ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

低炭素社会の実現/ソリューション環境ラベル

<< ソリューション一覧に戻る

SmartCloud® データセンター

概要

コスト削減、ガバナンス強化、事業継続、コンプライアンスなど、企業には対応すべき経営課題が山積しており、課題解決の鍵となるICTには、信頼できる強固な基盤が求められています。

NTTコムウェアは、耐災性やセキュリティー、PUE1.3を実現するグリーンに優れたキャリアグレードのデータセンターとITIL® 準拠した運用によって、システムをお預かりするハウジングサービスから、資産を持たずに利用できるクラウドサービスまで、お客さまに最適なICT基盤を提供します。

POINT1 先進のグリーンITを追及

NTTグループの環境配慮技術の積極的な採用をはじめ、グリーン・グリッドへの参画を通じ、さらなる地球環境への負荷低減に取り組んでいます。

データセンター写真 PUE=1.3を実現

POINT2 キャリアグレードのセキュリティー

データセンターの敷地からハウジングルームまでの間に、段階的に設置されたセキュリティーシステムによって、お客さまの重要なシステム/データを守ります。

POINT3 キャリアグレードの耐災性と運用

情報システムの継続運用を脅かす災害、事故に対しても、耐震構造や冗長構成を採用し、万一に備えています。またFISCの「金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準」に準拠しています。

※.FISC:金融情報システムセンター
金融情報システムの安全性を確保するための自主基準の策定や普及啓発活動を行うとともに、金融機関における情報システムの活用や安全性を巡る諸問題について調査・研究を行う機関

ソリューション概要

環境効果のアピールポイント

  1. (1)消費電力の削減

    高効率空調の使用、給排気を完全分離するサーバーラック配置と低コストコンテインメントや床下ケーブルレス化による空流改善、空調機の設定温度最適化によって空調電力を大幅に削減し、LEDによる照明電力の削減なども合わせ、PUE1.3を実現しました。

  2. (2)省資源を目指した設備構成

    即日立架を実現する省資源架台一体型二重床、省資源型電力バスダクトなど、環境に配慮した設備を積極的に採用しています。

SmartCloudデータセンターでのグリーンへの取り組み事例図SmartCloudデータセンターでのグリーンへの取り組み事例

評価モデル

ICT機器用空調機を用いた従来型データセンター設備と、SmartCloud® データセンター設備のCO2排出量を評価しました。

評価モデル図評価モデル図

  1. (1)機能単位

    お客さまサーバ1,000台をお預かりできるデータセンター設備の1年間の保守・運用。

    環境影響要因別の評価対象
    環境影響要因 従来型データセンター設備(PUE1.5) SmartCloud® データセンター設備(PUE1.3)
    ICT機器利用※1 ビル設置UPS、ICT機器用空調機、蛍光灯照明 ビル設置UPS、ICT機器用空調機(温度設定等最適化)、LED照明
    NWインフラ利用 遠隔地からの保守・運用のためのアクセス 遠隔地からの保守・運用のためのアクセス
    ソフトウェア利用 空調用のソフトウェア 空調用のソフトウェア
    人移動 保守・運用稼働に係る通勤 保守・運用稼働に係る通勤
    物移動
    材料・エネルギー消費 二重床、ラック、耐震架台 即日立架二重床、ラック、コンテインメント※2
    物保管
    人執務 保守・運用稼働 保守・運用稼働

    ※1.本ソリューションでは、空調や照明などデータセンター設備を指す。

    ※2.データセンター内の空調機を効率的に稼動させるための「冷気」と「暖気(サーバー排気)」を分ける間仕切り。

    注)SmartCloud® データセンター設備における「電力バスダクト」導入に関してはケースバイケースであるため、今回の評価モデルからは外しています。

対象ライフサイクルステージ

対象ライフサイクルステージ

〔凡例 ○:評価対象、−:評価対象外〕
  従来型データセンター設備(PUE1.5) SmartCloud® データセンター設備(PUE1.3)
製造 使用 廃棄 製造 使用 廃棄
ICT機器利用
NWインフラ利用
ソフトウェア利用
人移動
物移動
材料・エネルギー消費
物保管
人執務

評価結果

SmartCloud® データセンター設備(SmartCloud® DC設備)と従来型データセンター設備(従来型DC設備)とを比較したCO2排出量削減効果は、190t-CO2/年、33%という結果となりました。

SmartCloud(R) データセンター設備と従来型データセンター設備のCO2排出量

SmartCloud® データセンター設備と従来型データセンター設備のCO2排出量

  ICT機器
利用
NWインフラ
利用
ソフトウェア
利用
人移動 材料・
エネルギー
消費
人執務 合計
SmartCloud® DC設備(PUE1.3) 366.4 0.2 0.2 0.3 19.8 0.6 387.6
従来型DC設備(PUE1.5) 522.5 0.2 0.2 0.3 53.9 0.6 577.7
CO2削減量 156.1 0 0 0 34.1 0 190.1

  *「SmartCloud®」はNTTコムウェア株式会社の登録商標です。

  *「ITIL®(IT Infrastructure Library)」は英国および欧州連合各国における英国政府Cabinet Officeの商標または登録商標です。

  *「FSC24®」はNTTコムウェア株式会社の登録商標です。

<< ソリューション一覧に戻る

フッタエリアはここからです。