ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

社会が低炭素化している未来へNTTグループは、気候変動への適応に貢献していきます。

適応って、なんだろう?

気候変動問題を解決するためには、CO2排出量を減らす緩和策(削減策)に取り組むことが重要です。

しかしCO2の排出量を減らしても、今までに出したCO2の影響で気候が変わりつつあり、いくつかの問題がすでに起こってしまっています。

この気候変動によって起きるいろいろな影響に備えるための対策を、適応策と呼びます。

たとえば、温暖化で生じる熱波に対して、熱中症を予防するために、水分補給の準備をしたりすることも適応のひとつ。

気候変動によって強さを増す台風や高潮に対して、より高い堤防をつくったり、ハザードマップなどをつくって日ごろから避難経路を把握することも、大切な適応策といえます。

ほかにも、気候の変化にあわせて農作物の品種改良を行ったり、感染症の対策をするなど、いろいろな適応策が進められています。

このように、CO2排出量を減らす「緩和」と同時に、気候変動の影響に備える「適応」が必要なのです。

私たちNTTグループも、気候変動に対して「緩和」と「適応」の両方の対策をしっかりと行っています。

緩和策と適応策

緩和策(削減策) CO2排出量を減らすこと

節電や省エネをはじめ、再生可能エネルギーやCO2排出量の少ないクルマを利用することなどが緩和策となります。

節電、再生可能エネルギー、排出量の少ないクルマのイメージ
適応策 気候変動の影響に備えること

気候変動による水害対策として堤防を高くしたり、熱中症や感染症の予防、農作物の品種改良、生態系の保全などが適応策となります。

水害対策を施した堤防のイメージ

NTTグループは適応にどう取り組むの?

気候変動に適応していくために、NTTグループも貢献できることがあります。

ICTサービスや最先端の技術を提供することで適応に貢献したり、社員一人ひとりが適応のための活動に参加したり、適応につながる研究開発も進めていきます。

また、適応に貢献した内容を社内外へ広めて意識を高めていくなど、あらゆる活動を通じて適応に貢献できるよう、積極的に取り組んでいくことを掲げています。

社員をはじめ、仕事の取引先やお客さまなど、NTTグループに関わるすべての人と、ともに取り組んでいけるように努めていきます。

NTTグループの適応への取り組み

最先端技術や情報通信サービスの提供、社員の活動参加など、あらゆる活動を通して、NTTグループの活動に関わるすべての人が、洪水・豪雨、海面上昇・高潮、インフラ機能停止、熱中症、食糧不足、水不足、生態系損失に備える

具体的に、どんなことをしているの?

気候変動の影響のひとつとしては、気温の上昇や洪水、土砂崩れなど、自然災害の発生が考えられます。

NTTグループでは、そのような事態に備える対策を進めています。

たとえば、災害に強い通信ネットワークづくりや設備づくりもそのひとつ。

もしもの時でも通信サービスが使えるようにする災害対策は、適応策にもなっています。

また、被災地でも通信ができるように、ICTのさまざまな機能を備えた車両を用意しています。

これにより、通話やインターネットなどの通信機能を素早く復旧できるだけでなく、被災者の方のデータを集める機能なども提供。

このような防災対策の提供もまた、気候変動による災害への適応策となっています。

NTTグループ自身の適応事例

強い通信ネットワーク・設備づくり

NTTグループでは、災害に強い通信ネットワーク・設備づくりに努めています。

災害時でも通信サービスを持続して提供するための減災対策であり、気候変動による災害に対しての適応事例ともなっています。

通信ネットワーク・設備イメージ

社会の適応貢献の事例

移動式ICTユニット

通信機能と情報処理・蓄積機能を収納した可搬型ボックス、車両により、被災地での通信機能を早急に復旧できるほか、被災者データ収集などの機能も提供します。

社会の減災対策としての貢献であり、気候変動による災害への「適応」にも貢献しています。

移動式ICTユニットイメージ

フッタエリアはここからです。