ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

環境保護の取り組み社会が低炭素化している未来へ

【事例紹介】社会からのCO2排出削減貢献

NTTグループは、ICTサービスや最先端技術の積極的な開発、普及に努めることで、社会全体のCO2排出量削減に貢献し、社会が低炭素化している未来の実現をめざします。

ソリューション環境ラベル

NTTグループは、ICTによる環境貢献をお客さまにわかりやすく伝えるため、また自ら環境への取り組みを促進するために、「ソリューション環境ラベル制度」を策定し、2009年度から運用しています。

この制度では、NTTグループ各社のICTソリューションのうち、一定の環境負荷低減効果があるものを「環境にやさしいソリューション」として認定し、「ソリューション環境ラベル」を付与するものです。具体的な認定基準としては、「CO2排出量の削減量を定量的に評価した時に、その削減率が15%を超えるもの」としています。

認定したソリューションは環境活動ホームページ内に掲載し、その評価内容を公表しています。

ソリューション環境ラベル

ソリューション環境ラベルのページはこちら

海外グループ会社の取り組み(Dimension Data)

ディメンションデータ社は、ICTの活用によって、お客さまのもとでのCO2排出量を、自身の排出するCO2量よりも180万トン以上削減することを、2014年10月から2018年10月までの目標として設定しています。また、同5年間における自身のCO2排出量を100万トン以下に抑えることも宣言していました。

2016年、ディメンションデータ社は自身のCO2排出量を100万トン以下とし、お客さまにICTを活用いただくことによって削減できるCO2排出量よりも自身の排出量を少なくするという「カーボンニュートラル」の状態を達成しました。

今後もディメンションデータ社は、自身の持つ技術と能力の提供を通じて、特に重要分野として考えている、サーバのクラウド移行による省エネルギー化の推進、ビジュアルコミュニケーション技術による移動の削減を中心に、お客さまのもとでのCO2排出量を180万トン以上削減する目標の達成に向けて取り組んでいきます。

フッタエリアはここからです。