ページの先頭です。

NTTグループのロゴ トップページにリンクします

文字表示

コンテンツエリアはここからです。

社会が低炭素化している未来へソリューション環境ラベル

<< ソリューション一覧に戻る

小規模事業所向け仮想デスクトップソリューション

概要

「小規模事業所向け仮想デスクトップソリューション」(以降、「仮想デスクトップソリューション」)は、PCの更新やデータ管理の稼働を減らしながら高いセキュリティーを実現する、オフィス改革ソリューションです。

仮想デスクトップソリューションは、仮想デスクトップ環境に必要なOSやソフトウェアがインストールされたサーバー(Cloudia)と手のひらサイズのクライアント端末(BSKeT)で構成されています。クライアント端末は記憶装置を持たず、サーバーからOSやアプリ、データを読み込んで使用するため、PC管理が簡単で、安全性やコストパフォーマンスにも優れています。

小規模事業所向け仮想デスクトップソリューションの概要図小規模事業所向け仮想デスクトップソリューションの概要

環境効果のアピールポイント

クライアント端末は一般的なPCと比較して消費電力が小さいため、電力の利用によるCO2排出量を削減することができます。また、OSなどのアップデート作業がサーバー側で一括して実施できるため、個人が端末ごとに行っていたアップデート作業が不要となり、人の稼働に伴って発生するCO2排出量も削減することができます。

評価モデル

  1. (1)機能単位

    オフィス内で10台の業務用端末を1年間利用すること。

    • (a)従来手段
      業務用端末として一般的なデスクトップPC(HDDあり)10台を利用します。OSなどのアップデート作業は各端末の利用者がそれぞれ実施します。
    • (b)仮想デスクトップソリューション
      「仮想デスクトップソリューション」を利用して、業務用端末としてサーバー1台とクライアント端末10台を利用します。OSなどのアップデート作業は、サーバーで一括して実施します。

小規模事業所向け仮想デスクトップソリューションの評価モデル図小規模事業所向け仮想デスクトップソリューションの評価モデル図

評価対象と活動の関係

対象ライフサイクルステージ

〔凡例 ○:評価対象、−:評価対象外〕
  従来手段 仮想デスクトップソリューション
ICT機器利用
NWインフラ利用
ソフトウェア利用
人移動
物移動
材料・エネルギー消費
物保管
人執務

評価結果

「仮想デスクトップソリューション」を利用した場合と、従来手段を比較した場合に、1年間あたり24%のCO2排出量が削減される結果となりました。

小規模事業所向け仮想デスクトップソリューションの1年間あたりのCO2排出量※.従来手段のCO2排出量を100%として、それぞれの割合を表しています。小規模事業所向け仮想デスクトップソリューションの1年間あたりのCO2排出量

<< ソリューション一覧に戻る

フッタエリアはここからです。