペーパーレス化の導入前後のCO2排出量(t-CO2/年)

  導入前 導入後
ICTシステム 225.438 258.555
NWインフラ利用 0.000 1.700
ソフトウェア 0.000 33.320
モノの移動 46.888 30.094
モノの電子化 198.838 56.080
人の稼働 34.571 33.454
合計 505.735 413.203

サービス導入前後のCO2排出量(年) ペーパーレス化の導入前後のCO2排出量(年)

CO2排出原単位

産業連関法によって、評価しました。

<< ソリューション一覧に戻る

フッタエリアはここからです。